2016年12月18日

年末の鞍馬神社

 今日の夕方に新幹線で帰京予定。
 朝、大阪のホテルで目が覚め、1日をどう過ごそうかと思案。
 京都で、少し観光して帰ろうかと考えがまとまる。京都へ行くには、JRや阪急、バスなどいくつかの経路があるが、京阪電鉄にすることに。京阪京橋駅で、ためしに食べたいものがあったのである。
 どこに行こうか迷っていたが、京阪にしたことで、半ば必然的に出町柳〜鞍馬観光に決定(京阪の路線がつながっているのである)。

 自分の旅のスタイルとしてがっちり予定を決めず、その場でひらめきの旅をすることがよくある。ガイドブックをなぞるだけの旅はできれば避けたいから。ただし、思い付きで途中下車をして、次の電車まで長時間待つこともあるので、簡単にお勧めはできない面はある。茨城県の水郡線で途中下車をして、次の電車の時刻を見ると2時間半後。景色が気に入って、写真を撮るために降りたが、駅前に小さな食堂があるだけの小さな駅。写真を撮り終わってまだ2時間。どう過ごそうか途方に暮れながら、再度時刻表を見ると、小さな但し書きが。なんと、土曜・日曜は次の電車が運休で、その次の電車しかない。さらに2時間、合計4時間半後の電車を待つしかないことが判明。大阪駅で4時間半、暇をつぶすのとはわけが違う。この駅前に店は小さな食堂が1軒だけ。そこであと4時間をつぶすのは苦しい。駅のパンフレットなどをチェックしていると、車で20分ほどのところに温泉があることがわかり、タクシーを呼んでその温泉へ。温泉へ入って、再びタクシーで、駅前の食堂へ。この時点で電車まであと2時間。お酒を飲みながら、ちびちびとつまみを食べて、なんとか間を持たせたのだった。
 小さな駅の前にある停留所のバスの時刻が2時間後、なんてことはざらにある。感覚としては、40分位で普通。30分以内だとラッキーと思わなければいけないのである。

 鞍馬駅は久しぶり。この駅を訪れるのは20年ぶりくらいかも。鞍馬寺まで、約1kmの山を登る。およそ20分ほど。これくらいはなんでもないな。以前、京都のある神社を訪れた際、山登り15分くらいで着くつもりで登り始めたが、なかなか神社に着かず不安になったことがある。しかし、20分以上登って、引き返すのも悔しい。「え、20分登って引き返したの? そのすぐ先まで、数分登り続ければ、目的地に着いたのに・・・」と憐れまれると、2日間くらいは悔やみそうで。もう着くだろう、と延々60分ほど登ったのであった。鞍馬寺を訪れた後、近くの温泉に入ろうとしたが、手持ちの現金がほとんどないことが判明。温泉ではカードが使えないだろうし、近くにコンビニもない。しょうがないのでそのまま降りることに。
 15時半ごろ、予定より少し早目に京都駅へ。この近くの行きつけの店で軽く飲み。現金はもうほとんどないが、ここはカードが使える。店を出て、列車の中で食べるためにビーフカツサンドを買い、新幹線で帰京。ビーフカツサンドはいつも山積み。やはり関西はビーフが好まれる。手軽に食べられていいし、ワインにも合う(ビールは、この店で充分飲んだので・・・)ちょっとスマートな感じ。エリートビジネスマンのような(オーバーか)。東京から乗る場合の軽いつまみは、しゅうまいかな。夕方だとご飯が付くしゅうまい弁当ではなく、酒のつまみだろうな。ただ、しゅうまいは少しにおいがするので、車両が満員のときは少し気まずいかも。
posted by 林 秀一 at 21:32| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

本年最後の大阪の飲み会

 今日は、本年最後の大阪の飲み会。大阪の友人から、よく飲み会を誘われたりもするが、平日に向かうのは、少し面倒で、やはり週末に行くことが多い。
 南海難波駅待ち合わせ。年末で、いつも以上に人手が多い。
 同行がKさん。東京からの出張帰りとのこと。ご多忙のようだ。前回の飲み会が灼熱地獄の甲子園であったが、今は冬。月日の移ろいは早い。K氏の選択する店はヘビー、かつ渋い。
 外が寒いので、鍋も食す。豚肉入りみそ味ベース。美味。日本酒が進む。
 この日は、大阪で泊まり。夜遅くなりそうなので、歩いていけるところに宿を確保しておいたのである。治安が悪い地域と言われることもあり、Kさんが少し心配していたが、駅から近い宿で、別に問題はなく、ゆっくり休めた。帰京は明日に。
posted by 林 秀一 at 23:16| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

朝の橿原神宮前駅、古城に住まうヨーロッパの貴族のような余裕で朝食を 〜歩きながら食パンを食べる、という少女漫画によくあるシーンの考察も入れながら

 朝は通常、橿原神宮前駅からの出勤。いつも構内をそそくさと歩きすぎる。朝は急いでいるので当然である。
 独身の頃、朝の通勤時、乗り換えの(東京地下鉄の)茅場町駅で、パンとコーヒー牛乳を朝食として採っていた。朝の効率的な時間の過ごし方として、しばらく続けていた。先輩が、朝、出勤してきて、私を見て、
「あれ、茅場町駅で、パン食べてただろう。俺、横目で見ながら、先に電車に乗ったはずなのに、なぜ、会社に先に着くことができた?」と驚いている。パンはいつも15秒くらいで、口に押し込んでいた。コーヒー牛乳を飲むのは10秒くらい。たぶん、先輩と同じ電車に乗っていたとは思うのだが、自分は降りる駅の出口を考慮して、電車の先頭近くの車両に乗ることにしていた。日比谷線は、8両編成。乗車位置の違いで、会社へ到着する時刻も結構違ってくるのであった。若い時分には、朝の1分は貴重なのである。
(高校時の通学の際は、一時、歩きながら食パンを食べる、という少女漫画によくあるシーンのようなことをしていたが、走りづらいし、こんな思いまでして食べなくていいや、と思ってやめたのである。もちろん、曲がり角で美人女子学生とぶつかって、なじり合うというようなシーンは、ついぞなかった。)
 自分も年齢を重ね、そこまでドタバタはしないが、とはいえ、朝にゆっくりしている余裕もない。ところが今日は、いつもの通勤電車に間一髪で乗り遅れそうな時刻であり、ホーム階段を駆け上るほどでもないので、12分あとの電車に乗ることにし、ゆっくり歩いていた。そうすると実にいい香りが。焼き立てパンの香である。横にパン屋さんが。ゆったり気分で、「♪ダバダー」と口ずさみながら、古城に住まうヨーロッパの貴族のような余裕で、*1 ゆっくりとパンを選んだのだった。
 焼き立てパンは、やはりおいしく、一日を幸先よく過ごすことができた。

*1 昔、そのようなコーヒーのCMがあったのである。
posted by 林 秀一 at 17:39| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

忘年会で久しぶりに

 今日は、有志の忘年会。フグ料理。
 関東に住んでいると、フグを食べる機会はあまりない。高級料理のイメージがあり接待需要が高い。
 夏の夜は関西で鱧(はも)を食す機会を得た。これも関西ではおなじみなのだが、関東ではほとんど食べることがない。今は流通機構が整備され、冷蔵技術も高まって、昔では地元以外では食べられなかったものでも気軽に口にできるようになったが、定着した食習慣は、なかなか変わらない面もある。*1*2
 関西では、フグ料理を大衆料金で提供するチェーン店もあって、広く愛好されているように感じる。
 皮湯引き、唐揚げと食し、てっちり。よく出汁がでている。ビールは、キリン一番搾り「奈良づくり」。一番搾りは各県バージョンが出ているので、飲み比べるのが楽しみでもある。
 定番の雑炊で締めて、満足げに帰ったのであった。
 
*1 例えば、さんまの刺身は、以前は北海道東部の釧路、根室以外で食べられる機会はあまりなかったが、今では全国の居酒屋のメニューに供されている。
*2 ただし、採集地から離れると(時間が経過すると)、味が変化してしまうことから、地元以外ではあまり食する機会がないものがある。例えば、生しらすは、遠隔地へ運ばれると苦みが加わることから、産地で名物として食されることが多い。
posted by 林 秀一 at 21:46| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

量の多い昼食には、夜のガリチューでさっぱりと

 今日のランチは、量の多いことで有名なY店のフライ盛り合わせ弁当。周囲から、一度、食べるよう勧められていたのである。今日は、おなかが空いていたので、予約して昼に買いだしに行った。
 ふたが閉まりきらず、中身が盛り上がっている。これを女性職員は2人で分け合って食べている。量は多かったが、無事食べ終えることができた。量は多いことは確かだが、たいしたことはないと、このときは思った。
 この日は、夜、東京から大阪に長期出張している旧友と飲み会の約束。終業後、すぐに近鉄で大阪へ。焼肉で有名な鶴橋で待ち合わせ。いざ、食べようと駅へ降りると、焼肉のにおいが(付近には、焼肉の店がいっぱい)。なんとこのにおいで、昼のフライが思い起こされ、おなかがいっぱいの心理状態になってしまったのである。同行者には悪いが、少しでも肉を食べると具合が悪くなりそう。鶴橋でこのようなことを言うのは悪いと思ったが、旧友にはさっぱりしたメニューオンリーの居酒屋でいいかと了解を取り、海鮮主体の店に行くことにした。
 ここには、関西発祥のガリチューがある。ガリチューは、しょうがの甘酢漬けを焼酎に入れ込んだもの。友人はこれが大好きで、私にも教えてくれた。東京では、ごく一部の店にあるだけ。さっぱりして今日の自分にピッタリ。これを何杯か飲んでようやく落ち着いた。
 帰りの電車では目をしっかりと開き、かつて帰路の特急で5駅乗り過ごしたという失態を繰り返さなかったのは、さすがなのであった。*1

*1 2016年5月22日 「御所市へ向かう道すがら」参照
posted by 林 秀一 at 23:56| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

K市の銭湯で温まる

 明日から今年最後の御所市勤務週間。
 夜、Kホテルにチェックイン。
 さすがに12月は寒く感じる。北海道出身とはいえ、体は東京生活に慣れてしまっているので。
 ホテルフロントでチェックインの手続きをしていると、キーと一緒にK市で使えるクーポンを手渡そうとしてくれる。使われる店が限られており、自分は4月以来一度も使っていなかったので、それを無駄にするのも悪いのでいつも
「あ、クーポンいりません。紙を無駄にしたくないので。これ、あまり使い出がないんですよねー」と率直に言うと、いつもは
「はい、そう言われる方も多いですね」とあっさりクーポンを引っ込めてくれる。
フロントには、クーポンが山積みされており、「もしお使いになるときがあれば、何枚でもご要望ください」とは言ってくれるのだが、市内を回遊して観光するのでなければ、使える場所が少ない。秋に宮崎市を訪れた時、ホテルでもらったクーポンは、飲食店やコンビニでも使えて便利だった。何週間かで配り終えたようで、新聞にも書かれていた。このクーポンのようにフロントに山積みされていたら、即日でなくなったろう。熊本県八代市のクーポンは、使える店はかなり限られていたが、繁華街の飲食店や大きな物産館でも使えてこれも便利だった。
 市が民間業者をキャンペーンに巻き込むのも労力がかかって大変なので、多くの店が参加できなくても仕方のない面もあるが。宮崎市は県庁所在地なので、リソースに少し余裕があったとは思う。
 ただ、今回のフロントさんは、耳よりなことを言う。
「すぐそばにある銭湯でもお使いになれますよ」
 実は、自分は銭湯に入るのが好きで、東京でも銭湯街歩きの会に参加しているくらいなのである。関西でも各所を巡っている。*1
「え、このクーポン、銭湯でも使える? もらいます」と言って受け取ったクーポンで、ホテル近くの銭湯へ。結構混んでいたし、若い人もいた。施設も新しく気持ちいい。
 フロントの方には、「もっと前に教えてくださいよー」と思ったのだった。説明書は、やはり隅々まで読むべきだ。このクーポンが8か月目で初めて使えて、めでたしめでたし。でも八代などのクーポンのようにもう少し各所で使えるようになったらいいな。
 
 *1 2016年5月28日「富田林経由 新大阪」等を参照。
posted by 林 秀一 at 19:33| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

スーパームーンの下、御所市の静寂を味わう(本当は、昨日だったが)〜竹取伝説にも思いを馳せ

 本日は火曜日であるが、今月の御所市勤務最終日。土日の休日のイベントを挟んだためにこうなったのである。
 今日も結構寒い。冬は空気が澄んできれいに見える気がする。実は、昨日が「スーパームーン」だったのである。一年のうちで最も大きく見える満月を最近こう呼んでいる(定義は諸説あるようだ)。今年見える満月のうちで最も大きなものだ。今までこのような呼び方は定着していなかったが、新たなネーミングが定着し、今まであった現象に新たな側面が与えられる。マーケティングの手法として、御所市、そして奈良県にも参考になる。
 月と言えば、竹取物語。昔話にはよくあることだが、縁の地は各地にあるようだ。自分は京都近郊の山のようなイメージを抱いていたが、奈良県内においても、広陵町、 高取町が舞台となっているのではないかと考えられている。竹取の翁は「讃岐の造(さぬきのみやつこ)」と呼ばれることから、大和国広瀬郡散吉(さぬき)郷(現奈良県北葛城郡広陵町三吉)が舞台とする説がある。竹取物語ゆかりの神社といわれる讃岐神社もあるらしい。また、高取山が、竹取の翁が住んでいた場所と読む説もある。昔、「竹取」を「タカトリ」と読んでいた時代があるとのことで、ロマンなのである。(ウィキペディア参照)竹取物語は、よくSF的な文脈で語られ、宇宙人として描いた映画もあった。しかし、さすがに奈良県。ただ古いだけではないのである。 
 今日は、飲み会もなかったので、このスーパームーン(的な月。本当は昨日なので。ただ、肉眼で見るには、まー同じようなものである・・・笑)を見ながら、スーパーへ買い出しに。おなかが空いているといろいろ買ってしまう。刺身にゴマ揚げ豆腐、サバ缶など。あとおにぎりとビール。まるで、単身赴任者みたいな買い物である(ホテルでの連泊も近いものがあるが)。帰ろうとするも刺身にしょうゆが付いていないことを発見し、小さなしょうゆ瓶を買う。帰ったところで、しょうゆがないと発見したら悲しかったろうな。再度出かける気力もない。
 ビールを飲みながら、スーパームーンを眺め、月見酒としたのである・・・こんなきれいな記述の締め方は初めてのような(笑)
posted by 林 秀一 at 22:47| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

御所市各所をご案内

 10時、和歌山県有田市地方創生推進監の向後さん来庁。和歌山県は、以前アイディアマンとして名高かったK元理事と打ち合わせに県庁へ何度か伺ったこともあるし、南部の太平洋側も訪れている。高野町で講演・ワークショップを実施したこともあり、なじみの県。ただ有田市は未訪問。
 軽く打ち合わせをしてから、市内をご案内。今日は雨で肌寒い。
 ランチは郵便名柄館内のTegami caféへ。ここには、郵便資料館も併設されており、見学自由。古い絵葉書や木製ポストなどが見られて楽しい。御所市に赴任した当初、訪れている。*1
 地元の吐田米(はんだまい)や野菜を使ったランチを食べる。
 晴れていれば、葛城の道をゆっくり散策するところなのだが。
 向後さんは、ランチを食べた後、夕方から地元で会議があるとのことで、あわただしく去って行かれた。
 今度は、自分が有田市への訪問を約す。おいしい魚などを食べたいものである。

*1 2016年4月18日 「御所市初体験の記」
posted by 林 秀一 at 20:28| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

三市(三重県亀山市・大阪府羽曳野市・御所市)交流事業開催

 日本書紀では、日本武尊(やまとたけるのみこと)は、能褒野(のぼの)(現在の三重県亀山市)で病に倒れ、葬られた後、その魂は、白鳥となって大和琴弾原(ことひきのはら)(御所市冨田)に舞い降りた後、さらに河内の旧市村 (ふるいちむら)(大阪府羽曳野市)に降り立ち、その後、天に昇られたと記述されている。それぞれの地に御陵があり、白鳥三陵と呼ばれている。*1
 「日本武尊白鳥伝説」ゆかりの三市(三重県亀山市・大阪府羽曳野市・御所市)交流事業を持ち回りで実施している。本年が御所での開催。御所市では、江戸時代から続く風格ある「むかし町」であるごせまち一帯で行われる霜月祭(そうげつさい)(主催は霜月祭実行委員会、後援は御所市、御所市商工会、御所市観光協会)の日に合わせて開催されている。
最初に郷土史家の中井陽一氏が「江戸時代の御所まち」をテーマに講演。その後、御所市ボランティアガイドの方の案内で霜月祭を観覧していただく。にぎやかな出店がいくつも。お菓子を買い、食べ歩き。霜月祭名物の山伏おねりも見ていただくことができた。町家ミュージアムも。
 その後、市内ホールにて、当方の講演「市民交流の推進のために〜相手の心へ届くメッセージの伝え方〜」。自分の講演は、ビジネスマン対象に行うほうが多いが、一般の方向けに実施することもある。学生対象の集中講義などは、ある程度体系的な話をする必要がある *2 が、一般の方を対象とするときは、面白さを最重点に意識する。興味を持った人が自分で積極的にテーマを深堀したくなるように、モチベーション向上を優先して考えるためである。
 次回の交流事業は、羽曳野市。式典の最後は、市民代表者の手により交流旗が引き継がれた。バスで、地元へ帰られる市民の方々をお見送り。
 
 *1 詳しくは、御所市ホームページを参照
 *2 2016年6月23日*1参照
posted by 林 秀一 at 19:22| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

大奈ミックコンサート

 葛城山にて御所市、河南町共催のイベントが行われた。ロープウエイで葛城山へ向かう。山上で「大奈ミックコンサート」*1 が行われるのである。
 ロープウエイは、非日常を感じさせてくれる乗り物で景色も良く楽しい。以前の記述で*2 旅行の途中で見かけたときに、急ぐ場合以外は必ず立ち寄るようにしている施設として、「遊覧船、ロープウエイ、鍾乳洞」をあげているほど好みなのである。
 両市町の中学校のブラスバンド部の演奏を楽しむ。会場からは、金剛山をきれいに眺めることができる。ゴセンちゃんも来てくれた。
 当方は、明日の講演会のリハーサルがあるので、途中で退出。時間があれば、「国民宿舎 葛城高原ロッジ」*3 で、昼食を取りたかったところ。とくに、「かも丼」。
 山から下りて、御所市文化ホール/アザレアホールで、明日の講演会のリハーサル。
1112-1.jpg

*1 大阪府と奈良県で「大奈」。ダイナミックコンサートと読む。
*2 9月17日の記述
*3 御所市に赴任する際、市内のホテル・旅館から通いたいと考え、「国民宿舎 葛城高原ロッジ」を宿舎の候補に挙げたのだが、周囲から無理と説得されて取りやめた経緯がある。毎日の通勤に使うのは、やはり体力的に無理であったな。葛城山上駅で下車して、15分ほど山道を自力で登らなければならない。しかも夜は真っ暗。熊はいないようなので、危険はないと思われる。だが、疲れているときは帰るのが嫌になるだろう(笑) 最終の運行時刻が退勤前なので、もともと無理ではあったのだが。
posted by 林 秀一 at 18:57| 日記 | 更新情報をチェックする