2017年12月20日

ランチで、ピリ辛はるさめ鍋を食す

 今日のランチは、階下の社員食堂へ。この時期、近隣のレストラン、食堂はどこも混んでいる。行列の最後尾になると15分以上かかるときもあり、貴重な昼休みの時間を死守したいときは、社食に限る。
 メニューを見ると、はるさめ入りピリ辛鍋(1人用)がある。最近、はるさめのメニューを考えていたので、試してみることにする。辛口はるさめ料理が上海のヤング層に流行したのを受けて、東京の赤坂、渋谷や、大阪難波などに店舗ができているのだが、そこの料理は激辛なのである。10段階辛さがあり、お奨めのレベル2を食べたことがある。これにしてもかなりの辛さであった。
 難波で同僚とこの料理を食べに行った際、自分は最初にレベル0.5を注文した。同僚2人がビビってしまい、3人でレベル1を食したのだった。このときは、東京での食事経験者の自分は最後に注文し、何も知らない同僚にレベル2〜3をチャレンジさせればよかったと悔やんだものであった。
 ただし、社食はさすがにそんなに辛くなかった。客層は、御年輩の方も多いし、あまり辛いとクレームがくるのであろうな。
 日本人が麺好きであることは知られており、各種の調査でも裏付けられている。しかし、そのランキングはラーメン、そば、うどん、焼きそば、そうめんなどと続くのだが、はるさめを挙げる人は0.1%以下である。近年、讃岐うどんが全国的にブームになったが、はるさめもマーケティング戦略次第では可能性があると思っている。伸びしろが大きいことは間違いない。


posted by 林 秀一 at 22:06| グルメ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。