2016年09月16日

熊本県で旧交を温める〜竹村健一氏と池上彰氏の比較なども語りながら(久米宏さん、小池百合子さんにも少しふれながら)

 遅い夏休み。どこに行こうかと思案していたが、九州でふっこう割のプロモーションをしていたので、熊本と大分を中心に回るプランを立てた。
 震災が起こると、その直後は観光客の入込数も一時的に落ち込む傾向がある。風評被害が生じて、そのような状態が長引くこともある。自分は地域活性化の業務で、2年間、熊本県宇城市に通っていたこともあり、熊本県に知人が多い。熊本県を応援する気持ちもあり、熊本を巡ることにした。
 レンタカーで天草を巡る。以前、バスで島内の観光地に寄りながら牛深まで行ったことがあるし、社の先輩と天草の温泉に入ったこともあるので、3度目の訪問。遠浅の海岸を横目に見ながらドライブ。中古CD店に寄り、80年代ディスコミュージックのCDを買って、それを聞きながら。車内では、ラジオをかけることもあるが、山間部では電波が入りにくいこともある。かつて沖縄をドライブしたときに、本島北部の山間では、AMラジオの電波が入らず、レンタカー店で借りた沖縄観光プロモーション用のカセットテープ(時代を感じさせる)が重宝したことがある。DJが沖縄の魅力を語りながら、合間に地元の音楽を聞かせる構成だった。無音でのドライブは少し寂しい。*1
 天草は、快晴で波も静かで、高級リゾート地のよう。おしゃれなパン屋もあり、冷たい飲み物と共に海の景色を眺めていると、時を忘れる。島内をめぐるのは、車を使うのが圧倒的に便利なのだが、このような場面ではお酒が飲めない。公共交通機関を使う際の効率的観光地周遊方法(名付けてブーメランメソッド*2)もあるので、機会があれば記述しようと思う。天草五橋めぐり遊覧船に乗る。天草パールラインと呼ばれる天草五橋周辺には20もの島々が点在している。天草松島と呼ばれているもので、日本三大松島とされる。島内の温泉へ行った後、市内へ。
 市内の居酒屋で、地元の新聞社、旧知のNさんと久しぶりの飲み会。熊本応援プロジェクト業務を遂行されている。当方も微力ながら、大好きな熊本のために応援したい。
 料理は地元食を中心に。馬肉は長野でも食べるが、味は熊本で覚えたように思う。からしレンコンなども。地元の焼酎も飲んだ記憶がある。業務の話も。協力を約する。東京支社以来の長い付き合いであるし。




*1 独身のときにドライブするときは、カセットテープで好きな音楽をかけることが多かった。ただ、自分は中学のときに、日本テレビ世相講談(この時のアシスタントが小池百合子・現東京都知事!番組では、アシスタントに徹していたが、当時からとても聡明な印象)で、竹村健一氏の話術のファンになり、毎週のラジオもよく聞いていた。
 土曜日の午後に海岸へドライブするときも、途中まで軽快な音楽を流していても、竹村氏の番組が始まるとそれを聞いていた。デートの間、BGMを止めて、30分間、氏の政治解説を聞くという場面は、興味がない人にとっては苦痛だったように思う。ムードにも欠けるし。少し申し訳ない気持ち。
 NHK出身の池上彰さんは、「口調がやさしい生真面目な高校の先生」という感じだが、竹村氏は「少しなれなれしく、かつ型破りな家庭教師」という感じかな。(もう一つ、85年に開始されたテレビ朝日『ニュースステーション』の特に初期のころは、来客があったとしても、必ずこの番組を見ていたものだ。メインキャスター久米宏のコメントに注目していたのはもちろんだが、重要なニュースの時の間の取り方や、ペンを持ってのポーズ、政治家を相手にした対談での対応は、氏の無言のメッセージと言えた。例えば、『報道ステーション』古舘さんのコメントは、文字の書き起こしで、ある程度その盛り上がりを想像できるが、久米さんは文字以外によるコミュニケーションが豊富で、想像の範疇を超える(この辺は、自分のもう一つの専門であるメディア論の領域に入っていくので、またの機会に)。「この対応でよいのか」と氏が考えるニュースのときは、充分すぎるほどの間を取って「・・・CMです」と言ったり、対談相手が予想外のことを言うと、体を大きくのけぞらせたり。対談する相手は、いやだったろう。「ショー化したニュース番組」と言われ批判もあったが、初期のコメンテーター朝日新聞の小林一喜さんの落ち着いたコメントのおかげで、よくバランスが取れていた。来客があるときは、さすがに無視もできないので、10時40分くらいの番組特集くらいでテレビを切ることにしていた。
 去年の暮れ、ニュースステーションの番組構成を担当していたCさんと飲んだ際に、『ニュースステーション』は、特集になるまで見ることがよくありまして・・・」と言おうとしたら、皆まで言わせず、「ありがとうございます。あえて特集から見てくれるなんて、感激です」と言われてしまい、「いや、逆に特集でスイッチを消したんですよ」と言うこともできず、「・・・そうなんですよ」と話を流してしまった。Cさん申し訳ないです。でも見ている割合の方が圧倒的に多いですよ! 『ニュースステーション』では、若林正人キャスターと親しくさせていただき、講演会の際のエピソードもあるのだが、注も長くなりすぎるので、またの機会に)

*2 意味は、別な機会の記述で(今日は、こればかりだが・・・)


posted by 林 秀一 at 22:39| 旅先 | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

ひなびた温泉を求めて 〜遊覧船、ロープウエイ、鍾乳洞も巡りながら

 本日も熊本市泊。レンタカーで、人吉市方面へ。
 自分は一般道を走る方が好き。高速道路は壁の中を瞬時に通過してしまう感じだが、町を直に感じながらドライブを楽しめる。途中の案内板に興味を惹く場所があれば、可能な限り寄るようにしている。以前、北海道の江差に宿泊した際、その翌日は北海道の西岸をひたすら北上したのだが、途中でひなびた温泉や滝の案内表示があり、そのたびに寄っていたので、折り返し地点のニセコ温泉を出るのが夜の7時過ぎになり、帰りは北海道の真っ暗な道をひたすら何時間も走る羽目になり難渋したものだ。
 関心を惹くものすべてに寄っていては予定をこなせないので、絞るしかない。ほぼ必ず寄るのは、遊覧船、ロープウエイ、鍾乳洞である。温泉はすべて寄ることは無理なので、厳選せざるを得ない。できるだけ、ひなびた温泉を探索するようにしているが、ヘルスセンターのような施設の場合もあり、そのようなときは(自分の場合)少しがっかりする。北海道のK駅で、「この辺の温泉で、特にひなびたところがあれば行きたいんですが」と問いかけると、「うちの町の温泉は、すべてひなびていますよ」とにっこりされて答えられたときはうれしい思いだった。このように質問しないと、「せっかく遠くから来ているのだから、豪華な施設を勧めてあげよう」と親切心から答えられてしまい、自分が求める温泉像とずれる場合がある。気に入った温泉がある場合は、1日に3,4回入る場合もある。ある温泉に入っているときに、60代くらいの方から、「狭い道だけど、この近くにいい温泉がある」と言われたときも、後の予定を変更して、さらに温泉を楽しんだものだ。
 ただ、この日はナビに高速道路へ誘導されてしまい、反発しようとしたのだが、あまり土地勘もないので、そのまま乗ってしまった。まず1つ目の温泉に入ったが、もろにヘルスセンターという感じで、塩素臭もかなりしていた。途中、休憩を入れずに走っていたので、疲れていて妥協してしまった。その後、道の駅へ寄り、土産として、きくらげのつくだ煮など。そして、不知火海を見下ろす温泉へ(ひなびていなくても景色のよい温泉は好きなのである。矛盾しているようではあるが)
 夜に、宇城市在住のTさんと飲み会。JAの方も同席。台風の影響ですごい雨だった。Tさんは、当方が宇城市へ2年ほど市のコンサルティングで通った際に何度も会った方。お酒が好きで何度も会合で飲む機会があった。九州は焼酎どころとして有名で、もちろん熊本もそうなのだが、おいしい日本酒もあるということを教えていただいた。自分は北の人間なのだが、熊本の料理はとてもおいしく感じる。熊本人は酒に強い。自分も日本酒、米焼酎と結構飲んだのだった。
posted by 林 秀一 at 22:56| 旅先 | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

久しぶりの南国宮崎でビールを試飲

 この日は、熊本から宮崎へ移動。南下しながら、いくつかの観光地へ寄ろうとするとする魂胆。朝、ホテルの大浴場に入り、部屋のPCで調べものをしていると10時過ぎになり、レンタカーで出発することとした。
 移動距離が長いので、今日は高速道を駆使。まず、人吉で下車。球磨川急流下りに乗ろうとしたが、ちょうど出たところ。1時間後のツアーにしようとしたが、団体予約があるとのことであきらめる。和菓子店に寄った後、温泉銭湯へ。古い建物で風情がある。地元のご老人のほか観光客風の青年もいた。湯は、やや熱め。そして、球泉洞へ。鍾乳洞にはできるだけ寄るようにしているのである。*1
 台風の影響で、天候が不安定。えびの高原へ寄ろうと思ったが、ずっと暗い中を走るのもしんどいので宮崎へ向かうことにする。高速を降り、道の駅へ寄りながら宮崎へ。

 宮崎Dホテル。大浴場があるのがいい。浴場を出て休憩室へ行くと、なんとビールの試飲コーナーがある。セルフサービスとなっている。小さめのプラスチックカップが重ねられている。まず1杯。泡が多くなりすぎた。試飲と銘打っているから普通は1杯だろうなと思い、席を立とうとすると、前に座ってビールを飲んでいたやや年配ビジネスマンが立ち上がり、またビールを注いで戻ってきた。今日、空いているし(この2人しか客はいないのである)、もう1杯いただこうと考え、もう1杯。ビールを飲み干したビジネスマンがこちらをちらと眺め、またビールを注ぎに行った。風呂上がりのビールはおいしいからな。つまみになるものはさすがにない(腰を据えて、飲まれては困るだろうし)。ビジネスマンは、テーブル上に置かれている塩飴をつまみ代わりにして飲んでいる。自分ももう1杯。ビール試飲コーナーは、リピーターもいるようで、知る人ぞ知る存在であるようだ。ホテルは、繁華街へ少し距離がある。ビールを飲むと出歩くのが億劫になり、近くのコンビニで軽くつまめるものを買って、締めにしたのだった。

*1 9月17日の記述参照。
posted by 林 秀一 at 22:32| 旅先 | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

台風前線から必死に逃げる形で、ひたすら北上の巻

 大型台風が屋久島上空にあり、ときどき強い雨が降る。暴風雨になる可能性があるので、できるだけ早く北上して別府へ入ろう。

 朝は、たまに雨が上がるので、急いで県内観光。
 午前10時過ぎに西都原古墳群。強い雨なので足元がぬかるみ、外の見学は早々に中止。宮崎県立西都原考古博物館へ。業界誌に、博物館と地域活性化に関してエッセイを書いたこともあり、かなり全国の博物館を歩いているがここの設備は豪華。こんなに立派なところとは知らず、びっくり。展示方法も工夫している。今日は客がほとんどいないようだが。
 
 昼ごろ、美郷町の百済の館と西の正倉院を見学。「正倉院原図を元に木曾天然ひのきにより忠実に再建された建物」とのこと。
 そして、南郷温泉山霧。露天風呂は雨が強いために、あまり味わえず。
 いよいよ雨が強くなり、遅い歩みの台風前線から必死に逃げる形で、ひたすら北上。途中、かなり激しい雨で周囲が真っ白くなり、どうしようかと途方にくれながら、ほとんど徐行スピードで走っていたが、5分くらいで強い雨ながらも景色は見えるようになり、慎重なスピードで北上。自分にとっては貴重な休暇で、楽しいドライブを思い描いていたが、神経を張りつめなければ危ない状況。FMラジオを心の支えにしながら慎重に運転。

 19時ころ、懐かしの別府へ。台風の中心から逃げるように走ってきており、これから風も強くなるようだ。
 夕食は、ホテルで紹介してもらったお寿司屋さん。回転寿司で安価なのだが美味。地元の魚を中心に。
 ホテルの展望風呂は、広くて気持ちいい。夜中は嵐模様だったようだ。
 貴重な休暇も最終盤に近付いているが、明日の観光はどうなるだろうか。 
posted by 林 秀一 at 23:58| 旅先 | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

夏は彼方に

 未明の天候は激しい風雨だったが、朝8時前に目覚めると、風はやや強いながらも雨は上がっている。
 少し遅い夏季休暇の最終日。とはいえ、涼しくて、もう秋のようである。
 ホテルで朝食を食べて、レンタカー。
 1994年、初めて九州へ行った際、別府地獄めぐりをした。別府の初心者としては、当然の行動ともいえるが、その後、何度か別府は訪れているものの、地獄めぐりはしていない。久しぶりに行ってみることに。行ったことがあると言っても、かなり昔なので、結構新鮮。途中、温泉に寄ろうとしたら、前日からの台風に備え、休業を決定していた。残念。別の温泉へ。
 夜、伊丹行きの飛行機に乗らなければならないが、まだ少し時間があるので、ロープウエイに乗り、山上から景色を眺めることに決定。しかし、ナビがうまく作動せず、ほとんど無人の山道に誘導される。少し、戻ってみるが標識もない。
 山中にぽつんと喫茶店があったので、そこに入る。この辺に飲食店は、たぶんここだけ。北海道のドライブシーンではよくあるが、長いドライブの途中、休憩のため、路肩に車を止めてエンジンを切ると、ほとんど音のない世界になり、大自然を体感できる。九州の山中も雰囲気が似ている。ここは空気がきれいなので、キャンプ地の中でコーヒーを飲んでいる気分。雰囲気がよく、夜にゆったりしながら、お酒を飲むのにいい。ただ、繁華街から遠すぎるので、同行者がいないと帰りの交通手段に困る。人懐こい犬がつながれていてかわいい。
 ロープウエイに入る道の看板を見落としたようだった。観光の際、ロープウエイがあれば、立ち寄る習慣があったのだが(*1)、今日はあまりタイムロスができないので仕方がない。ひたすら街へ戻り、レンタカーを返却。短い休暇を終えたのであった。夜は天丼。前にもこの飲食店に来たことがある気がする。
 明日から御所市滞在。

(*1)9月17日の記述参照。
posted by 林 秀一 at 21:23| 旅先 | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

2016年09月21日 ミニスピーチを実施

 市議会議員先生を対象にミニスピーチと合同懇談会。個別にお話しすることはあったが、このような形式は初めて。多くのご意見や質問を受け賜る。自分の市との接点は限られているので、大変参考になる。

 本日のランチは、蕎麦付き幕の内。今までいろいろな仕出し屋さんの弁当を試してきたが、自分はこれが一番好み。最近、さっぱりしているものが多くなっている。やはり、だんだんそうなってくるのだな。天丼やかつ丼は好きなのだが、胸焼けすることがあるし。横に座るM氏は、今日も中華丼。「いつも中華丼?」と言うと否定していたが、自分が滞在しているときはほとんどこれを食べている気がする。ランチを他人と一緒に食べると、毎日食べるものを変える人と、ほとんどいつも同じものを食べる人に二分される。心理テストをしてみると、それぞれに傾向があるのかも。
posted by 林 秀一 at 12:50| 御所市 | 更新情報をチェックする

望外の全国1位

 今日の夜は役所の方々と懇親。カラオケがある店で。ここは、歌い終わった後、全国順位が表示される。点数が出るカラオケに行ったことはあったが、このような形式は初めて。
 自分は、そんなにレパートリーが広い方ではないし、新しい歌もあまり知らない。*1  順位が出るのだったら、よく歌う歌で試してみるかと思い、世代的になじみのある中村雅俊にした。淡々と歌い終わり、画面を見ると、偏差値という項目が表示され、86と出る。お、ずいぶん高い。さらに表示を見ると、2,850人と母数が出て、1位の表示が。最初の歌で1位が出るとは! 全国1位が出ると、店の壁に張り出されるのである。こうなると、さすがに機嫌がよくなり、結構自分もいけてるではないかと、調子に乗り、2曲目を歌う。内心期待をして画面を見ると2,000人中83位。かなり下がったな。3曲目を歌うと65位。やはり、素人は無心に歌わなければだめなのだな。うまく歌えていても、途中でしめしめと意識しすぎると動揺してしまう。
 同行したO氏がよく聞いたことがない歌を歌っていた。しかし、この曲をかなり歌いこんでいる印象。順位を見ると、母数が15人と出て1位。O氏も機嫌が良くなり、「お互い1位同士ですね」とにこやかに同意を求めてくる。「母数が2,850人と、15人と、大きく違うとはいえ、1位同士ですね」と母数の数値を少し強調したのは、心が狭かったな。「たとえ、母数が少なくても1位は1位で、その価値には少しの違いしかありませんよ」と祝福したほうがよかったかな(あまり変わらないか)
 もう1回、1位を狙って、中村雅俊の別の歌でチャレンジすると、偏差値83と出て、1,800人中3位。いいところまでいったけれど。これが今日の限界。*2,3
 

*1 今のカラオケボックスしか知らないヤング層は想像できないであろうが、昔は、スナック等で、見知らぬ人の前で歌う形式が普通だったのである。そうなると恥はかきたくないので守りの姿勢になる。自分の得意な曲を見つけてヘビーローテ。歌が下手でも怒られることはないが、愛想で拍手をもらうのも申し訳ない気持ちになる。演歌は乱れにくいように思えたので、学生時代から20代前半までよく歌った。「氷雨」とか「すきま風」とか「夢芝居」など。ただ、歌っても破たんはしないのだが、当時の20代の同僚にはあまり受けがよくなく、歌い終わってもシーンとすることが少なくない。それに明らかにモテ歌ではない。そのときに、中村雅俊や福山雅治など少しレパートリーを広げたのであった。
 
*2 翌日、ランキング1位をさりげなく市長に自慢すると、「全国1位? そんなに簡単に出ますかね?」と疑念を抱いているようだった。どこかで昨日の証拠写真をお見せするか。(全国1位受賞者は、店に名前が張り出されるのである。5人中1位、という人も張り出されていたから、O氏の1位も張り出されるはず。)

*3 全国1位に関しては、自分も確信が持てなかったので、周囲の知人に自慢はしながらも、この店によく行くM氏に、「1位は本当に全国1位? 県内もしくは市内、場合によっては店内1位だったりして。今度、店に行ったときに確認してみてくださいよ」と聞いて、全国ランキングと言うことを確認。というのは、Y氏に自慢すると、「え、ランキング1位? どれだけ客が少ない店なんですか」と店内1位だと思いこまれたのである。店内1位くらいで、自慢なんかしないよ! と内心思ったのであった。
posted by 林 秀一 at 23:32| 御所市 | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

御所パワフルサミットに参加

 本日は祝日で、少しゆっくり出勤したかったのだが、昨日橿原のホテルへ帰りつけず、奈良市内に宿泊したので、起床の時間はいつもとほとんど同じ。JR奈良駅に近いホテルであったので、JR御所へ行くルートを探索したが、列車が少なく途中で近鉄駅へ乗り換え、いつものように近鉄御所駅へ。市長にお迎えいただく。
 御所で農業に取り組んでいる方たちを対象にした集い「御所パワフルサミット」会場へ。自己紹介や近況を話し合いながらなごやかに。ポジティブな姿勢の方が多い。
 その後、バーベキュー。食べ進むと、肉と野菜が次々と投入される。ただ、若い方が少なくて、争って食べるという雰囲気ではないので、皆がほぼ食べ終わっても食材は、まだかなりあったようだ。
 都会でも農業に取り組みたいという希望を持つ方が増えてきている気がする。若い方も少なくない。進取的な姿勢の方々を、御所市の応援団として取り込みたいものだ。
0922-1.jpg 0922-2.jpg
posted by 林 秀一 at 15:47| 御所市 | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

京橋から有楽町、日本橋

 今日は、逆出張(東京滞在)の日。東京、京橋で待ち合わせ。来年の御所市内と大阪のイベント準備、打ち合わせ。
 この辺はランチのおいしいところが多く、以前はよく来たものだ。
 蕎麦屋で飲めるところがあり、たまに来る。蕎麦屋で飲むのは、江戸の文化の香り。ただ、蕎麦屋でちまちま飲んで何が楽しいのか、と思われる方もいると思われる。自分もそうだったから。つまみになるものがあるのかとも思われそう。
 板わさとか出汁巻き玉子などで飲み進める。通は「ぬき」で酒を飲んだりする。種物*1から蕎麦を抜いたもの。以前はてんぷらそばから「そば」を抜いた、いわゆる「天ぬき」のことを指す言葉だったようだ。蕎麦は、締めで改めて食べる。しかし、若い職員を連れてこのような場へ行くと、「もっと食べ応えのあるつまみはないの? 唐揚げとか」と思われるであろう。蕎麦屋の飲みは大人という感じ。

 京橋から有楽町へ。
 相田みつを美術館へ行く。平日でも人が多い。観光客も多い印象。
 解散後、日本橋で「連載40周年&コミックス200巻記念 こち亀展」へ。直前に作者から連載終了が発表されており、大変な人出であった。
 金曜日のため、いったん都内自宅へ帰宅。26日御所市滞在のため、25日夕方には橿原入りする予定。

*1 関東で、かけそば・かけうどんに、てんぷら・卵・油揚げなどの具をのせたもの。(『デジタル大辞泉』)
posted by 林 秀一 at 20:32| 東京 | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

今日は、おとなしくホテル飲み

 先週から御所に滞在しているのだが、金曜日が逆出張(東京滞在)だったため、昨日改めて橿原入り。
 11月に予定している広報御所正月号対談企画のテーマ出し。司会をするので、ある程度中身を詰めておかなければならないので。
 その後、明日の講演会のためのメモ作り。
 雑談で、例によって、カラオケの1位を自慢していると、M氏が「市長も歌うまいですよ」と言う。
 「え、ホントですか」
 「はい、市長になられる前の民間時代に、NHKのど自慢に出たことありますから」
 「えっ、そりゃすごい」
 「あ、予選会ですけどね」
 「予選会? 誰でも出られるんじゃないの」
 「いや、『のど自慢』! ですよ。ウケ狙いの人はごく一部で、予選会もレベル高いです。自分も出ましたから」
 明日は、市長にセッティングしていただいた会合で、しかも2次会がカラオケスナックなのである。全国1位を強調して、ハードルを高くすると危険だ。でもすでに市長にも自慢しちゃったからなー。底が浅いとばれてしまう。
 2日間飲み会が続くので、本日は立ち寄りなくホテルへ。大浴場で入浴の後、ビールをぐび飲みして寝る。
posted by 林 秀一 at 21:10| 奈良県 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。