2016年09月20日

夏は彼方に

 未明の天候は激しい風雨だったが、朝8時前に目覚めると、風はやや強いながらも雨は上がっている。
 少し遅い夏季休暇の最終日。とはいえ、涼しくて、もう秋のようである。
 ホテルで朝食を食べて、レンタカー。
 1994年、初めて九州へ行った際、別府地獄めぐりをした。別府の初心者としては、当然の行動ともいえるが、その後、何度か別府は訪れているものの、地獄めぐりはしていない。久しぶりに行ってみることに。行ったことがあると言っても、かなり昔なので、結構新鮮。途中、温泉に寄ろうとしたら、前日からの台風に備え、休業を決定していた。残念。別の温泉へ。
 夜、伊丹行きの飛行機に乗らなければならないが、まだ少し時間があるので、ロープウエイに乗り、山上から景色を眺めることに決定。しかし、ナビがうまく作動せず、ほとんど無人の山道に誘導される。少し、戻ってみるが標識もない。
 山中にぽつんと喫茶店があったので、そこに入る。この辺に飲食店は、たぶんここだけ。北海道のドライブシーンではよくあるが、長いドライブの途中、休憩のため、路肩に車を止めてエンジンを切ると、ほとんど音のない世界になり、大自然を体感できる。九州の山中も雰囲気が似ている。ここは空気がきれいなので、キャンプ地の中でコーヒーを飲んでいる気分。雰囲気がよく、夜にゆったりしながら、お酒を飲むのにいい。ただ、繁華街から遠すぎるので、同行者がいないと帰りの交通手段に困る。人懐こい犬がつながれていてかわいい。
 ロープウエイに入る道の看板を見落としたようだった。観光の際、ロープウエイがあれば、立ち寄る習慣があったのだが(*1)、今日はあまりタイムロスができないので仕方がない。ひたすら街へ戻り、レンタカーを返却。短い休暇を終えたのであった。夜は天丼。前にもこの飲食店に来たことがある気がする。
 明日から御所市滞在。

(*1)9月17日の記述参照。


posted by 林 秀一 at 21:23| 旅先 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。