2016年11月15日

スーパームーンの下、御所市の静寂を味わう(本当は、昨日だったが)〜竹取伝説にも思いを馳せ

 本日は火曜日であるが、今月の御所市勤務最終日。土日の休日のイベントを挟んだためにこうなったのである。
 今日も結構寒い。冬は空気が澄んできれいに見える気がする。実は、昨日が「スーパームーン」だったのである。一年のうちで最も大きく見える満月を最近こう呼んでいる(定義は諸説あるようだ)。今年見える満月のうちで最も大きなものだ。今までこのような呼び方は定着していなかったが、新たなネーミングが定着し、今まであった現象に新たな側面が与えられる。マーケティングの手法として、御所市、そして奈良県にも参考になる。
 月と言えば、竹取物語。昔話にはよくあることだが、縁の地は各地にあるようだ。自分は京都近郊の山のようなイメージを抱いていたが、奈良県内においても、広陵町、 高取町が舞台となっているのではないかと考えられている。竹取の翁は「讃岐の造(さぬきのみやつこ)」と呼ばれることから、大和国広瀬郡散吉(さぬき)郷(現奈良県北葛城郡広陵町三吉)が舞台とする説がある。竹取物語ゆかりの神社といわれる讃岐神社もあるらしい。また、高取山が、竹取の翁が住んでいた場所と読む説もある。昔、「竹取」を「タカトリ」と読んでいた時代があるとのことで、ロマンなのである。(ウィキペディア参照)竹取物語は、よくSF的な文脈で語られ、宇宙人として描いた映画もあった。しかし、さすがに奈良県。ただ古いだけではないのである。 
 今日は、飲み会もなかったので、このスーパームーン(的な月。本当は昨日なので。ただ、肉眼で見るには、まー同じようなものである・・・笑)を見ながら、スーパーへ買い出しに。おなかが空いているといろいろ買ってしまう。刺身にゴマ揚げ豆腐、サバ缶など。あとおにぎりとビール。まるで、単身赴任者みたいな買い物である(ホテルでの連泊も近いものがあるが)。帰ろうとするも刺身にしょうゆが付いていないことを発見し、小さなしょうゆ瓶を買う。帰ったところで、しょうゆがないと発見したら悲しかったろうな。再度出かける気力もない。
 ビールを飲みながら、スーパームーンを眺め、月見酒としたのである・・・こんなきれいな記述の締め方は初めてのような(笑)


posted by 林 秀一 at 22:47| 御所市 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。