2017年11月08日

大阪でランチに凝る1日

 午後から大阪市内、N社、O社、K社等訪問。付近には、一度行ってみたかったカレーショップが2軒ある。ネットで、調理写真を見て、駅から遠い店の方を選択して訪ねてみたが閉まっている。定休日ではないはずなのにと不満に思いながら、少し離れた別の店へ。するとここも閉まっている。「本日、急用により、臨時休業いたします」と書いてある。がっかりするが、仕方がない。この店のすぐ近くに別のカレー店がある。ノーマークの店であるが、空腹の折、贅沢は言っていられない。カレーを食べる態勢にあった体をだまらせるには、カレーを食べるしかないのであった。
 東京には、人口の多さに比してカレー専門店が少ないように思う。ラーメン店や蕎麦屋が多い。とくに調査したわけではないので、そう感じない人もいるかもしれないが(自分の行動圏だけそうなのかな?) 自分は時々、少し辛いカレーが食べたくなるので、さびしいのである。昔暮らしていた札幌には、カレー店が多かった。よくスリランンカカレー風の店に行ったが、のちにスープカレーのジャンルが確立して、地元グルメとして人気が出るとは想像もしていなかった。大阪はカレー店が多く、ランチの際には重宝している。
 ランチの店を行きつ戻りつしているうちに、時間が過ぎ、N社訪問に遅れそうになり、あわてる。K社のラウンジには喫茶店があり、外は寒かったのだが、冷たいドリンクを選択。のどが渇いていたので、ごくごく飲みほして驚かれたかな。夜は商店街の中の立ち飲み屋へ入る。ここにはテレビがあり、皆それを見ながら飲むスタイル。


posted by 林 秀一 at 22:28| グルメ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。