2016年08月22日

「興国の荒廃この一戦にあり」というデートの行方

 今月の御所市勤務初日。昨日から、橿原市のホテル滞在。
 昨日は甲子園で結構飲んだので、今日はまっすぐホテルへ。軽く夕食をとり、読書。鳴海章『夏日』(光文社、2002年)。著者は高校の先輩。80年代を目前に控えた東京での学生生活が描かれる。
 当時の風俗描写が懐かしい。
 「ノコがショルダーバッグから取り出したのは、映画やイベントスケジュールなどを掲載した情報誌だった。丸めてあったらしい情報誌は表紙にまで折り癖がついている」(259ページ)。
 インターネットがない時代、この種の情報を集めるのは結構大変なことだった。金曜日には情報誌を抱える人が多かったように思う。ただ、自分なりのアンテナを持たず、情報誌に頼りすぎるのは、格好が悪いという気風もあった。
 「ノコがテーブルの上に置いた情報誌はところどころページの端が折ってあり、サインペンで印をつけてある映画もあった。電話で映画を見ようといったのは、おとといの夜だ。それから買ったにしては、丹念に見てある気がする」「ふいに篤朗の脳裏に、寮の一室で情報誌を開いているノコの姿が浮かんだ…机に向かったノコが真剣な顔つきで情報誌をめくっている」(260ページ)
 なにか、切ない。でも青春!という感じもする。デートの際は、自分の退路も考えて、いかにも軽い気持ちで、たまたま来たよ、と相手に思わせたいもの。「興国の荒廃この一戦にあり」という気持ちのデートは、相手に引かれてしまう。今はなき『週刊宝石』に連載されていた小説で軽いタッチで読めるのもありがたい。


posted by 林 秀一 at 21:41| 読書 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。