2017年10月11日

奈良市で大和野菜を味わう

 奈良市に16時半、N社訪問。ご担当者は、千葉県のご出身とのこと。
 業務に関することや、最近の世相のことなど。
 夕食は奈良市で食べることにする。細い路地を歩いていると、ワインを試飲させる小さな店があり、入ってみる。500円で、何杯か試飲することができる。海外産が主体ではあるが、国内産もある。最近は国内のものもレベルが上がっていると感じる。国産のものも1杯だけ飲む。
 そのあと、ならまちを歩く。古本屋を覗いたあと、お目当てのおでん屋へ行くと閉まっていた。奈良県では、水曜日に閉店する店が多いことを忘れていた。水曜日は、「もうけが流れるから」と、地元の同僚が言っていたが、そんな理由は初めて聞いた。*1
 少し近くの和食の店へ。古民家風の立派な造りで、少しびくびくしながら入るが、落ち着いて飲める店だった。この付近は、照明が明るすぎないので、風情を感じる。地元の食材を中心にいただく。これから橿原市のホテルへ戻るので、酔いすぎないようにセーブして飲む。ほろ酔いぐらいで出るのが気持ちいい。
 近鉄奈良駅構内に立ち飲みの店がある。飲み足りないので、1杯だけビールと少しつまみ。乗り換えの大和西大寺にも立ち飲みの店があった。ここでも、1杯だけビールと少しつまみ。さすがに少し酔ったが、乗り換えた後は、終点で降りればいいので、安心して寝てしまう。ふと目を開けたところが、終点の橿原神宮前駅。22時すこし前にホテル着。

*1 調べてみると不動産業界にも水曜日を定休日とする風習が見られたようだ。水曜日が契約が流れるという「水」を連想させるからという理由らしい。




posted by 林 秀一 at 23:05| グルメ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。