2016年09月19日

台風前線から必死に逃げる形で、ひたすら北上の巻

 大型台風が屋久島上空にあり、ときどき強い雨が降る。暴風雨になる可能性があるので、できるだけ早く北上して別府へ入ろう。

 朝は、たまに雨が上がるので、急いで県内観光。
 午前10時過ぎに西都原古墳群。強い雨なので足元がぬかるみ、外の見学は早々に中止。宮崎県立西都原考古博物館へ。業界誌に、博物館と地域活性化に関してエッセイを書いたこともあり、かなり全国の博物館を歩いているがここの設備は豪華。こんなに立派なところとは知らず、びっくり。展示方法も工夫している。今日は客がほとんどいないようだが。
 
 昼ごろ、美郷町の百済の館と西の正倉院を見学。「正倉院原図を元に木曾天然ひのきにより忠実に再建された建物」とのこと。
 そして、南郷温泉山霧。露天風呂は雨が強いために、あまり味わえず。
 いよいよ雨が強くなり、遅い歩みの台風前線から必死に逃げる形で、ひたすら北上。途中、かなり激しい雨で周囲が真っ白くなり、どうしようかと途方にくれながら、ほとんど徐行スピードで走っていたが、5分くらいで強い雨ながらも景色は見えるようになり、慎重なスピードで北上。自分にとっては貴重な休暇で、楽しいドライブを思い描いていたが、神経を張りつめなければ危ない状況。FMラジオを心の支えにしながら慎重に運転。

 19時ころ、懐かしの別府へ。台風の中心から逃げるように走ってきており、これから風も強くなるようだ。
 夕食は、ホテルで紹介してもらったお寿司屋さん。回転寿司で安価なのだが美味。地元の魚を中心に。
 ホテルの展望風呂は、広くて気持ちいい。夜中は嵐模様だったようだ。
 貴重な休暇も最終盤に近付いているが、明日の観光はどうなるだろうか。 


posted by 林 秀一 at 23:58| 旅先 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。