2017年12月07日

今もお正月に深く関わる年神様伝説〜お年玉、鏡餅、おせち料理、お雑煮、門松の由来

 まもなくお正月。お正月は、日本人にとって、特別な季節。祝日となり、都会に出ている社会人や学生は帰省し、故郷で羽を伸ばす。お正月には、さまざまな風習がある。門松、おせち、お年玉など。昔からの由緒のある行事とは思うが、その由来はわからないという方が大部分と思われる。
お年玉に似た風習は、アジア各地にある。ただ、子供へお金を贈るという行為は、日本独自のもののようである。お年玉の風習は、古くさかのぼるとされているが、お金を贈る行為に変質したのは江戸時代のようである。これが主として、子供へ贈る行為に特化されたのは戦後になってからとされる。ただ、芸事の世界などでは、お弟子さんへお年玉を贈る風習は、いまだに根強く見られる。
餅には、年神様の魂(たましい)が宿ると考えられていた。御神名の「トシ」は穀物、とくに稲、またはそのみのりを指す古語で、稲の神、五穀豊穣をもたらす神として古くから尊ばれてきた。年神様の霊力が備わった餅が御歳魂(おとしだま)と呼ばれ、今のお年玉の起源とされる。正月に祭り親しむ神が年神様である。*1 その御歳神(みとしのかみ)をご祭神とするのが奈良県御所市内の葛木御歳神社(かつらぎみとしじんじゃ)である。御歳神社では、1月1日に歳旦祭が開催され、6日ごろまで、その起源に準じて、お餅が「おとしだま」として頒布される。*2
お餅を食べた人には霊力が伝えられる。鏡餅は、縁起物。切るのではなく、「開く」と表現されてきた。これがいまにも伝わる鏡開きである。このお年玉の風習の源流となった神社が御所市内の葛木御歳神社である。葛木御歳神社は、全国の御歳神様を祀る総本社。

 お正月の風習の多くは、年神様に由来するものと言って過言ではない。門松は、お正月に山から下りてくる年神様を迎えるための目印になるものであり、しめ縄は、周囲の不浄を断ち切るたみに結ぶものである。
かつて、餅は、ハレの日の食べ物であり、年神さまにお供えをするものであった。元日にそのお供えをお下がりとして食するのがお雑煮の由来。おせち料理は、正月の火を神聖なものとして考え、できるだけ煮炊きを避ける風習に基づき、構成したもの。

 西洋由来の祭事もクリスマスやハロウィーンなど、日本に定着しているが、これらは純粋に楽しむ行為に特化している。これに対して、正月行事は、日本国内における長い歴史を備えたものであることは、国民感情として共有されており、元日を中心に国中が一斉に長期の休暇となるために、メディアもその由来を繰り返し伝える機会を持つ。ただ、その由来の源流が奈良県にあることは、地元においても忘れ去られた状態にあるので、今一度喚起を望んでいる。

*1 葛木御歳神社ホームページ
*2 1月1日に舞踏家のミナルさんの舞の奉納、楽人おの篠笛の奉納がある。


posted by 林 秀一 at 22:33| 御所市 | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

日本一寒い町のアントニーと白目のピスタチオ(伊地知氏)

 沖縄で旧友が仕事を早期退職し、第2の人生を歩むということで、その壮行会に出席。
 自分くらいの年齢になると、定年前に仕事を辞め、新しい職についている人が相当数いる。
 自分は北国出身なのだが、沖縄は相性がいい土地で、友人も多いし、食事も好みである。
 最初の訪問は、1999年。航空会社の宣伝担当として。午後早目にイベントの打ち合わせがあった札幌を発ち、羽田経由で沖縄入り。沖縄は21時過ぎでもう真っ暗。むっとした熱気と家並みの白さが印象に残っている。異国的な感じがした。沖縄は雑誌タイアップの作業。この雑誌の編集長は、沖縄に詳しく、いろいろ教えてくれた。それから毎年のように現地を訪れ、時には年に3,4回も。
 沖縄は、10回以上訪れているので、もうめぼしい観光地は訪問尽くしている。最近は、マイナーな観光地を訪れることが多い。合間にはカフェを訪れてゆっくり。名護市のホテルをチェックイン後、昼に沖縄そばを食べ、備瀬並木を散歩していたら、強風交じりの大雨にあい、びっしょり。車の中で着替えて、夜那覇入りししたのだった。視力が落ちてきているので、夜の運転はつらかった。
 壮行会は、居酒屋で3時間ほど。現地の方のほか、他県から来た方もいた。ビールの後は泡盛。結構飲んだかも。
 ここで帰ろうかと思ってホテルへ歩いていると、良さげな店があり、思わず入ってみる。
 ここで、タレントのアントニーさんとピスタチオ伊地知大樹さんにバッタリ。アントニーさんは、からだが大きいのでさすがに目立つ。
 業界話をしながら少し盛り上がる。
「過酷なロケが多くて大変ですね」
「そうですよ。南極にも・・・」
「え、南極にも行ったんですか!」
「いや、南極にも行ったことがあるんですけど、そこよりも寒い所に行って大変でしたよ」
 嫌な予感がする。
「それ、十勝ですか?」
「そう! 陸別のしばれフェスティバルです」
「マイナス30度くらいになりますからね」
 幼児時代に暮らしていた十勝地方の陸別町の話題をまさか、最南端の沖縄県で聞くとは。自分は、赤ちゃん時代に凍傷になったらしいが。もちろん記憶にはないが、ひどい話である。銭湯帰りでは、髪をしっかり拭かないとシャーベット状に凍ってしまう。書いていても同じ国とは思えないくらいだ。でもどんなに寒くても学生は薄着なのがすごいけれど。
 しばれフェスティバルでは、人間耐寒テストを行っており、「開会式から翌朝7時の認定証受け渡しまでの間、しばれフェスティバル会場内で日本一の寒さを楽しんでいただきます」とのこと。「耐寒テスト中に指定された時間・場所にてチェックシールを受け取ります」との表記*1 もあり、なかなか厳格である。自分も10年前なら参加していたのだが(笑)
 「日本一寒い町」というフレーズは、情報発信として、大変個性的で、メディアの掲載量・放送時間も多く、年々知名度を増している。
 アントニーさん、ピスタチオ伊地知さんとは沖縄の空気の中、楽しくお話ができたのだった。「ブログに写真を載せてもいいですよ」とのことで、写したのがこの1枚。DSC_0018.JPG
ピスタチオの伊地知大樹さんは、舞台上を想わせるこの表情。なかなかの迫力。しかし、もしかして自分の写真のタイミングが狂ったのかと思ったが、2枚ともほとんど同じ表情。さすがプロなのであった。

*1 しばれフェスティバルホームページ http://shibare.com/taikantest.html
posted by 林 秀一 at 21:49| 観光論 | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

ある書店の閉店と切ない書き込み

 退勤後、会社の階下にある書店で雑誌を立ち読みしていると、地味な文字のみの貼り紙が目に入った。
 年内いっぱいで、閉店する旨が記されている。
 会社のすぐそばにあった書店も数か月前に閉店したばかりで、いささかショック。その書店が閉店を知らせる貼り紙の下部の空白のスペースに「小4です。ここの本屋さんが好きだったので、残念です」とサインペンで書きこまれていた。*1 やるせなく、悲しい気持ちになった。以前の記述で、地方都市から書店がどんどんなくなっていることを指摘したが、大都市の真ん中においてさえ、そうなのである。
 通販で本を買うことは容易な時代になったが、とくに学生など、若い世代には、書店の存在が欠かせない。長期の休暇の前など、学校で、読書の指針として、課題(推薦)図書が提示される。だが、はしがきだけでは、その書物のおもしろさはわからない。書店で、実際に手にとって、冒頭部を読んだり、解説を確認したり、パラパラ開いてみたりして、自分に合った本が発見できる。
 東京の主要な繁華街の一つ、新橋では、ここ数年で大きな書店が2店閉店してしまった。近隣の銀座や乗り換えのターミナル駅の書店を今後、活用することになるだろうが、行きたいと思ったときには即座に出かけられないことになる。
 書店は社会インフラと称して過言ではないと思える。今は、様々な課題に焦点を当てたソーシャルキャンペーンが展開されるが、これも現代の社会的課題の一つであり、考えるべき時に来ているのではないだろうか。


*1 この書き込みに触発されたのか、数日後には、他に何人もが自分の思いを書きこんでいた。
posted by 林 秀一 at 18:30| 読書 | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

ランチで、ピリ辛はるさめ鍋を食す

 今日のランチは、階下の社員食堂へ。この時期、近隣のレストラン、食堂はどこも混んでいる。行列の最後尾になると15分以上かかるときもあり、貴重な昼休みの時間を死守したいときは、社食に限る。
 メニューを見ると、はるさめ入りピリ辛鍋(1人用)がある。最近、はるさめのメニューを考えていたので、試してみることにする。辛口はるさめ料理が上海のヤング層に流行したのを受けて、東京の赤坂、渋谷や、大阪難波などに店舗ができているのだが、そこの料理は激辛なのである。10段階辛さがあり、お奨めのレベル2を食べたことがある。これにしてもかなりの辛さであった。
 難波で同僚とこの料理を食べに行った際、自分は最初にレベル0.5を注文した。同僚2人がビビってしまい、3人でレベル1を食したのだった。このときは、東京での食事経験者の自分は最後に注文し、何も知らない同僚にレベル2〜3をチャレンジさせればよかったと悔やんだものであった。
 ただし、社食はさすがにそんなに辛くなかった。客層は、御年輩の方も多いし、あまり辛いとクレームがくるのであろうな。
 日本人が麺好きであることは知られており、各種の調査でも裏付けられている。しかし、そのランキングはラーメン、そば、うどん、焼きそば、そうめんなどと続くのだが、はるさめを挙げる人は0.1%以下である。近年、讃岐うどんが全国的にブームになったが、はるさめもマーケティング戦略次第では可能性があると思っている。伸びしろが大きいことは間違いない。
posted by 林 秀一 at 22:06| グルメ | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

「よいお年を」は、11月では早すぎる?〜年々早まるクリスマス商戦も含めて考える

 12月は、年末締めの文書・計画書起案や忘年会など、非常に多忙な時期である。
 忘年会は、年々時期の前倒しが進んでいる気がする。年末間際に実施することを嫌がる社員もあり、11月中旬くらいから実施される。クリスマス商戦も以前は2週間くらいの印象があったが、近年は11月中旬くらいから始まるケースが増え、今は11月にはいってすぐ、クリスマスソングが流れるようになっている。クリスマスの雰囲気に浸れる環境では、消費者の財布も緩むのであろう。先日、正月行事に関して触れた。*1 正月を感じ始める時期としては、11月初旬の年賀はがきの発売、11月下旬・大相撲九州場所千秋楽のテレビ中継が終わる際のアナウンサーの「よいお年を」のあいさつを聞いた瞬間などがあると思われる。*2
「よいお年を」のあいさつは、通常であれば、11月では早すぎるように思われるが、大相撲中継は、11月の後は、1月なので、合理性がある。
 ただ、正月を実感として感じるという意味では、クリスマスの飾りつけが取られた26日、あるいは仕事納めの日の翌日、出勤しないで少し遅く起きた時であるように感じるのだが、どうだろうか。時期的に近接しているので、怒涛のようなクリスマス商戦の渦の中で、目立たなくなっている気もする。年賀状を書いている瞬間は、正月を意識しているのは間違いないが、日本郵政の推奨を聞き流して、仕事納めの日の夜、あるいは翌日に書く人も少なくないように思える。

*1 2017年12月07日「今もお正月に深く関わる年神様伝説〜お年玉、鏡餅、おせち料理、お雑煮、門松の由来」
*2 今年は千秋楽の中継を拝見していない。こう言わないで、中継を締めるアナウンサーがいるかもしれない。
posted by 林 秀一 at 23:56| マーケティング | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

客がいない店舗には入りづらいという心理

 今日は、御所市の案件でF社を訪問(東京)。夕方であるが、周囲は真っ暗。
 お会いした方は、胸に社員証を付けていたが、印象がかなり違う。撮影してしばらくたつと、やせたり、あるいは太ったりで、見た目がかなり違ってくる場合があるからなー。あまり人のことは言えない。自分も社員証用の写真交換のとき、以前の写りがいい方を記念にくれないかと人事に言ったが、拒否されたことがある(それは、そうだろうな)
 帰りは退勤時を過ぎているので、直帰とする。近くのビルに入ると、ラーメン店が集中的に出店しているエリアがある。いわばラーメンのテーマパークである。6軒ほどの出店であるが、混んでいる店がある一方、まったく客がいない店舗もある。競争は厳しい。行列が長い店に入ろうとは思わないが、(すぐに食べられそうではあっても)客がいない店舗には入りづらい。やはり何らかの理由があるのであろうし。*1  自分は7割の入りの金沢から出店しているラーメン屋さんをチョイス。飲んだ後のラーメンは、カロリー過多になるので気を付けなければならないが、夕食なのでいいだろう。ただ、塩分には気を付けなければならない。ラーメンを食べると、のどが渇くことが多く、いつも実感する。


*1 あるアイスクリームメーカーは、日本初出店時、アルバイトを雇って、列を作ったと言われている。行列があると、人の注目が集まり、話題にもなるからである。
posted by 林 秀一 at 21:32| グルメ | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

電車の中は、正月気分

 今日は、仕事納めの日。朝の電車は、通常より2割ほど空いている印象。
 電車に入って、中吊り広告を見上げると、1年の労をねぎらうビール会社の広告。業務終了後、納会でビールを飲みながら歓談という職場もあると思われる。
 さらに目立っているのが、紳士服の初売り広告。テレビや新聞等、マスメディアでは、年末向け広告の比重が高いので、やや違和感があるが、電車内の広告に関しては、仕事初めの日に初売り広告を見せても時期的に遅いので、今出すしかない。林修先生風に言えば、「いつやるか、今でしょ」(…例えが古いですが)。めでたさを表すために金バックなので、派手でよく目立っている。年末広告と年始広告が相まって、いささかカオスの光景。
 来年は、御所市が市制施行60周年を迎える。3月31日に式典が予定されている。また、冬季五輪とロシアでのFIFAワールドカップがある年。日本勢の活躍が望まれる。いい年でありますよう。皆様良いお年を。
posted by 林 秀一 at 15:26| メディア | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。