2017年05月27日

移動中の新幹線車内での上手な過ごし方

 来週は、東京勤務であるので、本日帰京。
 大阪のホテルで、朝9時ごろ起床。昨日、裏難波で4次会まで行ったが、各店ともさくさくと短時間で回ったため、2日酔いはなし。昨日の記憶もしっかりとしており、4次会の店で暴れたということはないのである。以前、裏難波のことを書くとYさんが「自分も良く行きます!」と執務室へ来られた。大阪の学校だったとのことでおなじみのようであった。当方より若いのでトレンドにも敏感なようで、さすがと思ったのである。
 今日は快晴で夏という感じ。食事のため、川沿いを歩きながら難波へ。クルーズ船はほぼ満員のよう。気持ちよさそう。難波もすごい人ごみ。外国人の割合も多い。インバウンドは、自治体レベルでの施策も重要になってくる。
 書店に入り、新幹線車内で読む本を探す。
 出張が多いと、車内をどう過ごすかは重要。自分は以下の方針。1.仕事がある場合は、まず仕事。2.次は、かわきもの(ナッツなど)でビール。3.焼売などでビールかハイボール。4.お弁当を食す。5.外の景色を見る、または本を読む。夜間での移動は、景色が見えないので本が必須。出張での移動は、ある程度まとまった時間が取れるので小説を読むことが多い。新書やノウハウ本などは通勤時の細切れ時間でもよいが、小説はまとめて読み切りたいので。
 書店で立ち読みをしていると予想以上に時間がたったので、食事はとらずに新大阪へ。食事は帰りの車中で。
posted by 林 秀一 at 18:17| 出張 | 更新情報をチェックする