2016年11月11日

大和高田市で映画

 本日は早目に退勤し、お隣の大和高田市で上映される映画を見に行った。通勤には使っていないJR御所駅から高田駅へ。JR御所駅には売店がなくさびしいが、駅舎には風格がある。乗り過ごすと1時間ほど後続電車がないので、少し早目に行って待つ。
 塩崎祥平監督の映画「茜色の約束〜サンバDo金魚〜」が大和高田市本郷町の大和高田さざんかホールで上映された。(「第15回高田夢まちシアター」主催:大和高田市「茜色の約束」上映実行委員会(夢咲塾・市立図書館・地域婦人会連絡協議会))
 塩崎監督(大和郡山市出身)は、葛城地域を舞台にした映画「かぞくわり」(仮題)の製作に現在取り組まれている。
 映画においては、大和郡山の風景が印象的。遠くに近鉄電車が小さく走っていくシーンはタイミングもすばらしい(意図したシーンではないらしいが)。監督は地元に知悉しているので、シーンの当てはめに地元の情景が生かされている。俳優陣もいい。
 大都市ではシネコンがはやりで、いろんな作品を同時に上映しているから効率的に見られるのはありがたいが、*1 地方では映画館がどんどん撤退している。大和高田のさざんかホールで、大きなスクリーンで鑑賞できたことは良かったけれど、やはり常設の小屋で見たい。映画が見たいと思ったときに、見に行ける環境は地方にない。
 中高生やシニア層など広範囲に活動しにくい層は、映画館で見るという行動はレアなものとなっている。自治体で、公共施設でよい映画を見せる活動をしているところは応援したい。無難な文芸映画*2 が選定されることが多いのだが、各方面にヒアリングして、純粋におもしろいものを選んでもいいと思う。

 塩崎監督は「この土地に*3 埋もれている宝物を皆さんと一緒に磨き、まちの発展に貢献できたら」と発言。(『毎日新聞』奈良版11月12日)
 通常、このようなイベントの場合、司会がいるケースが多いのだが、塩崎監督は進行も自分で務めていた。
 終了後の懇親会で、お話しした。映画監督は、神経質だったり、芸術家肌で気難しかったりする方も多いと言われるが気さくな方で安心。

 御所市も舞台になっている映画『天使のいる図書館』が2017年2月11日から奈良県で先行公開される(2月18日以降全国順次公開)。葛城地域観光協議会「葛城地域観光振興シネマプロジェクト」の企画により製作される映画。葛城地域の風景がどう描かれているか、ぜひ皆さんも見てください。*4
 
 本日の催しをご紹介いただいた毎日新聞の藤原さんに感謝!


*1 東京での勤務時は、早目に退勤できる日はシネコンに行き、2本見て、終電近い電車で帰ることをたまにする。
*2 大学で、刑法の教授が「ドストエフスキーの『罪と罰』は、最高におもしろい。そのスリリングさは、推理小説にも負けない。」と絶賛するので、分厚い旺文社文庫で読んでみたが、当時の自分にとっては、あまりにも退屈で、最初の数ページでいやになってしまった。しかし、下巻まで一挙に買ってしまっており、また、「自分は『罪と罰』を読んだ」と言いたいだけのために、ほとんどうんざりしながら、あと何ページと自己を励ましながら読破した経験がある。映画は、原作の中の興味深い個所に視点を当てることが多いから、少しは見やすいだろうが。いとこで『罪と罰』は面白いというのもいたので、楽しめる人もいることは間違いない(そうでなければ、世界的なロングセラーになりえていない)
*3 大和高田
*4 ちなみに、今日乗車したJR御所駅でもロケが行われている。


posted by 林 秀一 at 22:24| 映画 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。