2016年04月20日

これはデジャヴ?

 9時商工観光課・課題ヒアリング、10時30分人事課課題ヒアリング。
 昼食幕ノ内弁当。
 13時職員向け講演「農業と6次産業〜ブランド化へ至るプロセス」
 夜、食事兼飲み会。役所の近くは、飲食店が少なく、限られた中から選ぶことになる。カレーうどん。壁にタレントの色紙がたくさん。「石ちゃんも来ましたか?」と聞くと、県内や隣接の大阪のタレントがほとんどで、まだ石塚さんのアンテナにはかかっていないようだった。酒を気持ちよく飲んだ。ホテルへ着き、ベッドの上で明日のスケジュールを確認していると、いつの間にか、寝入ってしまい、23時ころ起きる。風呂へ入り、就寝。ホテル到着後の記述が昨日とニアリーイコールだ。デジャヴ?(昨日の滞在記参照)

 奈良県というと、思い出すのが亀井勝一郎『大和古寺風物詩』。当方の高校時代(昭和52年-55年)、現代国語の出典として、1位が夏目漱石『硝子戸の中』で、2位がこれだった。3位は忘れたが、小林秀雄だったかもしれない。1位と2位くらいは読んでおこうと思って、旺文社文庫『硝子戸の中』を買った。他の文庫にも入っていて、むしろ、そちらのほうが安かったのだが、旺文社文庫は、解説がダントツで詳しかったのだった。『硝子戸の中』は、あまり面白いと感じることがなく、亀井勝一郎『大和古寺風物詩』を買った。この本は、戦前から書かれていたもので、やはり読みにくい部分があり、軽く通読しただけだったが、印象的なフレーズがいくつかあり、今週、御所市立図書館で35年ぶり(!)くらいに借りて読んでみたが、おぼろげに覚えていた。今は忘れやすいが、高校時代の記憶力はあなどれない。例えば、次のようなフレーズ「しかし僕らは博物館の中で、何かしら不幸ではないか。東京の国立博物館でも、奈良博物館でも、法隆寺宝蔵殿でも、ふっと空虚な淋しさを感ずることがある。病院の廊下を歩いているような淋しさだ。…この空虚とは何か。淋しさとは何か。僕は近頃になって、それが愛情の分散であることにはっきり思い当たった。つまり博物館とは、愛情の分散を強いるようにつくられた近代の不幸ではなかろうか。・・・僕らはもはや昔の人が感じるように古寺を感じてはいない。僕らが感じているのは、実は寺ではなくて博物館ではないか。この無意識の変貌を僕は最も惧(おそ)れる。」(亀井勝一郎『大和古寺風物詩』日本ソノサービスセンター 昭和43年 p56)
04201.jpg

PS.『硝子戸の中』は、あまり面白いと感じることがなく・・・と書いてしまったが、大学入学後、家にあった夏目漱石『三四郎』を何気なく手に取って、読みだしたが、巻を措く能わずで、しばらく没頭することになった。青春時代ゆえなのだろうか。明治時代のストーリーなのだが、古臭さは感じない。東大のキャンパスを初めて訪れたときは、まず三四郎池に行ったほど。同じ年頃の学生に場所を尋ねると、「地味な池ですけどね・・・」と言われたものだったが。今も文京区を歩いていると、ふとこの小説を思い出したりする。『三四郎』を水のイメージの小説と捉える評論があり、少し納得。ここから発展して、夏目漱石『彼岸過ぎまで』、森鴎外『青年』、武者小路実篤『友情』など読んだが、『三四郎』ほどは熱中できなかった。実は、『三四郎』は小6の時、誕生プレゼントとして、W君がくれたものだった。分厚さを敬遠して、10年近く読まずにいて、W君ごめん。


posted by 林 秀一 at 23:54| 読書 | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

「興国の荒廃この一戦にあり」というデートの行方

 今月の御所市勤務初日。昨日から、橿原市のホテル滞在。
 昨日は甲子園で結構飲んだので、今日はまっすぐホテルへ。軽く夕食をとり、読書。鳴海章『夏日』(光文社、2002年)。著者は高校の先輩。80年代を目前に控えた東京での学生生活が描かれる。
 当時の風俗描写が懐かしい。
 「ノコがショルダーバッグから取り出したのは、映画やイベントスケジュールなどを掲載した情報誌だった。丸めてあったらしい情報誌は表紙にまで折り癖がついている」(259ページ)。
 インターネットがない時代、この種の情報を集めるのは結構大変なことだった。金曜日には情報誌を抱える人が多かったように思う。ただ、自分なりのアンテナを持たず、情報誌に頼りすぎるのは、格好が悪いという気風もあった。
 「ノコがテーブルの上に置いた情報誌はところどころページの端が折ってあり、サインペンで印をつけてある映画もあった。電話で映画を見ようといったのは、おとといの夜だ。それから買ったにしては、丹念に見てある気がする」「ふいに篤朗の脳裏に、寮の一室で情報誌を開いているノコの姿が浮かんだ…机に向かったノコが真剣な顔つきで情報誌をめくっている」(260ページ)
 なにか、切ない。でも青春!という感じもする。デートの際は、自分の退路も考えて、いかにも軽い気持ちで、たまたま来たよ、と相手に思わせたいもの。「興国の荒廃この一戦にあり」という気持ちのデートは、相手に引かれてしまう。今はなき『週刊宝石』に連載されていた小説で軽いタッチで読めるのもありがたい。
posted by 林 秀一 at 21:41| 読書 | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

百科事典のような本を読む

 午前中、市長室。特産物のことなど。
 明日の昼食会のことなど、東京と電話で打ち合わせ。
 夜、ホテルで、百科事典のように分厚い『山口昌男クロニクル』(国書刊行会)を読み進める。この本は、判型も厚さも百科事典並みなので、ごろ寝しながら読むことはできないのが悩み。全部読むのはしんどいので、興味があるところを拾い読みする感じ。
 山口昌男は、自分が大学生時代によくメディアに登場していたので親近感があった。氏が唱えていた記号論もブームになっていた。呪術的世界に関してもよく記述されていたので、日本の修験道に対する理解の助けにもなるかと思ったのである。
 ぱらぱらとめくっていると、御所市に触れているページが目に入った。やはり山口昌男の関心範囲に近いところがあるのだなと実感。
 2002年、FIFAワールドカップ™組織委員会に出向した際、札幌支部勤務となり、札幌市内のマンションを借りていたのだが、そのとき山口氏は札幌大学学長であり、学長室をギャラリーとして学生や市民に開放していた。氏の膨大な蔵書の一部も山口文庫として開設。学生にとっては実に恵まれた環境である。秘書にアポを取って見学に伺ったのだが、山口氏が出勤されており、秘書のお勧めもあり直接お話しするという貴重な機会を得た。自分も後に御所市に赴任するとは思っていなかったので、御所市を話題にすることはなかった(その当時は御所市のことを知らなかったのだけれど・・・)。役行者についても語りあうことができたらと、今思ってもどうしようもない。氏は2013年3月に亡くなられている。(*1)教え子に優秀な学生がいるので、就職活動のアドバイスをお願いしたいと頼まれたので快諾したが、残念ながらその方と話す機会はなく終わった。
 『山口昌男クロニクル』は、ところどころ学会の先端レベルに触れることもあり、難しい箇所も存在するが、講演など、読んでわかりやすく、またおもしろい部分が多く、関心のある方にはお勧めである。

(*1)今年に入って札幌大学では「札大×山口昌男プロジェクト」を進めることを発表。今後、一般への公開を開始する予定とのことである。
posted by 林 秀一 at 23:04| 読書 | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

屋外最大級の下賀茂納涼古本市で3時間半

 昨日まで御所市勤務で、今日は帰京日である。予定であれば、新幹線で京都から夜に帰京することになるが、内閣府からの地方創生派遣人材同期のMさんが滋賀県湖南市に赴任されており、連絡が取れれば湖南市を訪問する予定。その場合、帰京日を1日遅らせることにする。
 月遅れのお盆の時期であり、今日は山の日で休みなので、世間はのんびりしている。この時期に恒例の下賀茂納涼古本市に行くことにする。屋外で開催される古本市*1 としては、国内最大級。帰路の新幹線で読む本をここで調達するつもり。
 この古本市は、猛暑の時期に行われるので、水分補給など、暑さ対策が必須。ただ、今日は、晴れてはいるものの太陽が雲に隠れている時間が多く、蒸し暑さは感じるものの比較的過ごしやすい気候で、本当に助かった。以前テレビの司会をされていた島田紳助さんがよく「京都の夏は、世界一暑い」と強調していたからなー。そんなときに3時間以上、立ちっぱなしはつらい。
 購入した本は、3時間半で、硬軟取り混ぜ5冊。帰路の車内で退屈することはないであろう。
 Mさんと連絡が取れて、明日は湖南市の観光視察に充てることにし、今日は帰京せずに宿泊。
 
 *1 自分は、古本市へ行くのが好きである。東京でも以前は、お盆の時期と年末に、百貨店の特設会場でよく開催されているものだった。特設会場一面を広く使う場合が多く、丁寧に見ていると4,5時間かかる。休日の昼前から出かけ、5時間ほどして本を10冊程度買い、帰宅したすることが以前は多かった。その頃、家内の一行日記をちらりと見ると、自分のことを「夜、へとへとになって帰ってきた。古本市に行ってきたらしい」と冷静な筆致で描いていた(30代の頃)。
 今は、百貨店開催の古本市が激減している。デパートの催事は、その場での売り上げ数字の確保と同時に、そこを訪れた人が下の階の売り場で買い物をしてくれることを期待している(シャワー効果)。しかし、古本市の客層の主体は、60代以上の高齢男性の割合が多く、あまり売り上げに結びつかなかったのではないか。百貨店の経済環境もどんどん厳しくなる中、見直しの対象となってしまった。
posted by 林 秀一 at 15:45| 読書 | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

会場のお寺を間違うまさかのミス

 明日から御所市勤務。昼少し前に京都着。少し早目に京都に来たのは、今回は、滞在期間が長いため(14日まで)、通勤やホテル滞在時に読む本を京都で探すという目的があったのである。
 
今日は、知恩寺境内で野外古本市が開催される。自分は初参加であるが、かなり規模が大きいらしい。駅からバスで向かうことにする。到着する直前、手帳で再度、目的地を確認。すると「知恩寺」と書いてある。知恩院と書き間違えたのか。でも知恩院は、以前も訪れたことがあり、名称を間違えたとは考えづらい。院と書くところを反射的に寺と書き間違えたのかな。いやな気がするが、バスはもう到着するところ。仮に間違えたとしても、似た名称なのだから、親戚みたいなもので、おそらく隣か、極めて近い位置にあるのではないかと勝手に推測して降りる。知恩院の敷地は広大。境内の売店の方に「古本市はどこでやっていますか?」と聞くと、「それ、知恩寺だと思いますよ。さっきも同じことを尋ねてきた人がいたから」と言う。やはり間違えていたのかと、少し動揺。
「知恩寺は近いですか?」
「歩いていくには、少し遠いかな。バスで行った方がいいですよ」
と言われ、さらにショック。
 だが、ここまで来て、「そう、では失礼」とUターンするのは、売店の方にも失礼な気がしたし、せっかくなので知恩院も見学させていただくかと考え直す。期間限定の施設見学もあり、大変充実したコースをたどり、かなり時間を消費する。

 バスで知恩寺へ向かう。到着が13時半。パンフレットに京都古書研究会40周年記念「第41回秋の古本まつり−古本供養と青空古本市−」の文字。大変歴史のある催事だ(と書いたが、古都京都においては41回で、歴史があると言うと怒られそうな気もする)17時までの開催ということで、時間はあると思ったが、かなり充実した古本市であり、後半はかなり駆け足で見ることになった。会場名が似ているからといって即断してはいけないな。厳しく確認するべきであった。

 ただ、14日までの滞在中に、読むべき本をストックできたのは良かった。
posted by 林 秀一 at 22:43| 読書 | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

ある書店の閉店と切ない書き込み

 退勤後、会社の階下にある書店で雑誌を立ち読みしていると、地味な文字のみの貼り紙が目に入った。
 年内いっぱいで、閉店する旨が記されている。
 会社のすぐそばにあった書店も数か月前に閉店したばかりで、いささかショック。その書店が閉店を知らせる貼り紙の下部の空白のスペースに「小4です。ここの本屋さんが好きだったので、残念です」とサインペンで書きこまれていた。*1 やるせなく、悲しい気持ちになった。以前の記述で、地方都市から書店がどんどんなくなっていることを指摘したが、大都市の真ん中においてさえ、そうなのである。
 通販で本を買うことは容易な時代になったが、とくに学生など、若い世代には、書店の存在が欠かせない。長期の休暇の前など、学校で、読書の指針として、課題(推薦)図書が提示される。だが、はしがきだけでは、その書物のおもしろさはわからない。書店で、実際に手にとって、冒頭部を読んだり、解説を確認したり、パラパラ開いてみたりして、自分に合った本が発見できる。
 東京の主要な繁華街の一つ、新橋では、ここ数年で大きな書店が2店閉店してしまった。近隣の銀座や乗り換えのターミナル駅の書店を今後、活用することになるだろうが、行きたいと思ったときには即座に出かけられないことになる。
 書店は社会インフラと称して過言ではないと思える。今は、様々な課題に焦点を当てたソーシャルキャンペーンが展開されるが、これも現代の社会的課題の一つであり、考えるべき時に来ているのではないだろうか。


*1 この書き込みに触発されたのか、数日後には、他に何人もが自分の思いを書きこんでいた。
posted by 林 秀一 at 18:30| 読書 | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

公営書店が誕生した話題

今日のニュースで、東京都内のある書店が閉店する話題がNHKニュースで報じられていた。
 林真理子さんがよく行かれていた本屋さんであるらしい。
 書店の閉店が続いていることは、以前も述べた。*1 都会においても書店数はどんどん減っている。
 書店の売り上げが減る環境下、ネットでの本の購買も広がり、資本力のある大型の書店チェーンしかこれに対抗できなくなっている。
 以前は、人口10万人を割るくらいの小都市でも繁華街には、いくつか本屋があり、地元出版の本を待ち合わせの時間などに読む楽しみがあったものだったが。
 書店は、知の面での社会的インフラだと思っており、何とかしなければと常に考えているのだが、NHKニュースでは、八戸市が公営の八戸ブックセンターをオープンしたことを伝えていた。民間書店の経営を配慮して、漫画や雑誌は置かないとのことである。
 三省堂書店が2011年に北海道留萌振興局と地域活性化に向けた包括連携協定を結び、書店空白地帯の留萌市に出店したことが当時、話題になっていたが、自治体が経営に乗り出すのは珍しい。うまくいくものであれば、先行事例として広がっていく可能性もある。注目したいものである。
 書店に立ち寄って、実際に本を手に取り、めくってみる楽しみは、なくなってほしくないと思っている。

*1 2017年12月19日 「ある書店の閉店と切ない書き込み」
posted by 林 秀一 at 22:20| 読書 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。