2017年09月08日

身近に感じた地域医療の問題〜病院もメディアになる?

 本日、体調がややすぐれない中を出勤。体温36.8度。平熱よりやや高い。
 実は、昨日38.4度まで熱が出て、休暇とさせていただいたのである。深夜から寒気がしたので、ホテルのフロントから毛布をお借りして寝たのであるが、早朝から高熱。水分補給のため、清涼飲料などを自販機から買って飲むが、食欲はないのでただ寝ているだけ。高熱なので、病院に行った方がいいとも思うが、しんどくて、服を着るのも面倒なのである。コンビニに食料を買いに行く気にもならず、夜までひたすら眠る。夜には、少しおなかが空いてきたので、コンビニでお弁当。ホテルにはレストランがあるので、そこで夕食もとれるのだが、じっとしている状態も疲れるので、ホテルの部屋で食べる方が楽なのである。夜には、かなり熱が下がっていた。「夜まで何も食べなかったんですか! 言ってくだされば、買い出しに行きましたのに」と同僚が言ってくれる。ありがたい。ただ、「今風邪をひいて寝ているから、ホテルまで弁当届けてくれないか」と頼むのは、さすがにずうずうしくて、できるものではない。
 
 平熱に近づいてきたので、出勤してきたのだが、右足がかなり腫れて痛い。同僚に見せると「どうしたんですか! 真っ赤に腫れてますよ。どこかでぶつけましたか?」「いや、記憶にないんだよ」「そんなことありますかね。お酒飲んでたんですか」酔った状態で、痛みを感じないことはあるのかもしれないが、これほど腫れてくるほどの衝撃を感じないということがあるだろうか。昼過ぎに「病院に行った方がいいですよ」と言われていたので、夜から診療をしている病院に行くことに。同僚に付き添ってもらい、心強い。
 対応していただいたのは、ご年配の先生。
「地元の方?」
「いえ、東京から来ています。ホテルに泊まっています」
「この辺、田舎でびっくりしたでしょう」
「いえ、そんなことないですよ。いいところです」
「ここの最寄りの駅なんて、1時間に1本しか列車が来ないんだよ」
などという雑談がいくつか。地元の方からの会話は、地域を卑下した会話から始まるケースが多い。これは、日本人的な特性でもあり、どの地方でも見られる。
 先生の診療までは少し待ち時間がある。テレビが付いているので、何気なくそれを見ていた。患者にとっての待ち時間は、足しあげていけば膨大な数値になる。皆、それなりに暇つぶしの術を持っていると思うが、この時間をプロモーションの時間に使えないものだろうか。市周辺、さらには県南部東部地区の行事案内などを地域が連携して編集し、このような場で流せば、注目率は高いはず。地域の病院は、そのような場に最適である。病院をメディアにするということである。

先生が前かがみになって、足を見てくださる。
「ああ、ずいぶん腫れているね。どこかで、けがをした?」
「いえ、まったく記憶がないんです」
「お酒を飲んでたんですか?」
「はい」
「足をかいたんじゃない?」
「それは、ありえますね」
「そのあと、大浴場に入った?」
「温泉浴場なので、これに入ってゆったりした気分で、寝るのが好きなんです」
「大浴場は、たくさんの人が使うので、雑菌が残ってますから。傷口から入ったんでしょうね」
 なかなか説得力がある。さすが先生。でも、今までここの温泉には何度も入っている。体をかくことなんて、今までも普通にあったと思うが。

 東京には、救急病院は、たくさんある。でも病院数が少なく、医師の数が足りていない地方がたくさんある。個人病院で後継者がいないため、事業をたたまなければならない場合も多い。先日、銭湯の廃業のことを書いたが、病院は命にも関わる。自分が病気になって、初めて、この問題が身近なものとして感じられてくる。切実な問題。
posted by 林 秀一 at 22:40| 地域の課題 | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

鴨都波神社のススキ提灯献灯行事を描いたオリジナルフレーム切手が発売中

 現在、奈良県内の郵便局(簡易郵便局は除く)で、オリジナルフレーム切手「国文祭 障文祭 なら2017」が販売されている。
 1シートが82円切手×10枚の構成となっており、そのうちの1枚が御所市内・鴨都波神社のススキ提灯献灯行事を描いたもの。この行事は、五穀豊穣、家内安全、無病息災を願う夏祭りで、県の無形民俗文化財に指定されている。
 どの切手も色鮮やか。裏がシールになっており、ワンタッチで貼ることができる。
 自分は小学生のときに切手を集めていた。当時は、地方独自の切手の発行などはなかった。郵便局には、全国同一デザインの切手しかない。しかし、諸外国では、地域独自の切手を競うように発行する例もあり、お土産品としても重宝され、うらやましく思っていた。遠くの地方から来た封書に、その地域独自の切手が貼られているとうれしいものである。自分は、出張先から、はがきを出す際に風景印を押してもらうことがあるが、切手もその地方ならではのものであれば、一層喜ばれるように思う。
 発行枚数に限りがあるので、興味を持たれた方はお早めのご購入を。
posted by 林 秀一 at 22:00| 御所市 | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

銭湯が果たしていた役割

 午前中、かつて銭湯として営業していた宝湯(御国通り3丁目)を見学する。御所市で長く営業を続けられていた新産湯温泉が廃業となり、現在、市内には民営の銭湯はない。市民の交流スペースとして、また自宅にお風呂がないなどの理由で、困っている方々のために、力になれないだろうかと考える市民有志が、廃業後もとりこわされてはいない旧「宝湯」の現状を見学するために、今日集まったのである。
IMG_7696.JPG
 宝湯は9年ほど前に廃業されたため、施設は朽ちているものと思ったが、内部は意外にきれいに保たれている。高い天井に木製のプロペラ扇風機が気持ちよさそう。。数多くあるロッカーが往時の繁栄をしのばせる。M氏が「僕は、いつもロッカーの30番と34番を使っていた。なつかしい」とテンションを上げていた。
 白樺の樹木が描かれたタイル絵は上品な感じ。湯舟は磨けば、すぐにでもまた使えそうに見える。男風呂の方がややきれいに残っている印象。電気風呂もあったようだ。浴槽の鏡に入った広告は、新地商店街などの店名が記されている。今はどの店も閉店している。番台の近くで「10円玉が落ちていた」と叫んだ方がいたのを見て、「1000円札が残ってないかな」と番台付近をチェックしていた人がいたが、そんなにうまい話はないのであった。
 銭湯はかつて、市民の交流の場であり、またメディアとしての役割も果たしていた。*1 なくなって困っている方々も多い。このような場は、現代でも必要だと感じている。引き続き考えていきたい。


*1 2017年6月7日「歴史ある銭湯の閉店」 、6月8日「御所市内最後の民営銭湯の廃業を受けて〜銭湯はメディアだった」参照
IMG_7733.JPGIMG_7724.JPG
posted by 林 秀一 at 17:21| 銭湯 | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

「林特別参与の講話シリーズ」第2回の講演メモ作成中

 講話は明日。今回のテーマは、「地域ブランディングの進め方」。90年代以来、ブランドに関する注目度は高まってきたが、当然ながら成功例ばかりではない。それを阻む組織的な理由、属人的な理由がある。セクショナリズムに関わる点もあるし、掘っていけば言霊信仰につながっていく側面もある。
 関係者の行動に統一性を持たせられるようなわかりやすいコンセプトが必須。それは行動に発展性を持たせることもできる。
 自分の仮説も含めた提示になるが、対象が一般の方であるので、わかりやすく、おもしろいエピソードを含めて語りたいと思っている。
posted by 林 秀一 at 17:30| 御所市 | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

屋外最大級の下賀茂納涼古本市で3時間半

 昨日まで御所市勤務で、今日は帰京日である。予定であれば、新幹線で京都から夜に帰京することになるが、内閣府からの地方創生派遣人材同期のMさんが滋賀県湖南市に赴任されており、連絡が取れれば湖南市を訪問する予定。その場合、帰京日を1日遅らせることにする。
 月遅れのお盆の時期であり、今日は山の日で休みなので、世間はのんびりしている。この時期に恒例の下賀茂納涼古本市に行くことにする。屋外で開催される古本市*1 としては、国内最大級。帰路の新幹線で読む本をここで調達するつもり。
 この古本市は、猛暑の時期に行われるので、水分補給など、暑さ対策が必須。ただ、今日は、晴れてはいるものの太陽が雲に隠れている時間が多く、蒸し暑さは感じるものの比較的過ごしやすい気候で、本当に助かった。以前テレビの司会をされていた島田紳助さんがよく「京都の夏は、世界一暑い」と強調していたからなー。そんなときに3時間以上、立ちっぱなしはつらい。
 購入した本は、3時間半で、硬軟取り混ぜ5冊。帰路の車内で退屈することはないであろう。
 Mさんと連絡が取れて、明日は湖南市の観光視察に充てることにし、今日は帰京せずに宿泊。
 
 *1 自分は、古本市へ行くのが好きである。東京でも以前は、お盆の時期と年末に、百貨店の特設会場でよく開催されているものだった。特設会場一面を広く使う場合が多く、丁寧に見ていると4,5時間かかる。休日の昼前から出かけ、5時間ほどして本を10冊程度買い、帰宅したすることが以前は多かった。その頃、家内の一行日記をちらりと見ると、自分のことを「夜、へとへとになって帰ってきた。古本市に行ってきたらしい」と冷静な筆致で描いていた(30代の頃)。
 今は、百貨店開催の古本市が激減している。デパートの催事は、その場での売り上げ数字の確保と同時に、そこを訪れた人が下の階の売り場で買い物をしてくれることを期待している(シャワー効果)。しかし、古本市の客層の主体は、60代以上の高齢男性の割合が多く、あまり売り上げに結びつかなかったのではないか。百貨店の経済環境もどんどん厳しくなる中、見直しの対象となってしまった。
posted by 林 秀一 at 15:45| 読書 | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

ランチも業務であるYさんとの食事

 大阪からメーカーのYさんが地域特産物に関する打ち合わせのために来庁。あらかじめメモにしてあったこちらサイドのイメージを伝える。
 打ち合わせ終了後、遅めのランチへお誘いする。市内のお好み焼きやさん。今日は、スタミナをつけるためにホルモンをトッピングしたものにする。Yさんは仕事柄、各地ではいろいろなものを食べるようにしていると語っていた。うらやましい気もするが、それを義務的に感じてしまうとしんどいだろうな。このプロジェクトでは、ユニークなプランを考えたいものだ。
 夕方、Xテレビさんと電話で情報交換。
 明日からは3連休なので、少し早めに退勤。
posted by 林 秀一 at 19:17| 御所市 | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

大浴場に友人同士の小学生

 今日、少し早めに退勤したので、ホテル1階の地元特産品コーナーを覗くことができた(遅い時間だと閉店しているのである)県内日本酒の試飲もした。御所市も含め、奈良県内には銘酒が多い。
 大浴場に行くと、小学生が2人泳いでいたが、入っていくとあわてて湯船から出てきた。親子連れはたまに浴場で一緒になるが、小学生の友人同士は珍しい。自分は最初にサウナへ。小学生2人が入ってきたので、話しかけてみた。あるスポーツの全国大会があり、団体で泊まっているようだ。なぜ2人だけなのか聞くと、コーチがホテルの周囲を散歩するというので、2人だけついていったとのこと。他の子たちは、もっと早めに入浴を済ませ、食事も終えているらしい。
 自分も小学6年生の時に友人2人*1 と共に、夏休みに列車を使った泊りがけの旅行をして、ユースホステルに泊まったことがある。親元を離れた開放感から、夜遅く(と言っても22時くらいだが)3人で館内を探検していて、早く寝るよう注意された記憶がある。大浴場で泳いでいるというのも、開放感からであろうし、小学生らしくほほえましい(いけないことではあるのだが)1回戦で他県のチームに負けたとのことであるが、全国規模の大会で経験を積むことは、今後の大きな糧となるはず。
 ホテルの部屋でお酒を飲む前に、風呂に入ってよかった。小学生の頃は、酔った大人に嫌悪感を抱いてしまうことがあるからな(もちろん酔いの程度の差も関係するが)


*1 この友人2人は、2017年4月8日(「小学校時代の同級生」)の記述に登場する。
posted by 林 秀一 at 23:38| 奈良県 | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

こんなに混んでいるとは〜大阪で打ち合わせの後、天神祭の会場へ

 昨日は、新幹線で新大阪へ。また最終便。天王寺のホテル入りが深夜1時前。飲食街も近くにあるが、こう遅いとさすがにつらいので、ホテルでは寝るだけ(新幹線の中で、夕食は済ませているが)
 夕方、市の特産物のプロジェクトに関して、大阪の企業で打ち合わせ。
 帰り際に「浴衣を着ている女性がたくさんいて、電車が混んでいましたよ。夜、お祭りですか?」と聞くと、「今日は天神祭です。花火もあるので、これからもっと混みますよ」とのこと。有名な天神祭が今日の午後に開催か、これは行くしかないと思い、JR桜ノ宮駅から、川沿いを歩こうかと思い、18時過ぎに駅を降りてみてびっくり。人が密集していて、ほとんど進めない状態。桜の時期の吉野駅も混んではいたが、ゆっくりと進むことはできた。*1 でも今日は、隣の人との間にスペースがなく、ほとんど密着している状態。以前、東京・浅草で花火を見物したときの混雑もすごかったが、甲乙つけがたいくらい。蒸し暑い状態の中を押されながら、ゆっくりゆっくり歩くしかなかった。こんな混む場に来るべきではなかった、と何度も後悔の念が湧く。橋の上は、眺めがよさそうだが、人が何重にもなっており、入る隙間はなさそう。橋を降り、人がまばらな場所を見つけ、船渡御や花火を見物したのだった。木の枝が邪魔して花火を見物するには、ベストな場所ではないが、仕方がない。お祭りをよく見るためには、何時間か前に行くしかないのだろう。ただ、川沿いは、そよ風も吹くので、暑いながらも気持ちはよかった。 
 帰りには、タコ焼きがメインの居酒屋があったので、そこで夕食を済ませたのだった(ビールも何杯か)

*1 2017年04月15日「吉野の桜はさすがに見事。でも大変疲れた1日」参照
posted by 林 秀一 at 23:48| 御所市 | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

林特別参与の講話シリーズ第1回「魅力的な地域とは」

 今日の講演は14時からであるので、午前中はゆっくりできる。
 ホテルは、11時チェックアウトなので、普段とは違って、万事にわたってゆっくり準備をしていたら、あっという間にその時間になってしまった。早起きしたのだから、平日と同じタイミングで行動して、すぐに役所へ出勤すればよかったな。かけっぱなしのテレビ番組をちらちら見ていたので、講演の準備はほとんどできなかったのである。
 駅で昼食用のパンを買い、役所へ。パンをかじりながら、講演メモの整理。
 14時少し前に講演会場へ。一般向けの講演は他の地域でも実施したことがあるが、聴講生に高校生が2人いる経験は、たぶん初めて。
 ところどころマーケティングの用語も使うのだが、英語のつづりを書くこともあるので、辞書で再確認。高校生が誤って覚えて、入試で間違えることになってしまっては責任重大であるし(考えすぎかな)
 90分の講演、最後は少し駆け足になる。
 夜は講演に来ていただいたYさんと居酒屋で会食。奈良県の野菜などをつまみに。結構飲んだ。ホテルへ帰る電車内でカバンを忘れてしまい、終点の駅まで取りに行く破目になってしまった。明日が休みだから、まあいいか(ただ、繰り返すことは避けたいが)。
posted by 林 秀一 at 23:10| 御所市 | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

「林特別参与の講話シリーズ」の準備をさりげなく

 林特別参与の講話シリーズというやや壮大なタイトルが付された講演の第1回「魅力的な地域とは」が市内アザレアホールにて、明日15日の14時から開催される。今日中に、その準備をしなければならない。
 宿泊しているRホテルは、温泉大浴場があり、のんびりできていいが、いつものように部屋に到着後、すぐにお風呂に入るとくつろいでしまうし、眠くなる可能性もあるので、まず明日の準備を最優先。実はストイックな環境の方が作業効率は著しく上がる。一流作家のように豪華シティホテルの一室ではなく、企業の研修施設のようなところのほうが作業には、身が入る気がする。*1 
 午後10時前には一応まとめることができたので、お風呂に入り、缶ビールを飲む。すぐに眠くなり、そのままベッドへ。


*1 2016年6月23日、「広報レクチャーのことなど(注記の方が長い一日)」*1参照
posted by 林 秀一 at 22:40| 御所市 | 更新情報をチェックする