2017年03月10日

写真展大阪会場でのトークイベント

 本町通りの玉吉洋品店さんを訪問。ここには重厚な蔵がある。中に初めて入るがきれいに整備されている。ただ、古いものでいっぱいだった蔵を片付ける際は大変だったようだ。ここでは、霜月祭の時期に『蔵シックコンサート』が開かれている。この蔵を維持されている玉吉洋品店さんには頭が下がる。コンサート以外でも積極的に使うことができれば市民にも喜んでもらえそう。
 その後、六田知弘さんの写真展「宇宙のかけら―御所」を開催中の御所まち赤塚邸へ。市外から訪れてくださっている方もいる。同行で、初見の方もいたので、当方もまた見学。
 夜は、市長車に乗せていただき、大阪京阪電車なにわ橋駅構内のアートエリアB1で開催された写真家六田知弘さんのトークイベントへ。大学時代の同級生・相田みつを美術館館長の相田一人氏との対談。相田さんは話がうまく、1枚の写真からも六田知弘さんのエピソードへと話が広がっていく。ところどころに笑いもあり、来場者の方々も楽しまれている様子。ただ、会場に暖房が入らないため、みなさん寒そうであった。風邪など召されていなければいいが。
 終了後は、メンバー5人で遅めの夕食へ。大阪の夜景を見ながら歩く。「大阪は都会ですねー」という声が。夜の役所を出て、遠く連山の闇を見ながら御所駅へ歩く風景とは段違いだから。ただ、東京から訪れると、そのような景色こそ魅力なのだが。今日も寒く、足早にお店へ。串揚げなどをいただく。軽く飲んで解散。今日は大阪・天王寺泊り。


posted by 林 秀一 at 22:27| 文化 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。