2018年03月28日

ドラマ第1回の田中邦衛の若さにはびっくり。格好良くさえある。  〜ドラマ「北の国から」の真実〜富良野塾での2年間」(対談:福飯歓久フクイ食品常務*林御所市特別参与)

 河内長野市庁舎訪問。市長には、一度訪問をお約束していたのだが、当方の離任間際の時期になってしまった。市長、総合政策部広報広聴課、産業観光課の方々と意見交換。昼食。河内長野のかわいいキャラクターをいただく。名称は「モックル」。ありがとうございます。秘書課さんに道の駅をご案内いただき、地元のスナックと日本酒を買う。
 夜は、さんろく自然塾うめだファームへ。ここは広々としていて、眺望もいい。市内で、文化的なイベントを実施したいと思っていた。Kさんが段取りをつけてくれて、ここで開催できることに。
 最初は、みんなで映画を観賞しようかと考えていたのだが、市内に富良野塾で学ばれていた福飯歓久さんがいることがわかり、ドラマ「北の国から」を見ることにする。
『ドラマ「北の国から」の真実〜富良野塾での2年間」(対談:福飯歓久フクイ食品常務*林御所市特別参与)』と題して18時30分から開催。着席した後、うめだファームさんが作ってくれたカレーを食べる。美味。フクイ常務との対談後、1981年フジテレビで放送のドラマ「北の国から」第1回を鑑賞。
 今は、ほとんどなくなってしまったが、昔はテレビで映画が放送される際には、映画評論家や文化人タレントによる解説が付き物だった。事前知識を仕入れて、映画を見るとより深い理解が得られる場合もある。
「北の国から」は、とんねるずなどの影響で、主演の田中邦衛の話し方がモノマネレパートリーの常連ネタとなっているので、若い層にも知名度はある。ドラマ第1回の田中邦衛の若さにはびっくり。格好良くさえある。観光地化する前の富良野の景色は、今や貴重。2年をかけてロケをしたようで、野生動物なども画面に登場する。あっという間の1時間。いくらでも見ていられる気がする。
 市内に、富良野塾の演劇のファンがいらっしゃって、今日お招きしたのだが、終了後、「まだまだ話を聞いていたいです!」と別れ間際に言っていただき、うれしい気持ちになる。続編を実施する機会があればいいのだが。福飯歓久さんは、入塾時、「北の国から95秘密」のロケを見ていたとのことで、それらの裏話も聞いてみたいものだ。
 この後、福飯歓久さんとスタッフで打ち上げ。楽しくお話しし、解散。
IMG_9962.jpg

IMG_9984.jpg
posted by 林 秀一 at 23:39| 御所市 | 更新情報をチェックする