2017年04月27日

懇親の会で明日香の話題なども

 午前中、農林課と会議。午後に市内施設を訪問。
 16時に今月から明日香村に赴任された三木総合政策課長が来庁。市内をご案内後、懇親の会。飲みながら他の地域の話題なども。明日香は人口が少ない地域ではあるが全国的な知名度は高い。最近はキトラ古墳壁画の話題もある。明日香では1972年に高松塚古墳の壁画が発掘され、市民に考古学ブームが沸き上がった。73年には、寄付金付きの高松塚古墳保存基金の特殊切手が発行され、買い求める行列が全国で起きた。自分も朝、郵便局に並んだものだった。今後もまだまだ考古学的発見があるかもしれない。このブームを一過性のものにせず、継続的な観光需要につなげていくことが大切。
 東京と違って2次会に流れることはまれなので、飲み会といっても早い時間にホテルには帰ることができる。ただ、課長は帰りの電車で爆睡していたが、無事明日香村へ帰りつけたのであろうか。次は、当方が明日香村を訪問することを約束。


posted by 林 秀一 at 23:36| 奈良県 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。