2016年10月17日

日本人は、お米の味がわかるという仮説について

 今月の御所市勤務初日。
 農林課と吐田米(はんだまい)のおいしさを広めていけないかと考えている。
 御所市は水質がよく、そのおかげで米のおいしさに定評がある。市内の吐田郷地区で栽培される米を吐田米(はんだまい)と呼んでいる。品種はヒノヒカリなど。
 当方は、各地の農協さんなどに招かれて、講演やワークショップなどを実施しているが、どこもプロモーションには苦労している。アンケートを実施すると、お米の味にはこだわっているというご家庭が多い。消費量が減少しつつあるとはいえ、主食であり、おいしいお米を食べ続けたいという希望は、多くの方がもたれているようだ。
 人の行動は、必ずしも真実ではなく、パーセプション(認識)によって左右される。*1 先日も某テレビ局で取り上げられていたが、同じマグロの刺身を片方をトロと称して試食させると、そちらの方をおいしいと言ってしまう。有名人が推奨するものには人気が集まる。
 最近、ある団体が行った米の試食アンケートで、九州地区の米の評価が最も高かったという新聞記事があり、話題になった。
 一般的に、米は北国産がおいしいと認識される傾向にあると思われる。宮城ササニシキ、新潟コシヒカリ人気が長く続き、あきたこまち、山形はえぬきも売れている。一昔前までは味覚面で評価が低かった北海道米が、最近はゆめぴりか、ななつぼしなどを筆頭に急速に人気が出てきている。品種改良や栽培技術の向上が寄与したためである。これらの地域のお米は報道で話題になることも多く、消費者もおいしいだろうと推測して、買い求める。
 必ずしもそれ以外の地域のお米が劣ったものばかりではない。ただ、話題になることも少なく、知る人ぞ知るというだけの存在になってしまう。主食のお米の味にこだわりたいと思っていても、食べ比べてお米を買っている人はほとんどいない。買い置きのお米が少なくなると同じものを注文する。ブランドスイッチ(違う品種のお米に変更する)することはまれな行為であり、お米にはこだわりたいという意志は、実際の消費行動にほとんど反映されていないのである。1回あたりのお米の代金は、大きな金額と感じられなくとも、長い期間で見ると使う金額はかなりの額にのぼる。
 試食などの機会を作り、地域で評価の高い吐田米(はんだまい)のおいしさをわかってもらう機会を増やしていきたい。
    
*1 浜名湖地域は、うなぎ料理で有名であり、訪れた観光客の多くが食している。しかし、地元産のウナギは少なくなりつつあり、鹿児島、宮崎産のウナギが多く使われるようになっている。浜名湖=うなぎという認識が強固であり、地域の店舗で九州産であることを明記する店も増えつつあるが、浜名湖の地元名物という地位は揺らいでいない。鹿児島、宮崎の業者の多くもブランド力があり高く売ることができる浜名湖への供給を続けている。
posted by 林 秀一 at 19:40| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

餃子のサイズのお好みは?

 朝は、福岡市のホテルでゆっくり起床。明日から御所市滞在のため、今日中に奈良県入りする必要がある。ただし夜までに行けばいいので、気は楽。
 街をぶらぶら歩き、繁華街で早めのランチどころを探す。本屋カフェを見かける。コーヒーを飲みながら、ゆっくり本を選ぶことができる。置いてある本のセンスもユニークで、一般の新刊書店と違った棚ぞろえ。ランチはホットドッグとコーヒーで軽めに。遅い時間まで飲み会をしていたので、それほど食欲はないのであった。
 市役所前のイベント会場を覗くと、本日も焼酎フェアを実施中。ただ、お昼直後で人は少ない。
 午後早めに福岡空港から大阪伊丹空港へ。離陸する直前に、せっかくの福岡滞在なのだからランチはとんこつラーメンと博多特有の一口餃子にすればよかったかとちらりと思う(もう遅いのだが)。博多では、小ぶりな餃子の人気店も多く自分の好みでもある。大きなサイズの餃子を売りにする店もあるが、自分は小さなサイズのほうがいいな。餃子のおいしさのポイントは、皮にあると思っているので。ただ、餃子のあんのボリュームを重視する人もいるので、好き好きではあるが。
 夕方、大阪の天王寺に着き、軽くビールを飲みながら食事。さすがに日曜の天王寺は活気がある。その後、奈良県橿原市へと移動。
posted by 林 秀一 at 22:22| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

外で飲む快適さ

 今週末は、用事があり、再度の九州滞在。
 熊本県は昔、仕事で2年間通ったことがあり、主な観光地は一通り巡っており、見る風景が懐かしい。

 前夜の宿泊は熊本市。バスセンターから玉名温泉へ行こうとするが、わずかの差で乗り遅れる。玉名方面行きのバスは停留所が複数あり、わかりにくい。しょうがないので熊本駅から玉名駅へ行き、そこからバスで。
 久しぶりの熊本県玉名市。玉名温泉に入った後、玉名ラーメン。玉名ラーメンは、とんこつラーメンの源流と言われており、マニアには有名。
 温泉から玉名方面へ行くバスに乗り、運転手さんに行くつもりのラーメン店の停留所を訪ねると、「あ、そこは、あまりおいしくありません。観光客は多いんですけど、地元の客はあまり行きません。」ずいぶん率直に言う。いささか驚くが、部外者としては参考になる。たとえば、観光協会はここまで踏み込んで言えないだろう。「どの店もお勧めです」と言う言い方は無難だが、少し物足りない。「個人的には、この店が好きです」と言ってくれる人もいるが。
 一番熱心に勧めてくれた店は駅から遠く行きにくいので、その次にお勧めと言う店に。九州へ何度も行き、最初は少し苦手だった濃いとんこつラーメンも好きになった。ここはまさにそれ。

 夜は福岡市で飲み会。17時前ごろ、天神で今夜宿泊するホテルへ向かって歩いていると、松山千春の歌が聞こえる。そちらの方へ行ってみると「九州・沖縄焼酎サミット2016」が福岡市役所前の広場で開かれていた。100種類を超える九州・沖縄の焼酎や泡盛を味わえるとのことで、ふらふらとそちらへ。立ち席もあるが、重い荷物を持って歩いていたので、イス席へ。最初に2400円分以上のチケットを買う必要がある。試しに1杯だけ飲むということはできないシステムで、チケット売り場で怒っているご婦人がいた。1人だと使い切れない人がいるかもしれない。
 自分は、よく寝酒代わりに飲む熊本県人吉の白岳をロックで何杯か。つまみと共に。宮崎の茜霧島も飲んだ。暗くなる前から飲むのは気持ちいい(このセリフ、今までも書いた気がするな)。BGMに昭和歌謡が流れており、心地いい。自分たち以上の世代では誰でも知っている曲なので、少し酔った感じの60代くらいの男性が舞台前のスペースで踊っていた。ところどころ生演奏が入るが、年齢層が高いので反応はいまいちで、合間にかかる昭和歌謡のほうが盛り上がっている。主催者は、客層をもう少し若くとらえていたのかもしれない。
 外で飲むシチュエーションは、とても快適。自分は昔の札幌在住時代、夏に開催される大通ビアガーデンに良く行った。飲みながら徐々に涼しくなっていく外気が気持ちよかった。デパートの屋上のビアガーデンは、面白いイベントで工夫しているところもあるが、風情に欠けるところが多い。
 そのあと、いったんホテルへ入り、旧友のFさん、その友人のMさんと飲み会。Mさんは、翌日韓国滞在とのこと。翌日韓国というのがいかにも福岡という感じ。
posted by 林 秀一 at 22:40| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

今月勤務最終日

 広報正月号企画の構想メモ作り。早めに東京の事務所へお渡ししなければならない。
 午後、まちづくり会議。
 終業後は、プロジェクト終了の打ち上げ。本日は参加人数も多く、若手職員の比重も高い。
 今月の御所市勤務は、本日まで。最終日が金曜日だと精神的にも楽なのであるが、今日は水曜日。
 橿原のホテルに宿泊。つまみを近くのコンビニで買うが、入浴を済ませると急に眠くなり、そのまま寝る。つまみは、明日午前の新幹線で食することにしよう。明日からは東京勤務。
posted by 林 秀一 at 22:40| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

講演会「効果的なプレスリリースの書き方」〜夜は、カラオケ界の「虎の穴」へ

 午後に職員向け講演会。「効果的なプレスリリースの書き方」。自分の今までの経験に即して、実践的な内容にする。

 夜は、御所ガールの送別会。御所ガールは、実に精力的に活動してくれたと思う。本当に感謝。
 会合の場所は、市長のセッティング。地元の肉を贅沢に分厚く焼いて食する。このような場で食べていると、肉にしても野菜にしても御所の食材は恵まれていると感じる。これを広めていかなければ、と改めて思う。日本酒も結構飲んだな。

 2次会はカラオケスナック。前回とは違う店で。ここも全国順位が表示される。カラオケ採点全国1位という自慢でハードルを上げてしまっているので、少し不安を抱えながら入店。以前も書いたが、自分はそれほどレパートリーがあるわけではない。先発隊として早めに着いたので、新しい曲に挑戦するかと思い、歌を練習していたところ、市長始め、第2陣が到着。自分の歌が聞こえたのか、市長が「え、これで全国1位?」とつぶやいているのが聞こえる。「まあ、これは練習ですから」と言い、宴は始まったのであるが、このチェーンのカラオケレベルの高さに驚くことになる。
 順位を見ると、平均レベルにも達しないのである。母数が少ない曲(28人とか)では、最下位を逃れるのに必死。ここは、歌いだしのところから(途中経過として)順位が表示されるのであるが、今までの歌い手を追いかける形で、低い順位から出発する傾向にあり、なかなか平均値にも達しない。途中経過で順位が上がると、やはり素人なので喜んでしまい、歌がおろそかになるのだが、そうなると伸びがたちどころに止まってしまう。歌がうまいといわれていた市長は、こんな状況でもさすがの1位をたたき出していた(歌った曲の母数が1人だったので、当然ではあるが・・・)
 ここのカラオケは、高得点のトップ3まで、ニックネームと点数が画面に小数点以下まで表示される(96.785とか)ので、歌好きの人たちが集う、まさにカラオケ界の「虎の穴」*1 のようなところなのであろう。素人がうかつに手を出すと、自信喪失すること請け合いで、危険と痛感したことである。 

*1 後にアニメ化もされた漫画「タイガーマスク」で描かれた悪役レスラー養成機関。命がけの訓練を耐え抜いた選手だけがデビューを許される。ヨーロッパのアルプス山中にあると思われる施設を脱走すると、どこまでも追いかけられ命を狙われる。イギリスにこのネーミングの原型となった「蛇の穴」というレスラー養成施設が実際にあり驚いたことがあるが、「虎の穴」とはまったく違う施設のようである(当たり前だが)
posted by 林 秀一 at 23:21| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

今日は、おとなしくホテル飲み

 先週から御所に滞在しているのだが、金曜日が逆出張(東京滞在)だったため、昨日改めて橿原入り。
 11月に予定している広報御所正月号対談企画のテーマ出し。司会をするので、ある程度中身を詰めておかなければならないので。
 その後、明日の講演会のためのメモ作り。
 雑談で、例によって、カラオケの1位を自慢していると、M氏が「市長も歌うまいですよ」と言う。
 「え、ホントですか」
 「はい、市長になられる前の民間時代に、NHKのど自慢に出たことありますから」
 「えっ、そりゃすごい」
 「あ、予選会ですけどね」
 「予選会? 誰でも出られるんじゃないの」
 「いや、『のど自慢』! ですよ。ウケ狙いの人はごく一部で、予選会もレベル高いです。自分も出ましたから」
 明日は、市長にセッティングしていただいた会合で、しかも2次会がカラオケスナックなのである。全国1位を強調して、ハードルを高くすると危険だ。でもすでに市長にも自慢しちゃったからなー。底が浅いとばれてしまう。
 2日間飲み会が続くので、本日は立ち寄りなくホテルへ。大浴場で入浴の後、ビールをぐび飲みして寝る。
posted by 林 秀一 at 21:10| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

京橋から有楽町、日本橋

 今日は、逆出張(東京滞在)の日。東京、京橋で待ち合わせ。来年の御所市内と大阪のイベント準備、打ち合わせ。
 この辺はランチのおいしいところが多く、以前はよく来たものだ。
 蕎麦屋で飲めるところがあり、たまに来る。蕎麦屋で飲むのは、江戸の文化の香り。ただ、蕎麦屋でちまちま飲んで何が楽しいのか、と思われる方もいると思われる。自分もそうだったから。つまみになるものがあるのかとも思われそう。
 板わさとか出汁巻き玉子などで飲み進める。通は「ぬき」で酒を飲んだりする。種物*1から蕎麦を抜いたもの。以前はてんぷらそばから「そば」を抜いた、いわゆる「天ぬき」のことを指す言葉だったようだ。蕎麦は、締めで改めて食べる。しかし、若い職員を連れてこのような場へ行くと、「もっと食べ応えのあるつまみはないの? 唐揚げとか」と思われるであろう。蕎麦屋の飲みは大人という感じ。

 京橋から有楽町へ。
 相田みつを美術館へ行く。平日でも人が多い。観光客も多い印象。
 解散後、日本橋で「連載40周年&コミックス200巻記念 こち亀展」へ。直前に作者から連載終了が発表されており、大変な人出であった。
 金曜日のため、いったん都内自宅へ帰宅。26日御所市滞在のため、25日夕方には橿原入りする予定。

*1 関東で、かけそば・かけうどんに、てんぷら・卵・油揚げなどの具をのせたもの。(『デジタル大辞泉』)
posted by 林 秀一 at 20:32| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

御所パワフルサミットに参加

 本日は祝日で、少しゆっくり出勤したかったのだが、昨日橿原のホテルへ帰りつけず、奈良市内に宿泊したので、起床の時間はいつもとほとんど同じ。JR奈良駅に近いホテルであったので、JR御所へ行くルートを探索したが、列車が少なく途中で近鉄駅へ乗り換え、いつものように近鉄御所駅へ。市長にお迎えいただく。
 御所で農業に取り組んでいる方たちを対象にした集い「御所パワフルサミット」会場へ。自己紹介や近況を話し合いながらなごやかに。ポジティブな姿勢の方が多い。
 その後、バーベキュー。食べ進むと、肉と野菜が次々と投入される。ただ、若い方が少なくて、争って食べるという雰囲気ではないので、皆がほぼ食べ終わっても食材は、まだかなりあったようだ。
 都会でも農業に取り組みたいという希望を持つ方が増えてきている気がする。若い方も少なくない。進取的な姿勢の方々を、御所市の応援団として取り込みたいものだ。
0922-1.jpg 0922-2.jpg
posted by 林 秀一 at 15:47| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

望外の全国1位

 今日の夜は役所の方々と懇親。カラオケがある店で。ここは、歌い終わった後、全国順位が表示される。点数が出るカラオケに行ったことはあったが、このような形式は初めて。
 自分は、そんなにレパートリーが広い方ではないし、新しい歌もあまり知らない。*1  順位が出るのだったら、よく歌う歌で試してみるかと思い、世代的になじみのある中村雅俊にした。淡々と歌い終わり、画面を見ると、偏差値という項目が表示され、86と出る。お、ずいぶん高い。さらに表示を見ると、2,850人と母数が出て、1位の表示が。最初の歌で1位が出るとは! 全国1位が出ると、店の壁に張り出されるのである。こうなると、さすがに機嫌がよくなり、結構自分もいけてるではないかと、調子に乗り、2曲目を歌う。内心期待をして画面を見ると2,000人中83位。かなり下がったな。3曲目を歌うと65位。やはり、素人は無心に歌わなければだめなのだな。うまく歌えていても、途中でしめしめと意識しすぎると動揺してしまう。
 同行したO氏がよく聞いたことがない歌を歌っていた。しかし、この曲をかなり歌いこんでいる印象。順位を見ると、母数が15人と出て1位。O氏も機嫌が良くなり、「お互い1位同士ですね」とにこやかに同意を求めてくる。「母数が2,850人と、15人と、大きく違うとはいえ、1位同士ですね」と母数の数値を少し強調したのは、心が狭かったな。「たとえ、母数が少なくても1位は1位で、その価値には少しの違いしかありませんよ」と祝福したほうがよかったかな(あまり変わらないか)
 もう1回、1位を狙って、中村雅俊の別の歌でチャレンジすると、偏差値83と出て、1,800人中3位。いいところまでいったけれど。これが今日の限界。*2,3
 

*1 今のカラオケボックスしか知らないヤング層は想像できないであろうが、昔は、スナック等で、見知らぬ人の前で歌う形式が普通だったのである。そうなると恥はかきたくないので守りの姿勢になる。自分の得意な曲を見つけてヘビーローテ。歌が下手でも怒られることはないが、愛想で拍手をもらうのも申し訳ない気持ちになる。演歌は乱れにくいように思えたので、学生時代から20代前半までよく歌った。「氷雨」とか「すきま風」とか「夢芝居」など。ただ、歌っても破たんはしないのだが、当時の20代の同僚にはあまり受けがよくなく、歌い終わってもシーンとすることが少なくない。それに明らかにモテ歌ではない。そのときに、中村雅俊や福山雅治など少しレパートリーを広げたのであった。
 
*2 翌日、ランキング1位をさりげなく市長に自慢すると、「全国1位? そんなに簡単に出ますかね?」と疑念を抱いているようだった。どこかで昨日の証拠写真をお見せするか。(全国1位受賞者は、店に名前が張り出されるのである。5人中1位、という人も張り出されていたから、O氏の1位も張り出されるはず。)

*3 全国1位に関しては、自分も確信が持てなかったので、周囲の知人に自慢はしながらも、この店によく行くM氏に、「1位は本当に全国1位? 県内もしくは市内、場合によっては店内1位だったりして。今度、店に行ったときに確認してみてくださいよ」と聞いて、全国ランキングと言うことを確認。というのは、Y氏に自慢すると、「え、ランキング1位? どれだけ客が少ない店なんですか」と店内1位だと思いこまれたのである。店内1位くらいで、自慢なんかしないよ! と内心思ったのであった。
posted by 林 秀一 at 23:32| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月21日 ミニスピーチを実施

 市議会議員先生を対象にミニスピーチと合同懇談会。個別にお話しすることはあったが、このような形式は初めて。多くのご意見や質問を受け賜る。自分の市との接点は限られているので、大変参考になる。

 本日のランチは、蕎麦付き幕の内。今までいろいろな仕出し屋さんの弁当を試してきたが、自分はこれが一番好み。最近、さっぱりしているものが多くなっている。やはり、だんだんそうなってくるのだな。天丼やかつ丼は好きなのだが、胸焼けすることがあるし。横に座るM氏は、今日も中華丼。「いつも中華丼?」と言うと否定していたが、自分が滞在しているときはほとんどこれを食べている気がする。ランチを他人と一緒に食べると、毎日食べるものを変える人と、ほとんどいつも同じものを食べる人に二分される。心理テストをしてみると、それぞれに傾向があるのかも。
posted by 林 秀一 at 12:50| 日記 | 更新情報をチェックする