2017年06月07日

歴史ある銭湯の閉店

 自分は、銭湯に入ることが趣味の一つである。東京では、銭湯まち歩きのグループに参加している。自然の中を歩くピクニックもいいが、少し古い町並みや狭い路地をきょろきょろしながら歩くのは、実におもしろい。今月初旬、大阪から帰京する前に、食事をするために難波で下車する機会があった。帰りの新幹線で読む本を探すために書店へ入ったところ、非常に派手な装丁の松本康治『レトロ銭湯へようこそ 関西版』(戒光祥出版 2015年12月)が棚にあり、目についたので手に取ってみた。関西全域の銭湯が紹介されているのだが、その中に御所市内の新産湯温泉があった。
 御所市に赴任当初、勤務初日に御所市内に銭湯があることをしっかり確認していたのだった。各地の銭湯は、後継者がいないなどの理由で、非常に速いペースで減少を続けている。次の勤務期間には行かなければと思っていた。しかしである。その場所を確認すると、何とすでに廃業していることを聞かされた。今週行こうと思っていたのにと思い、立ち直れない思いであった(数十秒ほど)この話を御所ボーイにすると、すぐに廃業となった新産湯温泉へ行き、写真を撮ってきてくれた。その模様がFacebook「探検! 御所ガール」郷愁ただよう昭和の庶民文化★歴史に幕!沈みゆく3丁目の夕日 市内最後の民営銭湯(6月5日20時15分掲載)に紹介されているので、ご関心がある方はぜひどうぞ。今後、取り壊されるとのことであり、資料としても貴重と思う。
posted by 林 秀一 at 13:36| 銭湯 | 更新情報をチェックする