2017年06月12日

わざわざ食べに行きはしないが、その場にあると食べたくなるものであることは間違いない

 今週は東京勤務。昼休みに書店へ。
 雑誌コーナーへ行くと、大阪のタウン誌『Meets Regional』が並んでいる。大阪への出張者が多いから、需要があるのだろう。新宿や池袋の大書店では、全国の主要タウン誌を揃えているところもあるが、ここではタウン誌はこれだけ。
 この雑誌はたまに買う(最近では3月号。特集は「朝昼晩、オフィス街の冒険。北浜 淀屋橋 肥後橋」)のだが、今回はぱらぱらと立ち読み。京橋特集。めくっていると、以前「何気なグルメ」として紹介したフランクフルトソーセージが1ページまるまる使って紹介されている。非常にお手軽なものだし、誰かが食べていると、つられて食べたくなるものだ。たまに、これをつまみにビールを飲んでいる人もいるようだが。
 これだけを食べるために行くという気はしないが、次にこの駅で乗り換えるときは、また食べてみようと思うのである。
posted by 林 秀一 at 20:29| グルメ | 更新情報をチェックする