2016年05月30日

昭和歌謡のマニアックな知識にびっくり

 このブログを書くようになって、たまに反応が返ってくることがある。
 4月19日の記述に付属して書いたコラムで、昭和40年代のムード歌謡ハニー・ナイツの「ふりむかないで」に触れたのだが、これを読んで、カラオケで歌うことがあるという人を発見した(自分と同世代)。昔のヒット曲の影響はすごい。何十年たっても覚えているものだ。自分もたまに昭和歌謡バーで飲むが、いつも混んでいて、同好の士が多いと感じる。
 ただ、石破茂大臣ほどのレベルの人はそうはいないのではないか。石破茂オフィシャルブログ3月25日 (金)に「この季節になると、麗美の『花びらの舞う坂道』(かなりのマイナー曲ですが)、荒井由実の『花紀行』を妙に聴きたくなります」という記述、マニアックな視点がすごい。バーで曲をリクエストして、「よくそんな歌知ってますね」と言われるのはうれしい。ただし、マニアックすぎて「ありません」と言われると周囲がしらける気がして少し恥ずかしいけれど。

 石破大臣は、地方創生担当大臣で、地方創生人材支援制度派遣メンバーのホテルモントレ半蔵門での懇親パーティ(3月23日)にもご出席いただいている。
 その前日、友人と軽い飲み会をしていた。
「え、石破大臣も来られるの?」
「そう」
「地域活性化を君はライフワークと言っているんだから、お話ししてみたら」
「時間があればね」(もちろん大臣に時間があれば、という趣旨)
「いっそ、議論してみれば。専門だろ」
「お酒が入っているし、口論になったりして」
「君も各地で講演してきたわけだし、思うところがあるはずじゃないか。中身のある議論ができるって」(おだててきている)
「激論になって周囲が取り囲まれているかもよ」
「注目度が高いね」
「秘書官も引き離そうとして、一瞬険悪な空気になりかねんな」(明らかに調子に乗りすぎ)
 その結果がこの写真。
0530-1.jpg
 この写真を見て、何だよ! という顔をしていたT君、ごめん。パーティはそんな雰囲気じゃなかったんだよ(と弁明)
 写真を撮ってくれたH社のKさんありがとう!


posted by 林 秀一 at 21:06| 東京 | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

東京へ怒涛の逆出張

 9時30分、事業打ち合わせ。昼、トンテキ弁当。
 夜、東京へ。県内に宿泊して、明日上京しようかとも考えたのだが、翌日の用事が永田町なので、今日中に東京の自宅へ帰ったほうが楽であるから。
 橿原神宮駅から近鉄特急。車内で本格的に飲みたくなるのだが、京都で駅弁を買おうと思うので、ビールとナッツで軽く済ます。京都で乗り換え、新幹線。どの駅弁を買ったのか、忘れてしまった。『穂久彩』の太秦ロケ弁当とどちらにしようかと迷い、別の弁当を選んだのだったが。夜は車窓からの風景は楽しめないが、おおっぴらにビールを飲めるのがうれしい。

 表題で「逆出張」と書いたが、自宅が東京にあるので「逆」という表現を使ったのである。近年、本来の意味とは少し違って、「逆」という言葉が使われる。女性から男性を誘う行為を「逆ナン」というように。「逆」の本来の語義は、「本来の方向・事態などと反対である。『逆境・逆行・逆転・逆風・逆流・逆輸入/可逆』」とある(『デジタル大辞泉』)。同じ行為を逆と称するのは、日本語の乱れのように感じ(オーバーか?)、自分は使ってこなかった。
 かつてテレビ朝日系列「新日本プロレス」の試合中継で、藤波辰巳が対戦相手・長州力が得意とするサソリ固めを自分から仕掛けたことがある。その際に、古舘伊知郎さんが「おきて破りの逆サソリ」と言ったあたりが先駆けではないかと思うが、どうだろうか。氏独特の軽やかな表現であるが、軽い違和感を覚えた記憶がある。
 しかし、御所から東京への出張を逆出張と表現すれば、今後の記述でも、東京への出張なのだな、と読者の皆さんにもわかっていただけるので、「逆」に関しての現代的な語義を採用するに至ったのである。今までのこだわりを捨てるのは節操がない気もするが、わかりやすさ優先ということで、お許しを。
posted by 林 秀一 at 23:06| 東京 | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

怒涛の逆出張からの奈良宿泊

 本日は東京。東川裕市長の山本幸三地方創生担当大臣との面会へのアテンド。御所市の教育による地方創生へのチャレンジを大臣にご説明。教育を地方創生の柱として、日本でもモデルとなる、御所市オリジナルの新しい学校づくり。小さな自治体のチャレンジ。山本大臣から貴重なアドバイスをいただく。
0826-1.jpg
 その後、市長、秘書課長と内閣府へ。
 内閣府を出て、調べもののため国立国会図書館へ。館内の食堂「フードラウンジ ほっと」へ行くが昼食時間を過ぎており、メニューが少なかった。カレーを食べる。ここでの食事は初めて。
 東京駅へ行き、新幹線・京都下車。JR奈良線最終電車。近鉄橿原神宮前駅まで行く交通手段はなく、JR奈良駅で下車し、近くのホテルへ宿泊。奈良市に泊まるのは久しぶりだが、明日のイベントのため早起きする必要があるし、夜遅いので遊ぶ気力もなく、入浴して早めに寝るのであった。
posted by 林 秀一 at 23:02| 東京 | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

京橋から有楽町、日本橋

 今日は、逆出張(東京滞在)の日。東京、京橋で待ち合わせ。来年の御所市内と大阪のイベント準備、打ち合わせ。
 この辺はランチのおいしいところが多く、以前はよく来たものだ。
 蕎麦屋で飲めるところがあり、たまに来る。蕎麦屋で飲むのは、江戸の文化の香り。ただ、蕎麦屋でちまちま飲んで何が楽しいのか、と思われる方もいると思われる。自分もそうだったから。つまみになるものがあるのかとも思われそう。
 板わさとか出汁巻き玉子などで飲み進める。通は「ぬき」で酒を飲んだりする。種物*1から蕎麦を抜いたもの。以前はてんぷらそばから「そば」を抜いた、いわゆる「天ぬき」のことを指す言葉だったようだ。蕎麦は、締めで改めて食べる。しかし、若い職員を連れてこのような場へ行くと、「もっと食べ応えのあるつまみはないの? 唐揚げとか」と思われるであろう。蕎麦屋の飲みは大人という感じ。

 京橋から有楽町へ。
 相田みつを美術館へ行く。平日でも人が多い。観光客も多い印象。
 解散後、日本橋で「連載40周年&コミックス200巻記念 こち亀展」へ。直前に作者から連載終了が発表されており、大変な人出であった。
 金曜日のため、いったん都内自宅へ帰宅。26日御所市滞在のため、25日夕方には橿原入りする予定。

*1 関東で、かけそば・かけうどんに、てんぷら・卵・油揚げなどの具をのせたもの。(『デジタル大辞泉』)
posted by 林 秀一 at 20:32| 東京 | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

『広報御所』2017年正月号 市長対談企画、乞うご期待

 今日は、東京。市長以下、関係者は衆院議員会館に集合。以前、政党の広報作業を担当していたので、なつかしい。近くの某政党本部の食堂で、よくカレーを食べたものだった。
 『広報御所』2017年正月号の市長対談企画として、初代地方創生担当大臣の石破茂衆議院議員にご登場いただくのである。自治体広報誌の対談記事と言えば、固くて面白くないものと思われがちであるが、少しでも興味深いものとしたい。
 当方は司会役を仰せつかっているので、準備はしてきたが、石破議員の経験されてきた地方行政への見識、市長が目指される政策の中身などをうまく引き出せるかどうか。正月号としてのポジティブな側面、明るさも出す必要がある。読んで面白くもしたいので、議員が好まれる話題、地元御所市に関係した映画や鉄道関係の話題も盛り込みたい。すべての実現は、いささか難題と思いながらもいよいよ本番に。
 石破先生の部屋には、プラモデルがたくさん。少し見入ってしまう。巨大な戦艦のプラモを指して「これ、先生が作られたんですか?」と聞くと、「ふっ、まさか」と言われてしまう。
 歴史のあるJR御所駅は、石破先生もご存じだった。JR御所駅は、図書館の新人司書と地域の人々の交流を描く映画「天使のいる図書館」*1の舞台ともなっており、映画のロケの模様を撮った写真も見ていただく。吉野口駅の駅弁・柿の葉寿司(製造:株式会社柳屋)もおなじみのよう。鉄道関連の知識の深さもさすがなのであった。
 同行のMさんに、タイムキーパー役をお願いし、約束の40分間を気にしながら進行。一応、石破先生と市長の来年の抱負を双方語っていただき、締めることができた。あとは、書き起こしを担当する編集部に期待したいところである(と少し責任転嫁)
 『広報御所』は、御所市ホームページからも見ることができるので、ぜひ皆様も見てください。2017年1月号は、12月28日(水)にアップ予定。
 

*1 制作:映画「天使のいる図書館」製作委員会。2017年2月11日奈良県先行公開。2月18日全国順次公開。市内では他に、葛城一言主神社、郵便名柄館、新地商店街でも撮影が行われている。
posted by 林 秀一 at 19:33| 東京 | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。

 年末は、2年ぶりに実家のある北海道で過ごしました。積雪は多かったのですが、滞在している間は穏やかな天候でした。ススキノで、高校時代の友人と久しぶりのジンギスカンを食し、なつかしい話に興じることができました。
 今回は、元日の夜に東京へ戻りました。さすがに、いつもは人でごった返す新千歳空港も空いていましたね。夕食は空港でカツサンドを食べたのですが、生ビールの営業は翌日からのようで、代わりに赤ワインを買い求めました。

 広報御所1月号の巻頭企画・石破茂衆議院議員(元地方創生担当大臣)と東川市長の正月対談もぜひお読みください。御所市ホームページからもお読みいただくことが可能です。
posted by 林 秀一 at 21:24| 東京 | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

年齢を重ねて、得をする数少ないこと〜新年に考える(ほどのことでもないけれど)

 本日は、仕事始め@東京。新年の1週目は、まだ休暇中の人も多いと思われ、通勤電車が空いているのがいい。
 会社も有給休暇の取得者が多く、いつもより静か。
 いつも年末年始の休み中は、深夜に寝て昼近くに起きるという生活習慣になり、仕事始めの日は寝不足で苦しんだのだが、今年は前日早く寝たので快調。年齢を重ねて得をする数少ない利点は、朝が苦にならなくなることか。昔は、出張で朝5時起きなんて聞くと、気絶しそうになったものな。今は、別になんともない。
 早目に退勤。夕方くらいから飲んでいたグループが多いようで、新橋は賑やか。
posted by 林 秀一 at 19:25| 東京 | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

官邸で怒られてはいけません副町長、でも気持ちはわかる(笑)

 午後から、霞が関へ。全国の地方創生派遣人材の研修。昼、途中で食事をとりたかったが、時間がなく、コンビニでパンを買うのが精いっぱい。始まる前にあわててパンと缶コーヒー。
 研修終了後、官邸で激励式。徒歩7分くらい。隊列を組むように歩いていったので、何かと思われたかもしれない。外は寒く、コートを着ていなかったのが悔やまれる。式の1時間前に着く。やることもないので、官邸のロビーなどをぶらぶら。官邸内の写真を撮ろうとして某町の副町長が怒られていたのが何かおかしく、緊張がほぐれる。最初に式典会場以外は、撮影禁止という注意はあったのだが普段あまり出入りをしないところなだけに、副町長の気持ちも少しわかる。激励式では、官房長官を中心に何枚か集合写真を撮る。100人を超える人数。また寒い中を役所へ戻る。
 地下食堂で懇親会。前回まではホテルで広いスペースだったが、食堂は通常営業もしているので、会場は立錐の余地もないほど。各地の日本酒が揃っており、何杯かたしなむ。どんな酒か構わずぐいぐい飲む人もいるし、どこの酒か入念にチェックしながら飲み比べる人もいる。自分の大学時代の同級生が上司であるという人がいてびっくり。当時の就職先ランキング1位企業に進んだ優秀な人物であった。若かったころは、かなり厳しかったとのこと。なつかしい名前を久しぶりに聞き、しみじみ。
posted by 林 秀一 at 21:20| 東京 | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

品川にて御所の特産物のプレゼンテーション

 11時から東京本社の企業で、プレゼンテーション。品川港南口で下車。昔は海だったところで、広大な埋め立て地が広がる。
 今日の東京は猛暑。朝から日差しが非常に強い。御所市特産の山の芋(大和いも)、しょうゆ、卵を用意。職員が朝の新幹線で上京し、スタンバイ。本日、東京出張の市長も10時半頃に合流。東京の方にも御所市の山の芋の見事な粘りを堪能いただけたであろうか。お米は、吐田米(はんだまい)。葛城山からの伏流水が豊富に確保され、優れた水質が味方し、評価を受けており、関西圏では知られてきている。最新の炊飯器を使い、誠に良い炊き加減。お米のおいしさを知ってもらうには、炊飯器の性能も重要だ。
 本日の出席者は、関西の方が多く、地元の話題などで盛り上がる。御所市の良さも感じていただけたように思う。この種の活動を広げていきたい。
 自分も試食をしたので、昼には、おなかがすかず、ランチは取らずに勤務先に戻る。
posted by 林 秀一 at 22:45| 東京 | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

地域の物産展を横目で見ながら〜霞ヶ関ビルへの思い入れも少し

 午後から内閣府で、地方創生人材支援制度派遣者の研修。この日は、各地から霞が関に人が集まる。講演を聴講した後、グループ討議。テーマ別に班が編成されている。自分は、観光班に所属。
 研修後は、階下の食堂で懇親会。今回は、総選挙まっさかりということで、政務三役は欠席された。お酒は、後方テーブル上に各地のお酒がずらりと並んでおり、ミニ品評会を開きながら飲んだのだった。
 夜、霞が関ビル*1 の横を通ると、地域の物産展をビル前の空きスペースで実施していた。17時以降は、お酒も出している。ただ、今日は冷たい風も吹いていて、結構寒い。お客さんもかなり少ないようだった。ビジネス街にあるから、夜は人が足早に過ぎる。むしろ昼休みの方が人出が多いのかもしれない。
 新橋駅前の広場でもたまに地域の物産展を実施しているが、こちらの方はいつも混んでいる。新橋に繰り出す人は、飲む気満々の態勢で出かけてくるので、少々寒くても客があまり減りはしない。駅を出て待ち合わせる人が多いことも影響している。場所によって、人出は大きく影響されるものだ。

*1 当方は、1961年生まれであり、霞ヶ関ビルが地上36階、高さ147mと日本初の超高層ビルと喧伝された時代がしっかり記憶に残っている。今では、2007年竣工の中央合同庁舎第7号館に見下ろされる形になってしまった。霞ヶ関ビルは、1967年竣工であるが、その前年、TBSテレビで放送された「ウルトラマン」に登場した怪獣シーボーズが建築途上のこのビルを登る場面があった。そこが一番高い場所であったからだと思ったが、当時は西新宿の超高層ビル群もまだできていないときである。霞が関ビルの高さは突出していた。もはや霞が関においてさえ、一番の高層ビルではなくなっているのであるが、それでも愛着は人一倍持っているのである。霞が関ビルと口に出すときに、「未来」と言うニュアンスがこもっていた時代が確実にあった。もう理解されないかもしれないが(笑)
posted by 林 秀一 at 22:38| 東京 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。