2017年04月23日

「東京・赤坂見附で御所の特産品を想う」の巻

 赤坂区民センター「懐かしの映画会」で、「雨に唄えば」を鑑賞。今日の東京は、初夏のような日差しの強さ。少し冷たい風が吹くが、天然のクーラーのような心地よさ。振り返ったときに、今年一番気持ちの良い休日の午後といえそうなほど。東京都港区 KISSポート財団が主催。一般のかたを対象に無料で実施されている。*1 昔聞いたTBSラジオで淀川長治さんは、よくこの映画に対して何度も何度もコメントされていたことが記憶にある。先日、御所市滞在中の昼に聞いた番組で、上沼恵美子さんが今上映中の映画に対して、かなり厳しいコメントをされていて驚いたが、自分が好きな映画の代表例として「雨に唄えば」を挙げていた。*2 先日、御所市で開催した写真家・六田さんの講演会が満員となったことからも、このような文化的な催しが求められていると感じた。御所市には映画館がない。名画をスクリーンで観賞しようとすれば、大阪などの都市部へ行くしかないのが現状。御所市でこのような映画鑑賞会を実施できればよいが。
 この後、喫茶店で齋藤アンコーさんと少しお話。映画がお好きだと感じる。川本三郎さんの映画に関する著書では、映画と土地の関連性に述べたものが多々あり、*3 好きでよく読んでいる。これに対して、アンコーさんは、ラジオの最前線で活躍されてきたので、その時代と映画に関わるコメントに興味を惹かれる。夏にある企画を考えていたのだが、その話は実現しなかった。何か違った形で実現できないかと考えている。
 18時に、赤坂見附の四川料理の店。ここは、担々麺が名物なのだが、最近はるさめを使った料理が人気。自分は開店直後に入ったが、人が次々にやってくる。ここのはるさめは緑豆はるさめのようだ。はるさめは御所の特産物。食べながら、いろいろと企画も考えてみた。具現化してみたいと考えている。


*1 ニッポン放送「オールナイトニッポン」初代パーソナリティの齋藤アンコーさんの解説も楽しく、都内にいる際は、駆けつけている。
 年間に3回開催されており、このところ連続して参加者数の記録を更新しているようだ。梅雨の季節の前に、「雨に唄えば」という選定もしゃれている(と感じたが、そこまでは考えていないとスタッフの方が言われていた)次回8月が「戦場にかける橋」。これは、タイトルから受ける印象とはやや違って、好戦的な映画ではなく、終戦記念日の前に戦争のことを考えるためにもいい選定であると思う。

*2 「私は、この映画(今上映中のある作品)に対して、かなり厳しいことを言いましたけどね、これは私の個人的な感想。個人的な。その映画に対して、どんな感想を抱くかというのは、人の自由ですから」とズバズバ言われる一方で、好きな映画も例示されていた。テレビや首都圏のラジオで、ここまで言う方はなかなかいない。しかし、このような明快さゆえに上沼さんは人気があるのであろう。
 
*3 東京都の神保町シアターでは、川本三郎さんがある土地を舞台にした映画をいくつか選定し、それをテーマにした上映を行ったことがある。例えば、2011年には、東北を舞台にした映画を集めて「川本三郎編 東北映画紀行」として28本の映画を上映。自分は、このような企画が好きで、よく見に出かける。


posted by 林 秀一 at 20:17| 映画 | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

ホテルの予約は早めに〜前回滞在の教訓から

 昨夜遅く新幹線で大阪入り。朝、近鉄・大阪阿部野橋から御所市役所へ。始発の阿部野橋駅では、車両の中はガラガラ。のんびり本を読みながら座っていたのだが、自分の乗った車両は途中の古市駅から各駅停車になる車両であった。車両が切り離される古市駅であわてて前方へ移動すると、その車両は満員であった。今日は、天候もよく気持ちの良い日。
 午前中、観光をテーマとした打ち合わせ。特に経済的効果の観点を中心に。
 今日は、奈良県橿原市のホテル。前回の滞在で、複数のホテルを放浪する破目になり懲りたので、少し早めの予約を心掛けたのである。*1

*1 2017年4月11日〜4月13日の記述を参照
posted by 林 秀一 at 19:31| 御所市 | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

公開講座を拝聴

 今日の夜は、京大で行われる「観光のまち京都」をテーマにした第2回の公開講座を聴講(全3回、第1回は出席できず)。京大キャンパスは初めて。大阪経由で京阪電車を使って京大へ行こうと考えていたのだが、近鉄電車の路線で事故があり、迂回して大阪へ出る羽目になる。乗換駅の尺土ですでに事故が発生しており、ダイヤが乱れていることを放送してくれれば、橿原神宮駅経由で京都に出たのだが、古市で電車がストップし、大阪行きが止まっていることを知らされて困ってしまった。南海電車へ振替との放送があるも、南海電車をどこから乗ればいいかわからない。地元の人っぽい方に聞いて、河内長野まで行って乗り換えるようアドバイスを受け、あわただしく移動。かなり時間をロスしたが、講座が始まる時間には間に合った。
 地形から生じる景観に関するテーマなど。これは、当方が東京で所属する研究会でも議論したことがあり、関心があるテーマ。会場のホールは、かなり多くの方がいた。ご年配の人が多い。天気も悪かったので、終了後はバスに乗り、途中で地下鉄に乗り換えて、まっすぐ京都市内のホテルへ。
posted by 林 秀一 at 22:11| 観光論 | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

懇親の会で明日香の話題なども

 午前中、農林課と会議。午後に市内施設を訪問。
 16時に今月から明日香村に赴任された三木総合政策課長が来庁。市内をご案内後、懇親の会。飲みながら他の地域の話題なども。明日香は人口が少ない地域ではあるが全国的な知名度は高い。最近はキトラ古墳壁画の話題もある。明日香では1972年に高松塚古墳の壁画が発掘され、市民に考古学ブームが沸き上がった。73年には、寄付金付きの高松塚古墳保存基金の特殊切手が発行され、買い求める行列が全国で起きた。自分も朝、郵便局に並んだものだった。今後もまだまだ考古学的発見があるかもしれない。このブームを一過性のものにせず、継続的な観光需要につなげていくことが大切。
 東京と違って2次会に流れることはまれなので、飲み会といっても早い時間にホテルには帰ることができる。ただ、課長は帰りの電車で爆睡していたが、無事明日香村へ帰りつけたのであろうか。次は、当方が明日香村を訪問することを約束。
posted by 林 秀一 at 23:36| 奈良県 | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

ホテルへ帰る前に寄ったレシート記載項目を特別公開 〜マーケッターとしての分析も

 午前中、企画政策課打ち合わせ。特産物のブランド化についてなど。午後、市長との懇談の後、市民向けの講演会シリーズのアイディアを練る。
 本日が御所市における4月最後の勤務。
 滞在記を読んでいただいている方から、いくつか質問をいただくことがある。「いつも飲んでいるんですか?」と聞かれたこともある。飲み会のことを書くことがあるので、その印象もあるのであろうが、そんなことはないのである。週に2〜3回という感じ。ただ、ホテルに滞在しているときは、ビールなどを買って帰ることが多いとはいえる。「ホテルでは何をしているんですか?」という質問もいくつか。テレビを見たり、本を読んだりしてくつろいでいる。翌日にスピーチの機会があると、その構想を練っていることもある。ホテルに帰る前はコンビニに寄る。
 当方の専門はマーケティング。コンビニやスーパーの商品チェックは欠かせない。マーケッターは、新しいものに対する感性が欠かせない。新しい製品は、できるだけ自分でも試してみる。現在、御所市産物のブランディングにも取り組んでいるが、そのような姿勢は必要であると思う。そのような感性で、品目をチェックしてみる。以下がレシートの記載項目。

 冷たいパスタカプレーゼ 430
 瓶ビール小瓶A     297
 瓶ビール小瓶B     297
 蒸鶏小松菜ナムルサラダ 148
 極濃カレー麺      224
 鶏そば         216
 ハイボール濃いめ    204
 ◎カシュー&アーモンド 198
 地域限定ビール     223
 コンビニ限定ビール   223
  合計 2460円
 
 この日は、「冷たいパスタカプレーゼ」なるものを夕食にしているが、いつもこんなおしゃれなわけではなく、普通の和食弁当ということも多い。ビールを4本買っているが、普段より多い。飲んだことがない新製品が並んでいて、試してみようと思って買った。つまみはナッツ類が多く、この日も「◎カシュー&アーモンド」を買っている。この商品だけ、レシートに◎が付いているが、意味があるのかな。「極濃カレー麺」は夜中におなかがすいたときのため。この日は食べなかった。普段よりは、たくさん買い物をした印象。栄養士の方に見られると、栄養の偏りを指摘されそうな気がするが・・・
posted by 林 秀一 at 22:31| マーケティング | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

21年ぶりに偶然の再会

 昨日、用事があり、大阪で宿泊。
 今日は天気がいいので、京都で観光することに。観光船で川を周遊。両岸に桜並木が連なっており、4月はかなり混んでいたようだ。新緑が目に鮮やか。日差しがかなり強い。
 川から、京都国立近代美術館の広告が目に入る。「戦後ドイツの映画ポスター」の展示を実施中らしい。東ドイツ時代の作品も多いようで、興味を惹かれる。東ドイツという国名には、なつかしさもある。東西ドイツは、ともに経済力もあり、ニュース国際面には頻繁に登場していた。東ドイツは、国威発揚の手段として、スポーツに力を入れており、オリンピックのメダル獲得数では、米国、ソ連(*1)と覇を競っていた。

 美術館での鑑賞の後、お土産を買うために、バスで京都タカシマヤへ。1階で今日の催事内容の掲示をふと見ると、「高島屋美術部創設110年記念 -光を視る- 黒光 茂明展」の記載が。1995年に担当したネッスル日本(現ネスレ日本)ブライトの広告キャンペーンで、日本画家・黒光茂明先生が描かれた絵を焼き付けた皿をプレゼントする企画を実施したことがあった。黒光先生は当時39歳の若さ。あれから21年も経っているのか。自分も年を取るわけである。黒光先生の個展にうかがい、声をかけると、「え? あー、だんだん思い出してきた。あの時若かった君か!」それは先生もですよ、と心の中で思う。しばし昔話。(*2)
 地下で、おみやげと帰りの車内で食べるつまみを買い、京都駅へ。新幹線のぞみで帰京。



(*1)ソ連という言葉もなつかしい。長男が小学校低学年の時、白地図を持ってきて、「この国の名前、ど忘れしちゃった」と言っているので、「ソ連だろ!」と言ってすぐに、「あ、ロシア、ロシア」と言い直したことがある。息子は、「びっくりしたー、ソ連という国があるのかと思った」とつぶやいていた。生前の祖母がロシアというたびに、「ソ連でしょ」といちいち訂正していたが、自分が親になってみると、ソ連という言い慣れた名前を思わず口に出して、「ロシアでしょ」と逆に子供に訂正されることになりそう。大国として君臨していたソ連が、あれほど短期間に解体するとは思わなかったし。知人が東京でタクシーを拾って「ソ連大使館の方面」と言ってしまい、運転手に「ソ連大使館!?」と驚いて確認され、「あ、ロシア大使館!」と言い直したそうだが、我々の世代では、少し恥ずかしいながらも実に理解できるシーンなのである。


(*2)キャンペーンのタレントは、大竹しのぶさん。CM撮影は時間がかかり、待ち時間も多い。大竹さんが椅子に座って手持無沙汰にしていたので、先輩から呼ばれ、小さな声で「大竹さんが退屈しないように、楽しませてあげて」と頼まれた。「先輩が楽しませてくださいよ」と言い返すと、「いや、俺風邪気味で声がかれてるから、ダメなんだって」と言われ、自分が隣でお話しすることに。当時、得意にしていたペンギンの生態と進化の話をしてさしあげたのだった。お世辞ではあろうが、「話、面白いですね」と言っていただいたので、「ご主人の明石家さんまさんの方がおもしろいじゃないですか」と言うと、「それはそうですけど、話の質が違います」とほめてもらったことは、お世辞にしても当時うれしく思った記憶がある。
posted by 林 秀一 at 22:57| 文化 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。