2018年02月10日

体力消耗の中、博物館で鑑賞

 本日は東京の自宅へ。
 ゆっくり起きて食事をしたいので、新幹線(京都駅)は15時台にする。
 ブランチ(早めの昼食)の後、少し時間があるので、京都国立博物館へ。京都駅から近い距離なので、行きやすい。
 今週半ばから風邪気味なので、お寺観光などで歩き回るのは、体力的に無理と判断した。とはいえ、ここの博物館は広いので、全部見て回るためにも結構体力を使う。ところどころに大きなソファがあるので、助かる。20-30分鑑賞しては、座るの繰り返し。かなり、体力を消耗しているようだ。*1 ソファのない展示スペースもあるが、長時間立っているのはつらかった。
 今後、高齢者世帯の割合は増えていくわけであるし、それらの方たちのためにも休憩スペースも充分に必要だ。この側面のホスピタリティに欠ける施設も少ないない。
 博物館を出て京都駅へ。買い物をしてのぞみ乗車。


*1  2017年8月11日 「屋外最大級の下賀茂納涼古本市で3時間半」(*1)
「へとへと」になりながら古書展で本を探し回っていた時は、年齢的にも若いし、体調も万全な時であった。ずいぶん違う。
posted by 林 秀一 at 22:41| 文化 | 更新情報をチェックする