2016年11月11日

大和高田市で映画

 本日は早目に退勤し、お隣の大和高田市で上映される映画を見に行った。通勤には使っていないJR御所駅から高田駅へ。JR御所駅には売店がなくさびしいが、駅舎には風格がある。乗り過ごすと1時間ほど後続電車がないので、少し早目に行って待つ。
 塩崎祥平監督の映画「茜色の約束〜サンバDo金魚〜」が大和高田市本郷町の大和高田さざんかホールで上映された。(「第15回高田夢まちシアター」主催:大和高田市「茜色の約束」上映実行委員会(夢咲塾・市立図書館・地域婦人会連絡協議会))
 塩崎監督(大和郡山市出身)は、葛城地域を舞台にした映画「かぞくわり」(仮題)の製作に現在取り組まれている。
 映画においては、大和郡山の風景が印象的。遠くに近鉄電車が小さく走っていくシーンはタイミングもすばらしい(意図したシーンではないらしいが)。監督は地元に知悉しているので、シーンの当てはめに地元の情景が生かされている。俳優陣もいい。
 大都市ではシネコンがはやりで、いろんな作品を同時に上映しているから効率的に見られるのはありがたいが、*1 地方では映画館がどんどん撤退している。大和高田のさざんかホールで、大きなスクリーンで鑑賞できたことは良かったけれど、やはり常設の小屋で見たい。映画が見たいと思ったときに、見に行ける環境は地方にない。
 中高生やシニア層など広範囲に活動しにくい層は、映画館で見るという行動はレアなものとなっている。自治体で、公共施設でよい映画を見せる活動をしているところは応援したい。無難な文芸映画*2 が選定されることが多いのだが、各方面にヒアリングして、純粋におもしろいものを選んでもいいと思う。

 塩崎監督は「この土地に*3 埋もれている宝物を皆さんと一緒に磨き、まちの発展に貢献できたら」と発言。(『毎日新聞』奈良版11月12日)
 通常、このようなイベントの場合、司会がいるケースが多いのだが、塩崎監督は進行も自分で務めていた。
 終了後の懇親会で、お話しした。映画監督は、神経質だったり、芸術家肌で気難しかったりする方も多いと言われるが気さくな方で安心。

 御所市も舞台になっている映画『天使のいる図書館』が2017年2月11日から奈良県で先行公開される(2月18日以降全国順次公開)。葛城地域観光協議会「葛城地域観光振興シネマプロジェクト」の企画により製作される映画。葛城地域の風景がどう描かれているか、ぜひ皆さんも見てください。*4
 
 本日の催しをご紹介いただいた毎日新聞の藤原さんに感謝!


*1 東京での勤務時は、早目に退勤できる日はシネコンに行き、2本見て、終電近い電車で帰ることをたまにする。
*2 大学で、刑法の教授が「ドストエフスキーの『罪と罰』は、最高におもしろい。そのスリリングさは、推理小説にも負けない。」と絶賛するので、分厚い旺文社文庫で読んでみたが、当時の自分にとっては、あまりにも退屈で、最初の数ページでいやになってしまった。しかし、下巻まで一挙に買ってしまっており、また、「自分は『罪と罰』を読んだ」と言いたいだけのために、ほとんどうんざりしながら、あと何ページと自己を励ましながら読破した経験がある。映画は、原作の中の興味深い個所に視点を当てることが多いから、少しは見やすいだろうが。いとこで『罪と罰』は面白いというのもいたので、楽しめる人もいることは間違いない(そうでなければ、世界的なロングセラーになりえていない)
*3 大和高田
*4 ちなみに、今日乗車したJR御所駅でもロケが行われている。
posted by 林 秀一 at 22:24| 日記 | 更新情報をチェックする

久しぶりの外出ランチ

 午前中、T社のプレゼンテーション。お二人が東京から来庁。今まで自分も多くのプレゼンを実施してきたが、説明を受ける方の席に座ることはあまりなかった。
 お二方とランチを食べるために外出。役所ではデリバリーの弁当を食べることが多い。東京では、外に出て食べることが多いが、こちらでは飲食店の数が少ないし、行列になっていたりすると、昼食休憩の時間などすぐ終わってしまうから。ランチを外で食べるのは、気分転換にもなっていいのだが。
 駅へ行く途中の店で、カレーうどん。寒い時には温まってよい。やや辛口で自分好み。
posted by 林 秀一 at 12:55| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

居酒屋Nでの飲み会

 今日は、東京のT社Hさんと居酒屋Nで飲み会。Hさんは、明日市役所でプレゼンしてくれるのである。
 居酒屋Nは気に入って結構使っている。御所の酒も置いてあるし、料理のバラエティも豊富。大和地鶏もメニューにある。行きつけの居酒屋があるというのは、その土地に慣れてきたということでもあるな。Hさんと東京以外で飲むのは初めて。ホテルが近いので、気楽である。
 ホテルに戻って、入浴して、気絶するようにベッドへ。
posted by 林 秀一 at 23:25| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

寒い日にさらに体を冷やす行動を取る

 御所市勤務今月初日。朝は、結構肌寒い。さすがに奈良盆地である。
 コーヒーを飲んで温まろうと思い、自販機で購入しようとボタンを押すが、つい「冷たい」という方を弾みで押してしまう。寒いのに冷たいコーヒーを飲んで、一層体が冷える。少し悲しい。
 今日は、髪を切ろうと思い、高田市駅で途中下車。理髪店に電話をするが、「今閉店しました」と言われてしまう。すぐホテルへ戻ろうかと思うが、駅前にたこ焼き屋がある。珍しいみそ味たこ焼きと共に生ビールも飲んだのだった。さらに冷えてしまったが(生ビールを飲んだので、当たり前である)
posted by 林 秀一 at 20:42| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

京都人へついしてしまうリップサービス

 明日から御所市勤務。乗り換えの京都でいったん下車し、知恩院のライトアップを見に行く。さすがにひんやりした空気である。自分は、北海道出身なので寒さには強いだろうと思われているが、東京に長く住んでいると体がそちらに慣れてしまうので、寒いと思うことも実はある。もちろん北海道とは比較にもならないが。帯広では、零下20度を下回る日がたまにある。そんな日が続くと、マイナス15度で、「今日は暖かい」という会話が交わされるのである。同じ日本とは思えないくらいの気温差。
 今でもそうだと思うが、学生は薄着をだんぜん粋だと思っているので、股引をはくと馬鹿にされたし、小学生時代の長袖アンダーシャツが中学になると半袖、ランニングと進化(?)し、着ない人もいた。気温が20度違う帯広と東京で、着るものが同じというアナーキーさ。耳かけもしないで、両手で耳を覆いながら通学したものだ。親が厚着をさせようとしても子供は無視する。子供は格好悪いと(自分で思う)ことは、絶対しようとしない。熱帯の香港でも少々暖かろうが、冬にはコートを着るのも、またファッションへの執念なんだろう。
 京都の方から、「京都の冬は、寒いでしょう」と(どうだまいったかと)少々得意顔で言われるときは、あえて否定せず、「いやー、北海道出身の自分でも寒くてびっくりしました」と、ついリップサービスで言ってしまう。「別に」と言うと、がっかりするだろうし。
 知恩院は、夜の開門前には行列になっていてびっくり。帰りには、古本屋をはしご。京都のBOOK OFFは在庫が充実していて何冊か買う。ホテル生活で暇になったときに、読む本がないのは苦しいから。
posted by 林 秀一 at 20:31| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

東京近郊の方は、「神々の降る里 御所市」@奈良まほろば館にご注目

 現在、東京・日本橋の奈良まほろば館 *1 で、「神々の降る里 御所市」と題して、11月8日(火)までパネル展・物産販売を実施している。御所市には高天原伝説もあり、飛鳥時代以前からの悠久の歴史を誇る。
 まず、店頭にあった柿を確保。平核無柿(ひらたねなしがき)。その名の通り種がない。偏平で角ばっている。色は橙色。ごろんとした実の重いものを買物かごへ。休日のおやつ用として、井上天極堂・吉野本葛(古稀)使用の葛もちも。御所市は葛の産地でもある。水のおいしさから評価の高い、御所で採れたヒノヒカリも買いたかったが、売り切れのようだった。関東では知名度が低いのだが、西日本ではコシヒカリをしのぐ人気となっている。近年、北国のお米に注目が集まる傾向があるが、御所のヒノヒカリはぜひ一度味わっていただきたいお米。
 東京の銀座・日本橋界隈は、全国都道府県のアンテナショップが並んでいる。奈良まほろば館のすぐそばには、島根や新潟のアンテナショップがある。買い比べをしてみるのも楽しい。
 奈良まほろば館「神々の降る里 御所市」は、8日まで。東京近郊の方は、週末にぜひ。

*1 所在地:〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1丁目6−2 日本橋室町162ビル
電話:03-3516-3931
営業時間:10時30分〜19時00分(休館:12月31日〜1月3日)
1104-1.jpg 1104-2.jpg
posted by 林 秀一 at 17:48| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

昨日の衆議院議員会館で思い出したことなど

 政党の広報作業においては、公費で選挙広告を出稿できる。公職選挙法では、立候補の機会均等や候補者間の選挙運動の機会均等を図る手段として選挙公営制度が設けられている。
 選挙費用の公費負担制度により、選挙に関する新聞広告が選挙管理委員会から新聞社に費用が支払われるのである。新聞社には、選挙管理委員会が発行するクーポンを提出する。
 このクーポンは、どのようなものか周囲の誰に聞いてもわからず、前から興味を持っていた。このことに関して、書かれた文書なども見当たらなかった。あまり多くの人がかかわるものではないからであろう。極秘事項でもないと思われるので、書いてみる。*1
 証券証書のようにカラー印刷され、公印が押されたものを想像していた。新聞媒体担当のSに聞いても「自分もわかりません。一度見てみたいですね」と言う。
「明日、選挙管理委員会で、衆院選のための選挙広告のクーポンが配られるんだけど」
「いよいよですね」
「営業担当の自分が委員会に受け取りに行くんだけど」
「はい」
「同行して、そのクーポンを社に持ち帰ってくれないか。自分は、その場で別な打ち合わせがあるので」(ゴクリ)*2 
 その場で別な打ち合わせと言うのは嘘で、高額のクーポンをすぐに他の担当に手渡したかったのである。できるだけ平静を装って言うが、少し緊張感が出てしまい、新聞媒体担当のSも気づいたようで、急に「あ、その時間は、抜けられない会議がありました」と言い出す。
「え、そのスケジュール、今思い出しただろ。そりゃないって」と彼の発言の真偽を確かめようとするが、自分の言い出した打ち合わせも嘘だからなー。押しが弱くなる。結局、一人で受け取りに行くことになってしまった。
 
 選挙管理委員会で当社の名が呼ばれ、クーポンの入った封筒が手渡される。封筒を開けてみると、クーポンが入っている。予想に反してペラペラのわら半紙。公印の部分のみ、赤色で目立っている。証券証書のようなものと思っていたのに、このようなものとは、と驚く。簡単にカラーコピーできてしまう。*3
 もちろん、見かけがちゃちだからと言って、おろそかにはできない(当然)。ただ、聞くところによると、ある広告会社では、デスク上に何気なくクーポンを置いておいたところ、何枚かが下に落ち、気づいた後であわてて拾ったのだが、何度数えなおしても1枚足りなかったという。選挙管理委員会が再発行を認めてくれるのかどうかもわからないし、その後、どのようにして、この事態が収拾されたのか不明である。考えたくもない恐ろしい事態である。一見、ただのわら半紙なので、飛ばされやすくもあり、この話が嘘とも言い切れない。 
 社へ戻る電車でも本などは読まず、クーポンを入れた封筒を必死で抱える。見かけが単なるわら半紙なので(そうとしか言いようがないのである)、これを車内に忘れた場合、いったん拾った人が重要性を認識できず、ポイ捨てする最悪の事態も考えられないではない。
 帰社して、新聞局内担当部署の若い社員にクーポンを封筒ごと手渡す。その際には、
「一見、大したことのないわら半紙だが(何度も言うが)、最高○千万の金額価値を持つクーポンだから。選挙担当者のデスク上には置くな、必ず手渡せよ」と何度も念を押し、渡したのだった。くどく言いすぎたせいか、渡した後、振り返ってみたらその担当者は、クーポン入りの封筒を抱えながら、固まっていた。新聞局の担当部署では、これを金庫で保管するらしい。
 
 プレゼンテーションとはまた違った意味での緊張感を味わった1日であった。
 もう一つ、講演などでは、話せるネタもあるのだが、またの機会に。

*1 選挙はドラマでもあり、他にもいろいろなエピソードはあるのだが、やはり書きにくいことも多いのである。
*2 緊張でつばを飲み込む音(苦笑)
*3 当然のことながら、配布枚数は役所で管理しているので、過剰な請求は不可能である。念のため。
posted by 林 秀一 at 19:30| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

『広報御所』2017年正月号 市長対談企画、乞うご期待

 今日は、東京。市長以下、関係者は衆院議員会館に集合。以前、政党の広報作業を担当していたので、なつかしい。近くの某政党本部の食堂で、よくカレーを食べたものだった。
 『広報御所』2017年正月号の市長対談企画として、初代地方創生担当大臣の石破茂衆議院議員にご登場いただくのである。自治体広報誌の対談記事と言えば、固くて面白くないものと思われがちであるが、少しでも興味深いものとしたい。
 当方は司会役を仰せつかっているので、準備はしてきたが、石破議員の経験されてきた地方行政への見識、市長が目指される政策の中身などをうまく引き出せるかどうか。正月号としてのポジティブな側面、明るさも出す必要がある。読んで面白くもしたいので、議員が好まれる話題、地元御所市に関係した映画や鉄道関係の話題も盛り込みたい。すべての実現は、いささか難題と思いながらもいよいよ本番に。
 石破先生の部屋には、プラモデルがたくさん。少し見入ってしまう。巨大な戦艦のプラモを指して「これ、先生が作られたんですか?」と聞くと、「ふっ、まさか」と言われてしまう。
 歴史のあるJR御所駅は、石破先生もご存じだった。JR御所駅は、図書館の新人司書と地域の人々の交流を描く映画「天使のいる図書館」*1の舞台ともなっており、映画のロケの模様を撮った写真も見ていただく。吉野口駅の駅弁・柿の葉寿司(製造:株式会社柳屋)もおなじみのよう。鉄道関連の知識の深さもさすがなのであった。
 同行のMさんに、タイムキーパー役をお願いし、約束の40分間を気にしながら進行。一応、石破先生と市長の来年の抱負を双方語っていただき、締めることができた。あとは、書き起こしを担当する編集部に期待したいところである(と少し責任転嫁)
 『広報御所』は、御所市ホームページからも見ることができるので、ぜひ皆様も見てください。2017年1月号は、12月28日(水)にアップ予定。
 

*1 制作:映画「天使のいる図書館」製作委員会。2017年2月11日奈良県先行公開。2月18日全国順次公開。市内では他に、葛城一言主神社、郵便名柄館、新地商店街でも撮影が行われている。
posted by 林 秀一 at 19:33| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

再び1日間の勤務

 朝、京都のホテルから近鉄特急で橿原神宮前。乗り換えて、近鉄御所。
 再び、御所市役所勤務の日。しかし明日、またも逆出張*1 なのである。できれば、金曜に逆出張としたかったのだが、スケジュールの設定でこうなってしまった。当初の予定では、金曜再度の御所市役所勤務なのだが、翌日が土曜日で休みとなることから、翌月に御所市勤務日を多くすることとする。1日おきの東京への出張は手間ではあるが、以前、東京の勤務先の同僚で、関西・東京の往復を1日2.5回(2往復半)したという人がいたから、その大変さを考えれば、まだまだなのである。各方面のご努力により、新幹線のぞみ乗車で、約2時間20分にまで時間が短縮されているのであるから(とはいえ、往復2回半は、さすがに飽きるだろうなー)
 午後、まちづくりの会議。
 夜、軽い飲み会。明日の朝のために軽めに。

*1 8月25日の記述を参照。
posted by 林 秀一 at 22:33| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

逆出張の帰途に実感する京都のブランド力 〜「肩書がいつの間にか、市長になってますよ」の巻

 本日午後は、東京・霞が関の内閣府で、地方創生人材支援制度によって各地に派遣されている方々が一堂に会する研修会。いわゆる逆出張*1 である。懇親会はあるのだが、宿泊すると翌朝の出勤が間に合わないのでとんぼ返りである。ただ、民間派遣の方には単身赴任の方もおり、泊まりの人もいるようだ。
 1人5分の現状報告会は、時間をオーバーする方が多く、ラスト登壇の自分は内容を削らざるをえなかった。深刻な状況にある地域もあるのは確かだが、ポジティブに取り組んでいる方が多い。また、その地域を愛し、さらに楽しもうとしている。自分としても見習いたい点がたくさん。
 途中、グループ討議になるのだが、同じ班に肩書が市長になっている方がいた。しかも、派遣地域名が当初と違っている。「あれ? 市長になられたんですか」「はい、そうなんです」「前回(半年くらい前の報告会)、言ってくださいよー」「いや、出ることは決めていたんですが、選挙前だったので」御健闘を祈ります、新市長。実は御所市にも近く、実はこの滞在記にも出てくる市なのである・・・
 また、鹿児島県長島町の井上副町長にもお会いした。副町長は、「長島大陸。〜井上貴至の地域づくりは楽しい」というブログを精力的に書かれている。読んで刺激になるし、楽しい。一つの大きな目標としている。
 夜は、半蔵門のホテルモントレ半蔵門で懇親会。地方のお酒も並んでいる。地方創生を御担当されている山本大臣、松本副大臣、務台政務官の地元のお酒もあり、賞味させていただいた。こう書くと、いつもの通り(?)酔いだしての失敗談を期待される方もいるかもしれないが、最終の新幹線には乗って京都へ入るので、あまり酔うことはできないのである。地方の産物をうまく並べた事務局のセンスに感心。

 最終ののぞみ出発までに、無事東京駅へ。少しお酒も買って乗るが、充分飲んでいたこともあり、電車内では飲まず。23時ごろ京都駅。今日は、遅くなった場合、橿原のホテルに泊まれない可能性が高かったので、京都のホテルを予約してある。以前、深夜に京都駅に着いて、少しでも先まで行った方が翌日の出勤に楽だと思って、JR奈良駅近くのホテルに泊まったのだが、京都駅近くのホテルに泊まって、翌日の近鉄特急に乗った方が効率的であることが最近わかったのである。
 京都駅から徒歩20分以内のホテルなので、途中でお酒を買いながらぶらぶら歩く。京都駅のすぐそばでありながら繁華街と反対方向なので、とても静かな環境で少し驚く。夜は涼しく、今が一番いい季節なのではないか。歩いていて気持ちがいい。遠くから、かすかに風鈴のような音。さすが京都の情緒と思いながら歩いていたが、どこまでもその音が追いかけてくる。あれ? と思い、コンビニで買ったビニール袋を見ると、ウォッカの瓶2本が歩くたびにぶつかっていたのであった。すべてを京都の情緒に結び付けようと考えさせる京都のブランド力恐るべし。

*1 8月25日の記述を参照。
posted by 林 秀一 at 23:56| 日記 | 更新情報をチェックする