2016年12月11日

K市の銭湯で温まる

 明日から今年最後の御所市勤務週間。
 夜、Kホテルにチェックイン。
 さすがに12月は寒く感じる。北海道出身とはいえ、体は東京生活に慣れてしまっているので。
 ホテルフロントでチェックインの手続きをしていると、キーと一緒にK市で使えるクーポンを手渡そうとしてくれる。使われる店が限られており、自分は4月以来一度も使っていなかったので、それを無駄にするのも悪いのでいつも
「あ、クーポンいりません。紙を無駄にしたくないので。これ、あまり使い出がないんですよねー」と率直に言うと、いつもは
「はい、そう言われる方も多いですね」とあっさりクーポンを引っ込めてくれる。
フロントには、クーポンが山積みされており、「もしお使いになるときがあれば、何枚でもご要望ください」とは言ってくれるのだが、市内を回遊して観光するのでなければ、使える場所が少ない。秋に宮崎市を訪れた時、ホテルでもらったクーポンは、飲食店やコンビニでも使えて便利だった。何週間かで配り終えたようで、新聞にも書かれていた。このクーポンのようにフロントに山積みされていたら、即日でなくなったろう。熊本県八代市のクーポンは、使える店はかなり限られていたが、繁華街の飲食店や大きな物産館でも使えてこれも便利だった。
 市が民間業者をキャンペーンに巻き込むのも労力がかかって大変なので、多くの店が参加できなくても仕方のない面もあるが。宮崎市は県庁所在地なので、リソースに少し余裕があったとは思う。
 ただ、今回のフロントさんは、耳よりなことを言う。
「すぐそばにある銭湯でもお使いになれますよ」
 実は、自分は銭湯に入るのが好きで、東京でも銭湯街歩きの会に参加しているくらいなのである。関西でも各所を巡っている。*1
「え、このクーポン、銭湯でも使える? もらいます」と言って受け取ったクーポンで、ホテル近くの銭湯へ。結構混んでいたし、若い人もいた。施設も新しく気持ちいい。
 フロントの方には、「もっと前に教えてくださいよー」と思ったのだった。説明書は、やはり隅々まで読むべきだ。このクーポンが8か月目で初めて使えて、めでたしめでたし。でも八代などのクーポンのようにもう少し各所で使えるようになったらいいな。
 
 *1 2016年5月28日「富田林経由 新大阪」等を参照。


posted by 林 秀一 at 19:33| 奈良県 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。