2017年05月26日

明日は東京。裏難波で4次会まで

 御所市特産物のプロモーション手法に関するフィールドワーク。実地に歩いてみると、生活者の行動が見えるので、実に参考になる。頭で仮説は組み立てているが、リアルな現況を見て修正をしていくことも大切である。
 来週は東京勤務であり、明日帰京する。今日は同僚2人と裏難波で飲み会。1次会で御所市の日本酒をいただく。立ち飲み。2次会は料理メニューの多い店へ。またビールを飲んで少し食事。そしてまた日本酒。この店は、入った時からほぼ満員状態。料理はどれもおいしく、混んでいるのも納得。外を見ながら飲んでいたのだが、向かいの店も混んでいるようで5〜6人が店の前に並んでいる。次に来た時に、この店に行こうかと思いながら外に出ると、行列がなくなっている。このチャンスは逃せないと思い入店。お寿司が主体。今日初めて、座って飲む。おいしくて価格も安い。ここが3次会となる。今回は、一つの店に長居して泥酔するのではなく、多くの店をさくさく訪問するつもり。少し歩いて4次会。ここでも御所市の日本酒をいただく。狭い店の中に人がいっぱい。ここで2時間半ほど経過。明日の朝食用にお土産としてシュウマイを買い、ホテルへと戻ったのであった。
posted by 林 秀一 at 21:42| 日記 | 更新情報をチェックする