2016年05月30日

昭和歌謡のマニアックな知識にびっくり

 このブログを書くようになって、たまに反応が返ってくることがある。
 4月19日の記述に付属して書いたコラムで、昭和40年代のムード歌謡ハニー・ナイツの「ふりむかないで」に触れたのだが、これを読んで、カラオケで歌うことがあるという人を発見した(自分と同世代)。昔のヒット曲の影響はすごい。何十年たっても覚えているものだ。自分もたまに昭和歌謡バーで飲むが、いつも混んでいて、同好の士が多いと感じる。
 ただ、石破茂大臣ほどのレベルの人はそうはいないのではないか。石破茂オフィシャルブログ3月25日 (金)に「この季節になると、麗美の『花びらの舞う坂道』(かなりのマイナー曲ですが)、荒井由実の『花紀行』を妙に聴きたくなります」という記述、マニアックな視点がすごい。バーで曲をリクエストして、「よくそんな歌知ってますね」と言われるのはうれしい。ただし、マニアックすぎて「ありません」と言われると周囲がしらける気がして少し恥ずかしいけれど。

 石破大臣は、地方創生担当大臣で、地方創生人材支援制度派遣メンバーのホテルモントレ半蔵門での懇親パーティ(3月23日)にもご出席いただいている。
 その前日、友人と軽い飲み会をしていた。
「え、石破大臣も来られるの?」
「そう」
「地域活性化を君はライフワークと言っているんだから、お話ししてみたら」
「時間があればね」(もちろん大臣に時間があれば、という趣旨)
「いっそ、議論してみれば。専門だろ」
「お酒が入っているし、口論になったりして」
「君も各地で講演してきたわけだし、思うところがあるはずじゃないか。中身のある議論ができるって」(おだててきている)
「激論になって周囲が取り囲まれているかもよ」
「注目度が高いね」
「秘書官も引き離そうとして、一瞬険悪な空気になりかねんな」(明らかに調子に乗りすぎ)
 その結果がこの写真。
0530-1.jpg
 この写真を見て、何だよ! という顔をしていたT君、ごめん。パーティはそんな雰囲気じゃなかったんだよ(と弁明)
 写真を撮ってくれたH社のKさんありがとう!


posted by 林 秀一 at 21:06| 東京 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。