2016年06月25日

「奈良県民は、県内他地域に興味がない」説

 タイトルが、TBS系列の番組「水曜日のダウンタウン」のようになってしまったか。
 6月御所最後の勤務日のこと。ボストンバッグを抱えて出勤。朝、荷造りをしたため、いつもより1本後ろの電車に。
 とび乗った電車で、「この電車、尺土*1 に行きますか?」と高校生に聞くと「尺土?」とけげんな顔。電車に乗り間違えたかとあせり、「高田市(尺土の手前)に行く?」と再度質問。「あー、高田市!行きます」と言われ、ほっとする。「大和高田駅(よく間違えられる)じゃないよ、高田市駅だよ!」と再度確認しようとしたが、おそらく大丈夫だろうと判断。ちゃんと「高田市」と言っていたし。
 この高校生は高田市駅で降りて行ったが、高田市の次が尺土。それくらい、覚えてないものかな、と心の中で愚痴る。高校生のときは隣町のことなんか、興味ないのか。尺土は、個性的な地名だから、記憶にないということは、本当に聞いたことがないのだろう。
 4月18日付け*2 のエピソードや、ワークショップでの「奈良県の人たちは、あまり隣の市町村に行かないし、興味もないと思います」という発言が再度想起される。近隣地域への情報発信活動への取り組んでいかなければならないと改めて実感。


*1 近鉄御所線への乗換駅。

*2 4月18日付けでは、もう1つ、カラオケの締めで、「マドンナたちのララバイ」は妥当か? という反響もあった。妥当か?と言われても少し困ってしまうが、もとは日本テレビ「火曜サスペンス劇場」のエンディングテーマであるし、終わりにふさわしいのでは? 22時40分ごろからドラマの内容は最高潮を迎えるが、この曲が流れ始めれば、ああ終わったとため息をつくような感じ。ただ、この曲自体が盛り上がるので、まだまだ宴を続けてもよいはず、という意見かな。好みとしか言えないと思うが、どうでしょう。
 1981年から『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で連載している広告界を舞台にした長寿4コマ漫画「気まぐれコンセプト」では、カラオケで盛り上げるためには、どの曲から歌い始め、どの曲で締めるか、構成を考えよ、というアドバイスを与える回があった(1992年ごろ?)自分はそこまでの力量はないが、うまい人はちゃんと考えているのであろう。


posted by 林 秀一 at 18:36| 奈良県 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。