2018年01月04日

おもちを肴に飲むビール

 出勤時の電車は、いつもより空いている。来週から出勤という会社も多いのであろう。
 今日の昼は、会社ホールで、餅つきを実施しており、これを肴にビールを少し。漬物など、つまみに向く味つけの食べ物があるのかと期待していたが、おもちだけ。しかし、大根おろしの味付けのもちもあり、これはこれでビールに合わないでもない。
 これをお読みの方は、新年早々とはいえ、昼からビールとは、気楽な事よとご立腹の方がいるかもしれないが、ここで退勤できるわけではなく、午後からも仕事なので、かなり加減して飲んだのであった。それに年末から取り組んでいる原稿が観光論、メディア論、広告論と錯綜していて結構大変だったのである。重なるときには重なるのだ。
 昼は、立食形式。部署の違ういろいろな人と話すことができるのが利点。「息子が東大に進学しまして・・・」とか「娘が芸能界を志望しているんですが、今度役をいただいて・・・」など、うらやましい話が多い。やはり、自慢話は人に言いたいものであるしな。そのような自慢話をできるように精進したいものである。


posted by 林 秀一 at 17:08| 東京 | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

女性専用車両に独り乗ってしまう朝

 いつもより15分ほど早い出勤の朝。東京の勤務先には、山手線で通っている。京浜東北線でも行くことができるが、埼玉方面から横浜方面まで長い距離を走るため、混むことがあり、あまり乗らないことにしている。ところがこの日は、朝寒く、先に来た京浜東北線の電車がすいていたこともあり、ひょいと乗ってしまった。乗車率100%を少し超えるくらい。立ちながら読書に没頭していたところ、東京駅に着く。「女性専用車両は、この駅までです。ご協力ありがとうございました」とのアナウンスがあり、人がどっと乗ってきた。山手線には、女性専用車両がないが、京浜東北線にはある。そっと周囲を見回すと、今まで乗っていた人たちは女性ばかりのようである。女性専用車両に乗っていたようである。急に気恥ずかしくなってしまった。混んでいる車両であったら、注意されたのであろうが、空いていたのでスルーされたようだ。
 以前、大阪の地下鉄に乗ったら、そこが女性専用車両で、年配の女性に注意されて、あわてて隣の車両へ行ったのだった。自分が不注意だったわけであるし、やさしい口調で言われたので、少し恥ずかしい思いをしただけだったが、電車の中で怒られたら、立場がなかっただろうな。東京の女性専用車両は朝の通勤時のみなのだが、大阪は終日となるところがある。電車にあわてて乗ると表示を見逃すことがある。気を付けねばならないと新たに思った次第である
posted by 林 秀一 at 21:30| 東京 | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

「男らしく酒の封を切るCさん」の巻

 内閣府で、地方創生人材支援制度派遣者の研修。各地派遣者の講演を聴講する。B県D市に勤務している方のお話にはびっくり。こんなことがあるかな、とびっくりもするが、現実の話だとは。今となっては、思い出話になるか。*1
 懇親会は、役所の1階。以前はホテルでの開催だったが、最近は職員食堂がすっかり定番になってしまった。予約の団体が別にあったので、かなり狭いスペースでの実施。隣の方などと談笑。松本文明副大臣がいらしたので、お酒を飲みながら、ある話題の件など。これは自分も非常に関心がある。副大臣が卒業された明治大学のお話なども。松本副大臣は、テレビ朝日『ビートたけしのTVタックル』等でよくお見かけする。政治家には、いろいろな方がいらっしゃるので、メディアで語ることを避けたがる人もいる。もちろん個人の自由ではあるのだが、メディアで語られる姿は、印象に残る。
 お酒のコーナーには、ひしゃくで飲む壺入り焼酎があり、おいしく飲ませていただいた。内閣府、内閣官房の方は、各地の勤務を経験されているので、いろいろな地方のお酒がある。
 有名なお酒に手が伸びる結果、誰も飲んでいないものも出てくる。
「これ、封が空いてないですね。空けないままにしておいた方がいいですかね?」とCさん。
「でも、御本人に戻すわけにはいかないし、せっかく提供したのに誰も手を出さなかったと知ると悲しいでしょうね」と答えると、
「そうですね」とびりびりと率先して封を切るCさん。さすがである。

*1 ここには書きにくい話題であので、記しはしないが、地域の数だけ個性があるものだ。
posted by 林 秀一 at 21:06| 東京 | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

エレベーターに乗るための行列が・・・

 自治体のテーマ勉強会に出席。主題は移住促進。
 エレベーターで会場へ向かったのだが、このエレベーター前には行列ができている(1列)。順番にエレベーターに乗るための行列なのである。これは初めての体験。今は、コンビニエンスストアもレジごとではなく、1列になって順番を待つことが普通になっているが、エレベーター前の整列を見るのは初めて。確かに朝や昼休みの終了時などは、かなり混むこともあり、来た人から順に乗るのは合理的ではある。ただ、1列なので、行列がかなり長くなっている。他のビルで、このような1列になってのエレベーター待ちを見たことはない。このビルに初めて来た人は戸惑いそうだ。
 このような1列になっての順番待ちは最近の習慣である。昔、トイレでは、用を足している人の後ろにそのまま並んでいたが、順番が来るまで、人により早い遅いの差が生じる。このような不公平をなくすことを目的として、テレビ朝日「ニュースステーション」で、1列になって、早く並んだ人から用を済ませるように呼びかけたのがこのような習慣ができるきっかけとなった。理由が合理的であるので、あまり反対する人はいなくて、比較的スムーズにこの習慣ができた。
 エレベーターにおける、歩く人のための片側空けもメディアなどを通じた呼びかけでできた習慣である。ただし、今は機器の保守性の観点と安全性の面から、多くの施設では歩行自粛を呼びかけることになったが、いったんできた習慣はなかなか元に戻っていない。

 勉強会終了後、食事。ロースカツ定食。少し重かったかもしれない。
posted by 林 秀一 at 23:46| 東京 | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

渋谷でシンポジウム、のち油そば

 渋谷で、SNSを活用した地域プロモーションのシンポジウム。
 渋谷駅から歩いて10分ほど。駅近辺にはヤング層が圧倒的に多いが、この辺は落ち着いている。久しぶりの渋谷。
 渋谷には、以前自分の担当クライアントがあり、何度も訪れた。そこは東口だったので、人通りもそれほどではない。映画もここで見たし、食事も。ミニシアターで見た映画が終わった後、まだ明るい裏道を下ってビールを飲むのは、とても気持ちが良かった。
 終了後のパーティでは、講演された先生のほか、某県の観光団体の方と話す機会もあった。講演では、この県の観光課長のエピソードをよくネタにしているので、自分にとっては、とてもなじみのある県なのである。このネタを話すと結構おもしろがっていただけた。
 パーティが終了後、ラーメン店に寄って油そば・えび塩風味。パーティで軽い食事はしていたので、オーバーカロリーか。おいしかったけど。
posted by 林 秀一 at 22:15| 東京 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。