2017年09月26日

奈良テレビで、はるさめのお話しを

 昨夜は、またして最終での大阪入りだったため、奈良県入りができず、大阪宿泊。眠気が取れず、朝の通勤電車内で、眠ってしまった。*1
 夜に、奈良テレビ「ゆうドキッ!」(17:58〜)の生放送への出演があるので、原稿をまとめ、担当ディレクターとのやり取りをなんどか。テーマは、はるさめ。最近、はるさめを使った辛い麺料理が東京の赤坂や渋谷で人気を呼び、大阪では難波にも出店している(この流行の発信源は、上海の若年層)。また、コンビニなどで、国産はるさめを使用した焼きそばが新発売になるなど、ブームの兆しがある。今後、涼しい気候になっていくと、鍋料理に人気が高まるので、その締めにも活用されていく気がする。
 市内関係各所を巡り、近鉄で奈良駅へ。局舎まで、1.5km くらいと聞いていたので、徒歩で行くか、タクシーにするか微妙なところだったが、バスが3分後くらいにあるので、バスで行くことに。ご婦人の団体がいて、話し声が大きく、バス内のアナウンスがまったく聞き取れない。外を見てバス停表示を読もうとするが、うまく読み取れない。バスは途中止まることなく、走り続けており、降りそびれると大変と心配になっていると、バス内のブザーが鳴り、次の停留所に止まることになる。バスの最前部まで行き、バス停の表示を読むと、まさに降りるべき停留所であった。危ないことよ。
 出演者控室にご案内いただき、話すべき内容のチェック。17時台に一度、リハーサル。控室は、スタジオのすぐ横なので、安心。*2
 18時5分ごろ、カメラ前の席に座る。始まってしまえば、あっという間に終わるが、うまく語れただろうか。少し早口だったかもしれない。
 番組終了後、近鉄奈良駅へ。駅近辺を少し歩いて、カジュアルな居酒屋へ。途中、以前、同僚のM氏にお誘いいただいたもんじゃ屋があった。しかし、本場の東京から来ているのに、もんじゃはないだろうと再び見送る*3 (おいしい店かもしれないが)ビールの後、地元の日本酒を飲んで、21時頃店を出る。大和西大寺乗り換えで、橿原神宮前駅へ。

*1 自分は、朝の通勤電車内で眠ることはほとんどない。たまに熟睡していて、いびきをかいていたり、後ろのガラスに頭を付けて、大口を開けて寝ている人がいるが、勤務先ですぐに仕事を開始できるのか、心配になることがある(余計なお世話だが)

*2 昔、福島市のテレビユー福島で、1年間、マーケティングの解説をしたことがある。ここも生放送だったのだが、ひやりとしたことがある。番組前のリハーサルを終えたとき、ディレクターに「(本番まで)あと何分ですか?」と聞くと、「20分です」と言うので、少し余裕があると思い込み、宿泊したホテルでついた寝癖をトイレの鏡で直すことにした(番組は、午前中の生放送)。くもりガラスの外がやや騒がしい気配がすると思ってはいたが、時間には余裕があるはずと思って、ゆっくりしていた。くもりガラスの前で、ADがトイレの中をのぞこうかどうか逡巡している様子。顔を出すと、「番組が始まっているので、急いでください」と言われ、慌ててカメラの前に立ったのである。ADは女性で、男子トイレの中を覗いてはいけないと自主規制していたのであった。「生放送が始まっているのに出演者が揃っていないのは、非常事態なんだから、トイレのドアを開けて呼んでもいいんだよ」と言うと、「えー、そうですかねー」と戸惑っているようだった。自分は、番組まであと20分あると思っていたのだが、ディレクターはその時点の時刻を答えていたのである。番組開始は30分だから、尋ねた時点では、もう番組開始の目前だったのである。こう書いていても手に汗をかいてしまう。番組が始まっても延々と解説者がいないままに進行していったら、大変だったろう・・・

*3 2017年1月27日「奈良県立大学公開講座の後は、お好み焼きで」



posted by 林 秀一 at 23:22| メディア | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。