2016年12月14日

忘年会で久しぶりに

 今日は、有志の忘年会。フグ料理。
 関東に住んでいると、フグを食べる機会はあまりない。高級料理のイメージがあり接待需要が高い。
 夏の夜は関西で鱧(はも)を食す機会を得た。これも関西ではおなじみなのだが、関東ではほとんど食べることがない。今は流通機構が整備され、冷蔵技術も高まって、昔では地元以外では食べられなかったものでも気軽に口にできるようになったが、定着した食習慣は、なかなか変わらない面もある。*1*2
 関西では、フグ料理を大衆料金で提供するチェーン店もあって、広く愛好されているように感じる。
 皮湯引き、唐揚げと食し、てっちり。よく出汁がでている。ビールは、キリン一番搾り「奈良づくり」。一番搾りは各県バージョンが出ているので、飲み比べるのが楽しみでもある。
 定番の雑炊で締めて、満足げに帰ったのであった。
 
*1 例えば、さんまの刺身は、以前は北海道東部の釧路、根室以外で食べられる機会はあまりなかったが、今では全国の居酒屋のメニューに供されている。
*2 ただし、採集地から離れると(時間が経過すると)、味が変化してしまうことから、地元以外ではあまり食する機会がないものがある。例えば、生しらすは、遠隔地へ運ばれると苦みが加わることから、産地で名物として食されることが多い。


posted by 林 秀一 at 21:46| グルメ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。