2017年10月17日

地域を追い続ける画家さん

 今週は東京勤務。夜、埼玉県浦和のデパートへ。地域活性の勉強会で知遇を得た方の個展。地域を巡ってそこからインスピレーションを得た光景を画に描かれている。自分が気に入った地域には長く逗留したり、何度も訪れたりされているようである。必ずしもリアルな風景ではなく、幻影的な要素も混じる。色合いがきれい。自然的なテーマが多く、見ていて落ちつく。
 映画やアニメ作品の舞台を追体験する“聖地巡礼”がこのところ、注目されている。地元の人にとっては、日常見慣れている光景でも、切り口によって違った印象を抱くときもある。
 
 個展を見た後、何を食べようかと付近をぶらり。予備知識なしで来たので、どうしようかと迷う。前をふと見ると、ラーメン屋がある。開店前から行列ができている。7,8人か。おいしい店なのではないか。最後部に並ぶ。飲み会の後のラーメンは、健康に悪いとよく言われるので、最近少し控えている。しかし、この日はお酒も飲んでいないし、いいだろうと判断。昼がカレーだったので、栄養が偏る気がするが(学生のときのようなメニュー構成だとも思う)ラーメンを食べると、後で必ずのどが渇く。塩分を多く含んでいると思われ、バランスのとれた食生活に心がけなければと改めて思うのであった。


posted by 林 秀一 at 22:41| 文化 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。