2017年01月27日

奈良県立大学の公開講座の後は、お好み焼きで

 午後に奈良県立大学で、観光カリスマの山田桂一郎 客員教授の公開講座「選ばれ続ける地域とは」を拝聴。毎月、スイスと日本を精力的に往復されている方。面白いエピソードも交えた、わかりやすい講演。奈良市に詳しいMさんにキャンパスを案内いただく。終了後、Mさんと学長室をお訪ねし、40分ほど懇談。
 18時ごろ、近鉄奈良駅周辺で飲み会。Mさんに「街で飲んで帰りますか」とお声がけ。「いいですね」「どこかいい所、知ってますか?」「もんじゃは、どうですか」もんじゃ・・・本場の東京から来ているのに、あえて関西では食べたくないな、と思い、「うーん、ほかにありますか」「ほか・・・? お好み焼きはどうですか」依然として、粉もので攻めてくる。なじみの店らしい。お好み焼きは関西が本場であるし、この方がいい。
 店へ入ると6割くらいの入り。地元では知られているようだ。ビールを飲み、いい気持ちになる。お好み焼きは東京でも食べるが、夜の飲み会に使うことはあまりない。久しぶりの味わい。ただ、おなかが膨れてくるので、飲み続けることは難しい。この日は、ここで終え、JR奈良駅そばのホテルに宿泊。道中、ところどころに混んでいる店がある。またの機会に行きたいものだ。
posted by 林 秀一 at 21:14| 奈良県 | 更新情報をチェックする