2016年10月21日

昨日の衆議院議員会館で思い出したことなど

 政党の広報作業においては、公費で選挙広告を出稿できる。公職選挙法では、立候補の機会均等や候補者間の選挙運動の機会均等を図る手段として選挙公営制度が設けられている。
 選挙費用の公費負担制度により、選挙に関する新聞広告が選挙管理委員会から新聞社に費用が支払われるのである。新聞社には、選挙管理委員会が発行するクーポンを提出する。
 このクーポンは、どのようなものか周囲の誰に聞いてもわからず、前から興味を持っていた。このことに関して、書かれた文書なども見当たらなかった。あまり多くの人がかかわるものではないからであろう。極秘事項でもないと思われるので、書いてみる。*1
 証券証書のようにカラー印刷され、公印が押されたものを想像していた。新聞媒体担当のSに聞いても「自分もわかりません。一度見てみたいですね」と言う。
「明日、選挙管理委員会で、衆院選のための選挙広告のクーポンが配られるんだけど」
「いよいよですね」
「営業担当の自分が委員会に受け取りに行くんだけど」
「はい」
「同行して、そのクーポンを社に持ち帰ってくれないか。自分は、その場で別な打ち合わせがあるので」(ゴクリ)*2 
 その場で別な打ち合わせと言うのは嘘で、高額のクーポンをすぐに他の担当に手渡したかったのである。できるだけ平静を装って言うが、少し緊張感が出てしまい、新聞媒体担当のSも気づいたようで、急に「あ、その時間は、抜けられない会議がありました」と言い出す。
「え、そのスケジュール、今思い出しただろ。そりゃないって」と彼の発言の真偽を確かめようとするが、自分の言い出した打ち合わせも嘘だからなー。押しが弱くなる。結局、一人で受け取りに行くことになってしまった。
 
 選挙管理委員会で当社の名が呼ばれ、クーポンの入った封筒が手渡される。封筒を開けてみると、クーポンが入っている。予想に反してペラペラのわら半紙。公印の部分のみ、赤色で目立っている。証券証書のようなものと思っていたのに、このようなものとは、と驚く。簡単にカラーコピーできてしまう。*3
 もちろん、見かけがちゃちだからと言って、おろそかにはできない(当然)。ただ、聞くところによると、ある広告会社では、デスク上に何気なくクーポンを置いておいたところ、何枚かが下に落ち、気づいた後であわてて拾ったのだが、何度数えなおしても1枚足りなかったという。選挙管理委員会が再発行を認めてくれるのかどうかもわからないし、その後、どのようにして、この事態が収拾されたのか不明である。考えたくもない恐ろしい事態である。一見、ただのわら半紙なので、飛ばされやすくもあり、この話が嘘とも言い切れない。 
 社へ戻る電車でも本などは読まず、クーポンを入れた封筒を必死で抱える。見かけが単なるわら半紙なので(そうとしか言いようがないのである)、これを車内に忘れた場合、いったん拾った人が重要性を認識できず、ポイ捨てする最悪の事態も考えられないではない。
 帰社して、新聞局内担当部署の若い社員にクーポンを封筒ごと手渡す。その際には、
「一見、大したことのないわら半紙だが(何度も言うが)、最高○千万の金額価値を持つクーポンだから。選挙担当者のデスク上には置くな、必ず手渡せよ」と何度も念を押し、渡したのだった。くどく言いすぎたせいか、渡した後、振り返ってみたらその担当者は、クーポン入りの封筒を抱えながら、固まっていた。新聞局の担当部署では、これを金庫で保管するらしい。
 
 プレゼンテーションとはまた違った意味での緊張感を味わった1日であった。
 もう一つ、講演などでは、話せるネタもあるのだが、またの機会に。

*1 選挙はドラマでもあり、他にもいろいろなエピソードはあるのだが、やはり書きにくいことも多いのである。
*2 緊張でつばを飲み込む音(苦笑)
*3 当然のことながら、配布枚数は役所で管理しているので、過剰な請求は不可能である。念のため。


posted by 林 秀一 at 19:30| 広報 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。