2016年05月23日

地域ブランドの力

 5月の勤務初日。いつも通りの出勤のつもりだったが、途中で、ヤマザキショップを発見。通勤経路なのに、今までまったく気づかなかった。「先月もやってましたか?」と聞くと「何十年もここでやっています」と言われてしまった。不思議。パラレルワールドに来てしまったのか?朝食用のパンを探す。*1

 ヤマザキ「十勝産つぶコーンのコロッケ揚げバーガー」。十勝のブランド力の蓄積は見事である。いろんな食品に十勝が付いている。90年代ころから豚丼人気が急上昇。酪農王国十勝産のバター、チーズも人気を呼び、十勝牛の評価も高まり、十勝ブランドの傘が広がっている。ドリカム吉田美和が出演していた明治北海道十勝チーズのCM展開も大きなフォローとなっている。*2

 長年、雪印〜メグミルクが北海道イメージを売りにしており、その結びつきは強固なものと感じられ、乳製品の売り上げ向上に結び付いていた。このイメージ浸透力を短期間で崩すのは容易ではない。明治は北海道総体ではなく、北海道十勝にイメージの的を絞って、マーケティング展開を図り、それが奏功したわけである。*3

 自分は十勝の出身なので、十勝ブランドの隆盛はうれしいことではあるが、お隣である釧路のブランド力が退潮傾向にあるのは寂しく感じる。幼少期から小学校の前半まで、釧路管内白糠町で暮らしており、釧路のにぎやかだった時代の記憶が脳裏にある。デパート屋上の乗り物で遊んだこともある。(そのデパートもすでに廃業したようだ)逆に、昔の十勝は小豆と十勝川温泉くらいしかない、と思われていた時期もあったのだが。

 夜は、有志で近くの居酒屋Mさんへ。店に詳しそうな某氏に「近くにいい店がありますか?」「あ、ありますよ。豆腐居酒屋。隣が墓地だけどいいですか?」いいも悪いも、候補はそこしかないようであった。もう夜なので、墓地の中を通っていくのは気が進まないが、歩いて行けるところというのでそこにする。しかし、豆腐は予約でしか出さないということで、そうなるとノーマルな居酒屋であった。九州の海産物が多い店。地元の酒も飲み、気持ちよく帰る。


 *1 たまに散歩しているときに考え事をすることがある。そのようなとき、知人に気づかないことはある。「狭いエレベーターの中で、他に人がいないのに、どうして気づかないんですか?」と言われたこともあったな。次のようなエピソードを読んだ記憶がある。古代、中国の有名な学者が、考えごとをしながら崖に向かって歩いていた。しかし、彼に付き添っている弟子は注意するようすがない。その状況を横で見た人が、「なぜ前に崖があって、危険だと先生に注意しないのか」弟子に怒ると、学者がその発言を制し、弟子に向かって「自分が深く考え事をしているときに、口をはさまないおまえこそ、本当の私の弟子だ」とほめたとか。本当かなと思うが、散歩の途中の思考でアイデアが生まれる例はよく聞く。哲学者カントの散歩の習慣も有名なエピソード。自分の場合は、夜に何を食べようかな、などたいしたことを考えていないこともあるので、高名な学者と同列には語れないが(言うまでもないことだが・・・)ただ、すれ違って、無視していると思われるのは印象のいいことではないので、気を付けなければと自戒している。
 *2 サントリー「南アルプスの天然水」のCMも信州の好イメージの情勢に寄与していると推測される。自治体が全国展開のCMを流す財政的な体力に乏しいが、地域の風景が映像として流れた場合の広報効果は大きい。フィルムコミッション活動が各地で盛んである理由はそこにある。
 *3 ブランドをテーマにした講演を行う際は、シャンプーのアジエンス、TSUBAKIの事例などとともに取り上げる。 


posted by 林 秀一 at 22:15| マーケティング | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。