2017年09月09日

「林特別参与の講話シリーズ」ラストの回

 今日は14時から、林特別参与の講話シリーズ第3回「地域からの効果的な情報発信」。
体温は平熱まで下がっているが、体のコンディションはあまりよくない。
 足はまだ腫れているので、今日も病院へ。土曜日は午前のみの診療で、混む可能性があるとのことなので、11時前に病院に着くようにした。何人かの方が待合室にいたが、それほど待つことなく診療を終えられた。
 途中でお弁当を買い、役所へ。食べながら昨日まとめた講義録をパラパラ。
BGMをかけて、少しテンションを上げて、講義室へ。
 3回目の講義だが、今回初めて受講される方もいるので、わかりやすく話すように努める。
90分を平板に講義すると、聞く方も疲れるので、受けるネタを入れる。あるネタは必ず受けるのだが、落ちの少し前から笑いが始まるのが少し悩み。本当はラストでドカンと受ける方がいいのだが(ぜいたくな注文か?)
 終了後、「この間の講演で、コンセプトの巧拙のエピソードの中で、話していただいた『一帯一路』の話の意味、わかりました」と言って、新聞記事の切り抜きを示してくれた方がいた。講演では、多くの方が興味を惹くエピソードを拾うようにしている。このように具体的な反応が返ってくると、講演の疲れも取れるというものである。


posted by 林 秀一 at 22:35| 御所市 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。