2017年12月07日

今もお正月に深く関わる年神様伝説〜お年玉、鏡餅、おせち料理、お雑煮、門松の由来

 まもなくお正月。お正月は、日本人にとって、特別な季節。祝日となり、都会に出ている社会人や学生は帰省し、故郷で羽を伸ばす。お正月には、さまざまな風習がある。門松、おせち、お年玉など。昔からの由緒のある行事とは思うが、その由来はわからないという方が大部分と思われる。
お年玉に似た風習は、アジア各地にある。ただ、子供へお金を贈るという行為は、日本独自のもののようである。お年玉の風習は、古くさかのぼるとされているが、お金を贈る行為に変質したのは江戸時代のようである。これが主として、子供へ贈る行為に特化されたのは戦後になってからとされる。ただ、芸事の世界などでは、お弟子さんへお年玉を贈る風習は、いまだに根強く見られる。
餅には、年神様の魂(たましい)が宿ると考えられていた。御神名の「トシ」は穀物、とくに稲、またはそのみのりを指す古語で、稲の神、五穀豊穣をもたらす神として古くから尊ばれてきた。年神様の霊力が備わった餅が御歳魂(おとしだま)と呼ばれ、今のお年玉の起源とされる。正月に祭り親しむ神が年神様である。*1 その御歳神(みとしのかみ)をご祭神とするのが奈良県御所市内の葛木御歳神社(かつらぎみとしじんじゃ)である。御歳神社では、1月1日に歳旦祭が開催され、6日ごろまで、その起源に準じて、お餅が「おとしだま」として頒布される。*2
お餅を食べた人には霊力が伝えられる。鏡餅は、縁起物。切るのではなく、「開く」と表現されてきた。これがいまにも伝わる鏡開きである。このお年玉の風習の源流となった神社が御所市内の葛木御歳神社である。葛木御歳神社は、全国の御歳神様を祀る総本社。

 お正月の風習の多くは、年神様に由来するものと言って過言ではない。門松は、お正月に山から下りてくる年神様を迎えるための目印になるものであり、しめ縄は、周囲の不浄を断ち切るたみに結ぶものである。
かつて、餅は、ハレの日の食べ物であり、年神さまにお供えをするものであった。元日にそのお供えをお下がりとして食するのがお雑煮の由来。おせち料理は、正月の火を神聖なものとして考え、できるだけ煮炊きを避ける風習に基づき、構成したもの。

 西洋由来の祭事もクリスマスやハロウィーンなど、日本に定着しているが、これらは純粋に楽しむ行為に特化している。これに対して、正月行事は、日本国内における長い歴史を備えたものであることは、国民感情として共有されており、元日を中心に国中が一斉に長期の休暇となるために、メディアもその由来を繰り返し伝える機会を持つ。ただ、その由来の源流が奈良県にあることは、地元においても忘れ去られた状態にあるので、今一度喚起を望んでいる。

*1 葛木御歳神社ホームページ
*2 1月1日に舞踏家のミナルさんの舞の奉納、楽人おの篠笛の奉納がある。


posted by 林 秀一 at 22:33| 御所市 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。